FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

光害地から銀河を狙う⁈ M81

タカsi

タカsi

今週末は全国的に天気が悪いようで、不要不急の外出も控えたほうが良さそうなので、自宅でこそこそ工作したり画像処理したりして過ごしています。
タイトルの通り、自宅から銀河を撮影する試みを昨年から何度かやっていますが、淡い腕や周りに広がる分子雲等、ラッキーイメージング手法をマスターするとそこそこいけるのでは?と密かに期待しています。
先週金曜の夜、久しぶりにスッキリ晴れそうな予報だったので、機材のテストを兼ねてM81を撮ってみることにしました。

2020/3/6  M81
光害指数 : 兵庫県西宮市 自宅 SQM18.39 標高13m 
架台:EQ6R APTにて撮影
ガイド:QHY5Ⅲ174M セレストロンオフアキ PHD2
撮影鏡筒:C11 x0.72RD FL2000mm F7.2
撮影カメラ:ASI 1600MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:ZWO LRGBフィルター
露出:L gain139 120s x 30  ,R x 15  ,G x 15 ,B x 15
 (総露光時間 150分)
LED Flat x50  Dark x15 Bias x100
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PSCCにて強調処理

M81 C11 1600MM1 gain139 120s LRGB

春の銀河祭りのトップバッターとも言うべきM81、そこそこ大きくて明るいので、光害地から狙うには好対象のはずです。
元画像には銀河のコアしか写っていないように見えますが、30枚コンポジットするとある程度見えてきます。
銀河の腕を出そうとあの手この手でやってみましたが、背景に埋もれた淡い部分は出てきそうにありません。
昨年末に遠征で撮影したM81/M82のクロップ画像と比べても、雲泥の差ですね。
20191228 大芦高原 M81 M82 μ250 EOS6DN iso3200 300s c32 DG
あらためて感じましたが、遠征地の空の暗さの威力は絶大です。

L画像が月明かりの中でS/Nが上がらないのは承知の上ですが、露光時間を大幅に増やしてやると結果は違ってくるのでしょうか。。
それとも、短時間露光x多枚数のラッキーイメージング手法なら、総露光時間が同じでも結果が違ってくるのでしょうか。数千枚もの画像をいつものSI8でスタックするのは現実的ではないような気がするのですが、近いうちにチャレンジしてみようと思います。

今回機材のテストをしたかったのが2つ。
①ST4ガイドケーブルを使用しない、ASCOM経由のパルスガイドのテスト
②前回の遠征で困った、オフアキのガイド星がバナナ状になる件の解消

①については、ステラショットの説明書に記載があったので興味があったのですが、実際に遠征地でテストや検証に時間を費やすのが勿体なかったので、ずっと後回しにしていました。
最近の撮像ソフトはAPTとPHD2の組み合わせがほとんどで、架台・カメラ・ガイダーは全てASCOM経由で接続しています。
PHD2の説明書には、「WindowsでASCOMを使っているなら、ST4ガイドケーブルを捨ててパルスガイドにした方がいいよ」みたいな内容だったので、今回はガイドケーブルを接続しないでPHD2の設定をASCOM(POTH HUB)に変更してみました。
結果、何の問題もなく正常に稼働しているように思います。特に冬場はガイドケーブルの断線や接触不良でガイドエラーが起こりやすいと聞いているので、ガイドケーブルレスになるのは有難いです。
また、鏡筒の向きの情報をASCOMから得ているので、鏡筒反転してもキャリブレーションをやり直す必要がなくなるのは助かります。
もう少しテストを重ねてから、実践に使っていきたいと思います。

②について、前回の遠征でほんとマイリマシタ。。
ガイド星が細長くて、バナナ状なんです。。
今回も同じセッティングを再現して、PHD2のガイドを確認すると、、
IMG_8261.png
な、なんですか、これは!
バナナというより、棒状です。棒。。
当然ガイドも大変なことになっていて、RMSの値も酷いです。
暫く頭を抱えてビールを一本飲んだら解りました。
「光路長」がおかしい。
そうなんです。ASI6200MMから1600MMに変更した際に、正しくリングを組み合わせてなかったのを思い出しました。
ほろ酔いの頭でリング地獄の計算を行います。。
IMG_8264.jpg
starizona のレデューサーのバックフォーカスは142mmと、やたら長いので回転ヘリコイドアダプターを入れることで、光路長の問題を解決しました^^
というわけで、
ででん。
IMG_8263.jpg
見事にガイド星が丸くなりました。
RMSの値も改善しています。
今回のM81は、淡い部分の写りは全くダメですが、光路長を改善したので星像は幾分よくなったと思います。
前出のニードル銀河 NGC4565 の星像は、実は光路長がデタラメだったんですね^^;
IMG_8262.jpg
久しぶりのニワトリでした。風除けのパラソルを新調しました。
今まで使っていた2mのパラソルは、強風で破損してしまったため、3mの強化タイプに買い替えです(笑)
この風除けがある時とない時では、ガイドの結果が大きく変わってきます。
そのうち、遠征地で巨大パラソルを立てている馬鹿がいたら、きっと私です^^
関連記事

Comments 20

There are no comments yet.
Marshall  

こんにちは。
光害地では厳しそうですね。でも枚数増やせばかなり行けそうな雰囲気にも見えます。
PHDのガイドは私は同じセッティングでも毎回ピントの追い込みはやります。わずかのピント違いまたは低空の大気の状況等でもガイドグラフは安定しませんね。星のプロファイルがピント合わせに最適ですね。私は数年前までそれすら出してなかったし知りませんでした。(ー_ー)!!
パルスガイド、必要かどうかはわかりませんが勉強してみます。

2020/03/08 (Sun) 17:16 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、こんばんわ。
街中撮影お疲れ様でした。
光害下でもタカsiさんの手に掛かったらそこそこの作品に仕上がる物ですね!(◎_◎;)
それにしても遠征地で撮ったM81銀河は超美しいですね(^ν^)
思わず吸い込まれそうに成りました(╹◡╹)
ASCOM経由のパルスガイドは興味深々です。
巨大パラソル使えそうですね!真似しよう!

2020/03/08 (Sun) 17:59 | EDIT | REPLY |   
ゴットハンド  

おつかれさまです。
ピントがでて良かったですね。最低限のこととは言え、ピントが合うとホッとします。激しく同感。(笑)
ここはやっぱ、ビールですよね!(笑)
光害地でのM81、これはこれで味があってよいと思います。
しかし、EQ6Rとstarizona のレデューサー、良い仕事してますね。ガイドがうまくいったとはいえ、これだけ長い筒でここまで星を小さく写せるとは。ほれぼれします。
あっ、パラソルも。(笑)

2020/03/08 (Sun) 18:13 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To Marshallさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
枚数頑張ればそこそこ浮き出てきそうでしょうか。60分のコンポジットL画像では、背景のレベルが高くて淡い部分は完全に埋れてしまっている様に見えました。
ガイド鏡のピント合わせ、地味で面倒ですがオフアキの場合は毎回やったほうが良さそうですね。
私はオフアキ初心者なので、いまいちベストなセッティングが見つかっていません。
風が無く、シーイングの影響も受けずに、ガイドグラフがビターっと静かな水面の様な状態は気持ちいいですね^^

2020/03/08 (Sun) 22:41 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
光害地&月夜にブロードバンド撮影というのは無謀極まりないですが、機器のテスト・調整には逆に手元が明るくて助かります^^
遠征地と街中で撮影した画像を比べると、同じ露出時間で写りの差がハッキリ分かるので、やはり頑張って遠征する意味を再確認出来ます。
パラソル、半分冗談ですが、効果絶大ですよ!

2020/03/08 (Sun) 22:46 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ゴットハンドさん

こんばんは。
毎度コメントありがとうございます。
オフアキのピント、ただでさえ写野が狭くて暗いのに、ピントが出なかったら戦意喪失ですよね(笑)
オフアキのピント出しは、明るい日中に済ませておく必要性を激しく感じました。
シーイングとオフアキガイドが決まったら、星が小さくなって気持ちいいですよね!
さてさて、ゴットハンドさんの次の作品が待ち遠しいですよ♪

2020/03/08 (Sun) 22:52 | EDIT | REPLY |   
nabe  

こんばんは。

ASCOM経由のパルスガイドは一度使うとやめられません。対象ごとのキャリブレーションはいらず、ケーブルも減って良いことづくめです。ガイド鏡を交換しなければ次回の撮影時もキャリブレーションいらずでガイドが始められます。ぜひご活用ください!(初期設定がちょっと面倒ですが)

それと、以前撮影地で見かけたのですが、車のルーフに物干し竿を固定して、古くてサビた使わないカウンターウェイトを重りにして菜園ネットをカーテンのように広げる風対策がありました。大きい車ならかなり効果ありそうです。

2020/03/08 (Sun) 23:21 | EDIT | REPLY |   
みお  

SI7で1024枚(256枚×4回)のコンポジットをしましたが地獄を見たことありますね。
私はバイアスなので位置合わせなしでやりましたが、ライトフレームで位置合わせまで考えると正気の沙汰とは思えませんね。

後は風よけですね。私はイレクターパイプを組み立てて3方向を囲むか考えています。
目の細かいブルーシート張れば完璧!って思ってはいるんですが風よけってあんまりやっている人いなくて意味あるのかなーって躊躇してます。

2020/03/09 (Mon) 00:58 | EDIT | REPLY |   
koropo  

こんばんは。
私も一昨年M81をラッキーイメージングでトライしましたが、見事に撃沈しました。淡い拡がり部分の輝度が光害カブリの背景と同レベルなので、いくらフレーム数を稼いでも炙り出すことは不可能でした。こちらはSMQが18.6ですので、西宮でも厳しそうですね。光害地でラッキーイメージングが効力を発揮するのは、淡い部分が少しでも背景より明るい場合に限られます。この条件を満たせば、超多枚数のスタックにより画像強調処理のマージンが拡大し、淡い部分を浮き上がらすことが可能になります。ですので光害地では、この条件を満たしそうな銀河をセレクトする必要があるのですが、撮ってみないとわからないところもあるので、なかなか難しいです。

2020/03/09 (Mon) 01:02 | EDIT | REPLY |   
Orca  

大都市圏の光害の大きい所では、系外銀河の撮影は、
ラッキーイメージング法でも難しいですよね。
やはり空の暗さは、大きいですね。
あと、オフアキのガイド星バナナ状態の原因が、
判明して良かったですね。
しかし、同じメーカーで、機種が、変わると
バックフォーカスも大きく変わるのは、いや
ですね。

2020/03/09 (Mon) 01:17 | EDIT | REPLY |   
おりおん  

おはようございます(^^)/
西宮で撮るボーデ、いいじゃないですか。
もちろん、暗い撮影地で撮るそれと比べると、低クオリティーになりますけど、得るものも多いですよね。
機材やこまごまとした調整は明るい場所に限りますっ(笑)
あと、画像処理に関しても、明るい場所で撮った画像をそれなりに仕上げることができると・・・
暗い場所で撮った画像なんて、目を閉じて処理ができます!!(笑)
にしても、巨大パラソルですか。ぜひ、すさみで広げてほしいですね。
想定外の狂風でパラソルが飛ばされ、機材を巻き込み、音を立てて吹っ飛んでいく様は見たくないですが。。。

2020/03/09 (Mon) 08:37 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To nabeさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
確かにパルスガイドは便利ですね。
キャリブレーションを行う回数が一気に減少しそうで何よりです^^
ただ一つ心配なのが、APTで時々ASCOMが言うことを効かなくなることがあるので、そういう場合に備えて、ネイティブも用意しておかないと怖いです。。
風対策、遠征地ではなかなか難しいですよね。
ルーフに物干し竿ですか。
車を支点に何らかの対策を考えたいですね^^

2020/03/09 (Mon) 15:29 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To みおさん

こんにちは。
コメントありがとうございます!
Biasのコンポジット、そのセットを私もPIでやろうとして断念しました(笑)
位置合わせも含めて、DSSとかだとかなり高速にコンポジットができるようですが、いまいち相性が悪いので使えないです、。
ラッキーイメージングをやるなら、超多枚数のコンポジットは避けては通れないみたいですね。
風除けは長焦点だと効果テキメンだと思います。
簡易なパラソルだけでも、ガイドエラーがグッと減りますので、3方向を囲んだら完璧じゃないですか!
是非ともレポートお待ちしております♪

2020/03/09 (Mon) 15:36 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To koropoさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
M81の明るい部分はある程度持ち上がってくるのですが、淡いところは背景に埋もれてしまいますね。。
背景レベルよりも暗い部分を炙り出すのは、物理的に不可能なのでしょうか。
新月期に撮影すると、また状況が変わってくるような気もしますが、ナローのように光害域をバッサリカットできないので銀河は難易度高そうです。。
球状星団や惑星状星雲の明るいものからトライしたほうが良いのでしょうが、できたらニワトリ銀河をなんとか成立させたいです^^

2020/03/09 (Mon) 15:43 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To Orcaさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
連続光の銀河は、あらゆる光害カットフィルターも受け付けない、難敵だと感じます^_^;
CLS等のセミナローバンドフィルターが通用するなら、撮影対象はグッと増えると思うのですが。
昨夜はM82 をLRGB+Haで撮影していたのですが、M82に関してはHaでもよく写ってくれていました。
HaをL画像に置き換えることができたら、光害地での銀河撮影も可能性があるかもしれませんね。
オフアキは、、前回の遠征で、ぶっつけ本番だと必ず失敗するという教訓を得ましたので、練習あるのみです(笑)

2020/03/09 (Mon) 15:48 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To おりおんさん

こんにちは。
毎度コメントありがとうございます^^
月明かりで機材の調整、ヘッドランプ要らずで作業が捗りますよ♪
たしかに光害地で撮影した画像を処理していると、被り取りやバックグラウンドを沈めるのに四苦八苦しますが、遠征して撮った画像は楽ちんですよね!(一部超低空を狙う変態さんは除く)
狂風で機材がドンガラガッシャン((((;゚Д゚)))))))
本当にあり得そうなので、パラソルは自粛しておきます^^;

2020/03/09 (Mon) 15:54 | EDIT | REPLY |   
YAMASHITA  

初めまして。
都会でラッキーイメージングで普通の銀河を狙うのは、ちょっと違うかなという気がしています。やはり暗い空で撮ったものにはかなわないと思います。
対象は、koropoさんがおっしゃっているように、輝度の高いものに限られると思います。
小さくて高分解能が必要な輝度の高い銀河に絞ると、むしろ自宅撮影の利点(好条件の日にすぐ撮れる)が生きてきて遠征でなかなか撮りづらい対象が逆に簡単に撮れます。

遠征先で撮られたM81は素晴らしいですね! しかし自宅でのM81は拡大すると解像度は高くはないように感じられ、これは自宅撮影で目指すべき方向では無いように思えます。残念ながら本当に淡い対象はあきらめましょう(笑)。

2020/03/09 (Mon) 21:48 | EDIT | REPLY |   
星のGG  
大変参考になりました。

タカsiさん、丁重な記事を有難うございます。
昨年の7月に購入したAVX赤道儀がST4のOnCameraによるオートガイドが出来なくて困っていました。
パルスガイド方式でも試したのですが、いまいちやり方が分からず現在に至るという感じでした。
今回のタカsiさんの記事をじっくりと読まさせて頂きました。ASCOM(POTH HUB)ですね。なるほど~。
関東の今晩の予報は曇り。でも奇跡的に空が晴れたので、急遽望遠鏡を組立てASCOM経由のパルスガイドでのオートガイドを試してみました。お陰様で一発でオートガイドに成功しました。(^^♪
これでタカsiさんの素晴らしい写真にほんの少しだけ近づけそうです。有難うございました。

2020/03/09 (Mon) 23:53 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To YAMASHITAさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、淡い対象は無理なのかもしれませんね。。
「暗い空は正義」で片付く事なんですが、街中でも比較的写りやすい輝度の高い対象を知っておくと、撮影のチャンスが拡がっていいと思いました。
小さくて高分解能が必要な輝度の高い銀河 ←そうですね!こういう対象がたくさんあれば、とても可能性を感じます。
逆に、、街中で淡〜い対象まで写ってしまえば、遠征するモチベーションは一気に下がってしまう様な気もします。。
つくづくMな趣味ですね〜~_~;

2020/03/10 (Tue) 08:23 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To 星のGGさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。
AVXのガイド信号が不通になりましたか。。
パルスガイドがうまく行ってよかったですね!
稚ブログが少しでもお役に立ててよかったです^^
ただ、私はASCOM接続を完全に信頼することができないので、トラブった時のためにST4接続の問題も解決しておいた方がいいように思います。
よくあるガイドケーブルの断線や接触不良でしょうか。
スッキリ解決するといいですね!

2020/03/10 (Tue) 08:29 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^