FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

光害地から銀河を狙う‼︎ M82

タカsi

タカsi

今日は朝から大雨です。花粉症がひどくなってきたので、雨が降っている間だけは安息の時間になるので、前回の続きでニワトリ銀河の記事を書こうと思います^^

今週の日曜日、午前中は雨が降っていたのですが、午後からは急速に天気が回復し、夕方には完全に快晴になっていました。月齢14の「ほぼ満月」が綺麗に見えました。
近所のコストコで食材をまとめ買い、恒例のコストコパーティのあと、前回の続きで銀河狙いのセッティングをそそくさと終わらせます。二日前と同じセットなので、準備も15分程度で終わってしまいます。

今回はM81のお隣さん、M82 を撮影することにしました。
M81銀河は淡い腕が背景に潜ってしまって惨敗感が漂いましたが、M82は小さいですが銀河全体の輝度が高そうなので、少し期待が持てます。

2020/3/8  M82
光害指数 : 兵庫県西宮市 自宅 SQM18.39 標高13m 
架台:EQ6R APTにて撮影
ガイド:QHY5Ⅲ174M セレストロンオフアキ PHD2
撮影鏡筒:C11 x0.72RD FL2000mm F7.2
撮影カメラ:ASI 1600MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:astrodon TBgen2 LRGBフィルター
露出:L gain139 120s x 60  ,R x 15  ,G x 15 ,B x 15
Ha gain139 300s x 36
 (総露光時間 390分)
LED Flat x50  Dark x15 Bias x100
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PSCCにて強調処理

M82 C11 1600MM2 gain139 120s LRGB(Ha) (2)

流石に銀河周辺の淡い部分は出ないですが、輝度の高い部分は遠征画像と比較しても、結構いい線いってるのではないでしょうか。
言い訳としては、、満月の離角がそんなに大きく無く、朝方までずっと一緒のランデブー撮影だったのが辛かったです。新月期ならもうちょっと炙り出しができていたかも。
前回のセットと同じだったので、機材の展開が超スムースだったので、21時半から撮影を始めて、たっぷり6時間超の露出ができました。
M82の吹き出すジェットを強調するべく、Haを薄明開始まで3時間撮影したところ、意外と銀河全体の構造が描写できていました。これはL画像に加勢してもらうことにします。
L画像は2時間撮影しましたが、やはりザラザラで背景に埋もれそうになっています。
ゴットハンドさん必殺の、全ch総動員でL画像を作り、最終的にLR(Ha)GB合成で仕上げました。

前回と同じく、昨年末の遠征で撮影したM81/M82のクロップ画像と比べると。。
20191228 大芦高原 M81 M82 μ250 EOS6DN iso3200 300s c32 DG (1)
比べちゃあだめですね。

毎回LRGBのフィルターごとにフラットを撮影しているのですが、今回は横着してLフィルターしかフラットを撮りませんでした。
その結果がこちら、。
スクリーンショット 2020-03-09_1
Gフィルターについていたホコリが写り込んでいます。(画面右側)
長焦点のホコリの影は超でかいんです。。当然、Lフィルターのフラットでは消えません。
そこで、アルニタクのゴーストバスターで培った⁈方法で、ちまちま修正していきます。(画面左側)
3箇所修正したのですが、できればこういう作業はしたくないものですね。。
次からは真面目にフラット全ch撮ります!
スクリーンショット 2020-03-09_2
Lのフラット画像にも無数のホコリの影が。
こういったホコリは肉眼で見えにくいのが辛いところです。
ブロアーでしっかり掃除しているのですが、不十分なんでしょうね。
そういえば、最近のC11の光軸はバッチリ決まっています。
完璧では無いですが、これくらいだと十分実用範囲だと思います。

さて、これから暫くはナローの対象もお休み状態が続くので、輝度の高い銀河や星団を狙っていこうと思います^^
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
ひろたろう  

タカsiさん、こんにちは。
満月期なのに頑張っておられますね!(◎_◎;)
光害地で撮られたM82銀河と言えどもHαのパンチの効いた素晴らしい作品では無いですか!
為せば成る、何事もですね(╹◡╹)

2020/03/10 (Tue) 11:25 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
早速のコメントありがとうございます^^
満月期ですけど、暇なんです(笑)
今回はHaを多めに睡眠撮影したのですが、ちょっと空が明るすぎて太刀打ちできなかった様です。
何事も為せば成る、ある程度は、ですね^^

2020/03/10 (Tue) 11:50 | EDIT | REPLY |   
みお  

関西地区はウソみたいに夕方くらいから晴れましたね
風もほぼなく月さえなければ...
そのせいか知りませんが、私も外に出していた機材が撮影後はびっちゃびちゃでした
次はいつこの天気が来るのでしょうかね

2020/03/10 (Tue) 20:28 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To みおさん

こんばんは。
毎度コメントありがとうございます^^
機材濡れましたね、。段ボールフードを装着していて結露は免れましたが、危なかったです。
明日の夜も月明かりで風がありそうですが、ウソみたいに晴れそうですよ!
さて、何撮りましょう(^^;

2020/03/10 (Tue) 23:17 | EDIT | REPLY |   
Orca  

M82は、M81と比べると集まっていて、明るいので、撮りやすいと
思いますが、月が、大きくて、光害地では、大変だと思います。
系外銀河のHαは、散光星雲と違って、いくらかの赤方偏移の
影響を受けて、波長が、656.3nmよりも長くなっているので、
半値幅の狭いHαフィルターですと透過率が、落ちるので、
Hαフィルターを使うときは、半値幅の広い物を使った方が、
有効です。
Hαフィルターを使うよりもR画像のHII領域だけを強調処理
した方が、良いのか難しいところですね。



2020/03/11 (Wed) 00:09 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To Orcaさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。
M82は凝縮感があって、輝度が高い部分は写りやすいですね。
おっしゃるように、Haフィルターと同じくらい、Rフィルターも感度が良かったのに驚きました。
散光星雲と波長が違うんですね、。
大芦高原で6Dで撮影したM82は、ノーフィルターですがHⅡ領域も良く写っているように思います。
Ha画像はスパイス的な使い方、輝度情報の加勢等に使った方が良いかもしれませんね。
しかし、光害地でのニワトリ銀河は想像以上に効率が悪いです^^;

2020/03/11 (Wed) 09:29 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^