FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

ZWO 電動フォーカサー試運転 NGC6888 クレセント星雲

タカsi

タカsi

まだ8月終わりだというのに、秋雨前線が活発になってきているようで、新月期の天気が悪そうです。。
とにかく直近2カ月間で、すっきり晴れた夜は少なかったですね。9月に期待したいところです。
さて、表題の通り、電動フォーカサーなるものを初めて使ってみました。
「電動フォーカサー欲しいなぁ」と思う瞬間、
①長焦点鏡でピントノブを手で回したときにブレてしまう時
②ナローバンド撮影で、フィルター毎にピント位置が違う時
③冬場の撮影でピント調節の為に外に出たくない時

特に、ニュートン反射でのピント合わせはPCモニターを無理な体勢で覗きながら、プルプル震える手でフォーカスノブをそっと微調整するという、苦行の様でした(笑)

今回取り付けたのは使用頻度の高いBKP200でした。新製品のZWOの電動フォーカサーは、標準セットでBKPシリーズに対応しているようです。
早速取り付けて試写を行いたかったのですが、なかなかチャンスがありませんでした。
昨夜はとっても微妙な天気予報でしたが、フォーカサーのテストくらいは出来そうだったので、久しぶりにBKP200を屋上にセットしました。
APTのPlateSolving機能とオートフォーカス機能のテストを行うべく、クレセント星雲にGoToします。

2019/8/27 NGC6888 クレセント星雲 AOO合成
光害指数 : 兵庫県西宮市 自宅 SQM18.39 標高13m 
架台:EQ6R APTにてディザリングガイド
ガイド:ASI 120MM-mini +120mm F4 PHD2ガイド
撮影鏡筒:BKP200 エクステンダーPH FL1120mm F5.6
撮影カメラ:ASI 183MM PRO(冷却-10℃)
フィルター:バーダー Ha , O3
Ha gain300 300s x 12枚 , O3 gain300 300s x 22枚
LED Flat x各50枚  Dark x12枚 FlatDark x30枚
ステライメージ8にてコンポジット PSCCにて強調処理

NGC6888 クレセント星雲

画像はというと、、クリック拡大してはいけないレベルです(^^;
2か月前に、自宅でクレセント星雲をC11の直焦点という無謀な撮影をやりましたが、画角としてはこれくらいの余裕があったほうがいいかもしれませんね。
空のコンディションは2等星がやっと見えるか見えないか、そして夜半過ぎから月が出てきます。
Haを1時間撮影したのちに、S/Nが稼げないO3を2時間撮影したところで曇ってしまいました。
暗い空で撮り直しですね^^

スクリーンショット 2019-08-27
HaとO3の合成作業画面ですが、183MMの強烈なアンプノイズがダーク引いても残ってしまっています。ダークファイルが合ってないのかなぁ。特にgainが高い場合は注意が必要です。

IMG_7501.png
撮影中のプレビュー画面の右側にも強烈なアンプノイズが出ています。この出方は1600MMの比じゃないですね(-_-;)

IMG_7504.png
フォーカサーの操作は、APTのパネルのボタンで操作します。
フォーカス位置のプリセットは3つまで登録でき、バックラッシュ設定は255ステップまで任意に設定できます。今回のBKP200のバックラッシュ設定は230ステップと、随分多いです。
APTの電動フィルターの事前設定で、フィルター毎のオフセットを入力しておけば、フィルターチェンジの際に自動的にピントをずらしてくれるのがありがたいです。
それと、まだ試せてないですが、気温がn℃変化すると、自動的にnステップ焦点を移動させることもできるようですね。

IMG_7470.jpgIMG_7471.jpg
フォーカサーの取り付けは、片方の純正デュアルフォーカサーノブを外して取り付けます。

IMG_7473.jpg
やはり、少々の加工は必要でした。テンション調節のネジを絶妙に調整しないと、バックラッシュが安定しません。。ここ要注意ですね。

IMG_7474.jpgIMG_7476.jpg
鏡筒に取り付けて、カメラ等をぶら下げて動作テストします。
フォーカサーの取り付け部分、よく見ると少し右回転してますね。。
また、フォーカサーのテンションが弱すぎるとスリップするし、強すぎるとバックラッシュが大きすぎて(255ステップを超えてしまう)使い物になりません。

IMG_7503.jpg
エクステンダーPHを装着すると、鏡筒とカメラが結構離れてしまいます。これだけ繰り出して、ようやくピントが出ました。

あと、APTでやってみたかったオートフォーカス機能はいまいち上手くいかず、APTのバーティノフエイドの使い勝手も悪くて、結局SharpCapを起ち上げてピント合わせを行う等、なかなか使いこなすまでには時間がかかりそうです。
今回は自動子午線反転機能は上手く機能しませんでしたが、手動で子午線反転した後のPlateSolvingが問題なく使用できたのが収穫でした。
また、ZWOの電動フォーカサーはASIAIRにも対応しているので、いつかの機会でそちらでも動作確認してみようと思います。

と、まあ、いろいろやることがあって、あと3夜くらい調整に必要です(^^;

<ちょいやり直しVer.>

20190826 自宅 NGC6888 BKP200 EXPH 183MM AOO3
関連記事

Comments 17

There are no comments yet.
マルさん  

電動フォーカサー入手おめでとうございます。
APTでコントロールできるんですね!! 
しかもプリセットとバックスラッシュを登録できるとなれば、しっかりチューニングできればフィルターチェンジごとのピント合わせがワンクリックでできてしまいますね(@_@)
自分の場合、タカハシのε-130Dのフォーカサー(ラックピニオン)とセレストロンEdge HD800用のJMI Motofocus(いずれもマニュアルリモートコントローラー)を所有していますが、行ったり来たりの無限地獄に陥ることが多くて結局のところあまり使っていません(^^;

2019/08/28 (Wed) 07:11 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To マルさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。
そうなんです。不慣れなAPTですが、出来ることが結構多くて逆に大変です(笑)
プリセットはAPT側で、バックラッシュはASCOM側で登録と、これまたややこしい^^;
設定を追い込んでやると、フィルターチェンジとピント調整込みのナローバンド自動撮影ができてしまいそうです^^
タカハシ用(MEF3)のオプションステーが3000円程度だったので、将来的にεにも搭載するかもしれません。
セレストロンは純正オプションの電動フォーカサーがASCOM対応で評判良さそうですね。
今後は望遠鏡も、どんどん電動化が進みそうな気がします^^;

2019/08/28 (Wed) 09:43 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、こんにちは。
相変わらず活動的で素晴らしいですね!
電動フォーカサー導入おめでとうございます。
反射系はピントを出す時結構キツイ体制になるので、効果は大ですね!羨ましい(^ν^)
ダイナミックなクレセント星雲ですね!
光害地での撮影ですが中々美しい画像ですね!
流石です(^ν^)

2019/08/28 (Wed) 10:05 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
電動フォーカサー、とうとう入れてしまいました(笑)
そうなんです。あのキツイ体勢でのピント合わせは苦行です^^;
クセレント星雲は高度が高いので、そこそこ写ってくれたのですが、やはり暗い空で撮影したいですね^^
来週末に期待でしょうか。

2019/08/28 (Wed) 14:54 | EDIT | REPLY |   
OOKEN  
フォーカサーおめでとうございます

電動フォーカサー配備おめでとうございます。なかなか大変そうですね、たかSiさんは苦労点を書いて下さるので、とても参考になります。
クレセント、禁止と言われると逆に見たくなり拡大して見てしまいました。。ミルクポットのような綺麗なブルーのヴェールがとても綺麗です。いつか、本気モードのぼちぼち系でリベンジされる事を楽しみにしています。

2019/08/29 (Thu) 01:54 | EDIT | REPLY |   
Lambda  

おはようございます!
電動フォーカサー、電動化→PC制御の潮流を感じます。
ZWOのコレ、私もちょっと気になってます ^^;
ステッピングモーターなのですね。

ところでBKP200のフォーカサーをあまり知らなくて興味で伺ってしまうのですが、
電動フォーカサーを固定している3本のネジは、もともとは全てテンション調整用なのでしょうか?
それともテンション調整用は真ん中だけ??

ちょっと不思議な位置にネジ穴が付いている気がしてました。
クレイフォードの滑りとテンションの調整は、ちょっと考えどころだなあ、と思ってる昨今です。

2019/08/29 (Thu) 08:24 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To OOKENさん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
電動フォーカサーの取り付けは少しの加工が必要でしたが、一応?対応機種だったので大きな問題はありませんでした(^^;
電動フォーカサーの感想を一言でいうと、、初めて経験する電動ブラシのよう、、ちがうか、。
次回こそは、インチキヴェール⁈ではなく本物のヴェールを暗い空でゲットしたいです^^

2019/08/29 (Thu) 09:07 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To Lambdaさん

おはようございます。
毎度コメントありがとうございます。
あのASIAIRとも完全連動する電動フォーカサーとして、従来の半値近い価格でリリースされているというのがポイントでした。
モーターは恐らくステッピングモーターかと思われます^^;
BKP200の接眼部についてですが、フォーカサーの取り付けネジの真ん中はフリクション調整ネジになっていまして、両側の固定ネジで大まかなテンションを出しておいて、最終的な調整を行う機構になっているようです。
当初は真ん中のネジ無しで試運転していたのですが、カメラ等を取り付けて何往復かしている間に滑りが発生してきました。
フリクション調整も曖昧なもので、気温や装備品の重量によって「滑らない程度に潤滑に」調整する必要があり、実際の運用が心配です(^^;

2019/08/29 (Thu) 09:17 | EDIT | REPLY |   
Lambda  
To タカsiさん

ご返信&BKP200フォーカサーの件ご教示ありがとうございます。

なるほど、三本ともテンション調整用なのですね。
だとすると、固定のための締め付けと、テンション調整の両立が難しいケースもありそうです。
拙案ですが、ボルトと金具の間にナットを挟むというのもアリかなと思いました。固定はナットに任せ、それとは独立にテンションを調整できます。
(ウチのは取り付け穴が一個しかなくてテンション調整兼用なので、それしか道がありませんでした
https://m-lambda.blogspot.com/2019/05/blog-post_19.html )

電動フォーカサーを減速装置に取り付けるのも面白そうだなー、とも妄想してしまいましたが、減速装置のバックラッシュがどうにもならないかもしれないな、ということに気づきました。

2019/08/29 (Thu) 12:39 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To Lambdaさん

フォーカサーの取り付け部分ですが、正確には両側がフォーカサーの取り付けネジであり、中央がテンション調整ネジという役割のようです。
もともとは、両側の固定はイモネジでしたので、固定力は大したことなかったように思います。
ナットを挟む案、いいかもしれませんね。テンション調整が煩雑でなければいいのですが、。少し不安が残ります。
電動フォーカサーのバックラッシュは結構大きく、接手(カプコン)の柔さが助長しているように思います。
動きに再現性のある、微妙な調整が完了することが望ましいです^^

2019/08/29 (Thu) 17:10 | EDIT | REPLY |   
Lambda  

なるほど。詳しくご教示いただきまして、ありがとうございます。
それぞれのネジ穴に役割分担が出来ているようでしたら、ご指摘のようにナットは調整をしづらくさせてしまうだけですね。

モーター側が持っているバックラッシュと、カップリングの撓みは、たしかに厄介ですね。

2019/08/29 (Thu) 18:19 | EDIT | REPLY |   
こたろう  

こんちは。
BKPの場合は内側がクレイフォードの押し付け圧の調整用で上側にもベアリングユニットを押し付けるための調整ネジが左右に二箇所ありますね。周囲の固定ネジとは独立しているので、固定ネジにステーを固定して、テンションネジ位置に穴を貫通させれば、ステーを外す事なく調整が可能な筈ですよ(๑╹ω╹๑ )

2019/08/30 (Fri) 16:01 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To こたろうさん

こんばんは!
毎度ありがとうございます。
こたろうさんの説明を基に接眼部を観察してみたのですが、明らかにビスの配列が違うようです(;^_^A
どうやら、当方のBKP200のLPFバージョンは接眼部の構造が違うようですが、おっしゃるようにステーは固定ネジに留めておいて、テンションネジで調整するというのが正解ぽいです。
そうか、なるほど!OTA接眼部だったら、加工の必要が無かったのかもしれません。なんかビス位置が合わないと思ってたんですよね~(-_-;)

2019/08/30 (Fri) 19:04 | EDIT | REPLY |   
たっくん  

こんにちは。
大迫力のクレセント星雲ですね。空の状態が良くない中でここまで撮影できるとは、素晴らしい技術です。
電動フォーカサーの購入おめでとうございます。
このフォーカサーは気温の変化に対応して調整してくれるのですか?そんな機能もあるんですね。
あとはパーチノフマスクのパッカーンシステムを導入すれば完全遠隔操作で撮影をすることが出来ますね。

2019/09/01 (Sun) 11:03 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To たっくんさん

こんにちは。
NEW鏡筒楽しみですね!
クレセント星雲ですが、ゴリゴリやった結果がこれでして、元画はやはり写りが非常に乏しいです。。
この新月期に!と、意気込んでいたのですが、なかなか思うようにいきませんね~。
電動フォーカサーですが、オプションの温度センサーを付けると、例えば気温が2℃変化するとPC画面に警告を出してくれる機能があります。
APT以外だと自動でピントを合わせ直してくれる機能もあるかもしれませんが、よく分かりません。
撮影途中でピントを合わせ直すというのは、凄く面倒なのであまりやりませんが、急激に冷え込む夜には対策は必須ですよね。
憧れのパッカーンシステム、まだ私にはハードルが高いです(笑)
バーティノフの替わりというか、星像の大きさでピント位置を判断するFWHMで遠隔操作もできるようです。
この辺りはいろいろ検証が必要なので、秋ごろにはぼちぼち実践投入出来たらいいなと思っています^^

2019/09/01 (Sun) 13:51 | EDIT | REPLY |   
たか坊  
No title

迫力のあるクレセントですね。
精力的に撮影されていて、うらやましい限りです。
リンクさせていただきました。

2019/09/01 (Sun) 14:46 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To たか坊さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。(今気づきました(;^_^A)
たか坊さんのRGBフラット装置のその後が気になります!!
εであれが実用的になるとかな~り助かります。
フラットの色合わせが難解で、最近はもっぱらモノクロセンサー派になりつつあります^^

2019/09/07 (Sat) 17:06 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^