FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

光害地から明るい星雲を狙う! M42

タカsi

タカsi

株価が大変なことになっています。。
株はやってませんが、尋常じゃないことはニュースからヒシヒシと伝わってきます。
何も変わらないのは星空だけです。
さて、昨夜は薄雲混じりでスッキリしない空ではあったのですが、朝までなんとか晴れてくれました。
新たに入手したバーダーのLRGBフィルターのテストを兼ねて、西に傾くオリオン座に筒を向けることにします。
21時過ぎにセッティングを完了させたのですが、もうこの時にはオリオン座は南中を超えて、明るい西の空に傾きかけています。
冬の星座もそろそろ暫しのお別れですね〜。
ということで、月明かりに負けないくらい明るい「オリオン座大星雲」のクローズアップを1時間で撮影し、HDR合成で仕上げてみました。
L画像が15分と短いのでさすがにザラザラしていますが、ノイズ処理は出来るだけ控え目にしてみました。

2020/3/12  オリオン座大星雲 M42
光害指数 : 兵庫県西宮市 自宅 SQM18.39 標高13m 
架台:EQ6R APTにて撮影
ガイド:QHY 5L2M PHD2オフアキシスガイド
撮影鏡筒:μ-250CRS x0.73RD FL1825mm F7.3
撮影カメラ:ASI 1600MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:バーダー
露出:L gain139 60s x 15  5s x 9 ,R x 15  ,G x 15 ,B x 15 
 (総露光時間 60分)
LED Flat x各30  Dark x15 Bias x100
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像/飽和復元合成 PSCCにて強調処理

M42 LRGB u-250CRS

星が丸くないのは、配線の仕舞いが悪くて、鏡筒にテンションがかかっていたからです。
撮影終了時に気づいたので、全画像星が伸びてしまっています。配線がだらしないのでよく起こります(^^; 整線に気をつけないといけませんね。
肝心のバーダーのフィルターですが、ZWOの旧LRGBフィルターと比べると、色分解が良いせいか色乗りが良い様に感じます。
輝星へのゴーストの出方に関しては、今回の撮影では検証できませんでした。
気になったのはBフィルターのピント位置がずれること。これはastrodonではここまで大きくずれることはないように感じます。

中心の輝度が高いM42、普通に撮影するとトラペジウムも完全に白飛びしますが、5秒の短時間露光をブレンドすることで諧調を大幅に圧縮しています。
今シーズンは何度かM42を撮影しているのですが、HDR処理をする時に気をつけないと、本来の高輝度部分が不自然になりがちです。
今回はトラペジウムを維持しながらも、できるだけ自然に見える様に調整してみました。
スクリーンショット 2020-03-13_2
実際のHDR処理の画像ですが、左上は5秒の短時間露光、左下は60秒の通常露光、これらを合成すると右のように諧調がぎゅっと圧縮されたHDR画像が出来上がります。
ここで、あまりにも高輝度のトラペジウム付近を保護しすぎると、不自然な感じが残ってしまうので注意が必要です。

スクリーンショット 2020-03-13_1
購入してから一度も光軸調整をしていないミューロン君。
光軸センターが微妙にずれている様な、でも実用範囲内と判断すべきか。
イプシロンだったら、きっと落第点ですよね。。

M13
実は、今回のメインは球状星団の雄、M13でした。
シーイングが悪かったのでしょうか、星がぼってりしています。
これはまたの機会に撮り直したいと思います^^
関連記事

Comments 8

There are no comments yet.
ひろたろう  

タカsiさん、こんにちは。
株価は大変な事になっていますが、宇宙は不変ですね( ◠‿◠ )
多重露光のM42はダイナミックで素晴らしいですね!
M13は次回に持ち越しですね!次回新月期が楽しみになってきましたね(^ν^)

2020/03/14 (Sat) 12:51 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
いやぁ、株価もそうですが、日本経済がとても心配です。早く収束してもらいたいですね。。
M42の多段露光、うまくいく時とそうでない時の違いがまだよくわかってません(^^;
来シーズンへの課題ができました^^
M13はこれからのシーズン、何度かチャンスがあると思うので、じっくり挑戦してみようと思います♪

2020/03/14 (Sat) 14:48 | EDIT | REPLY |   
Marshall  

こんにちは。
迫力満点ですね!
星はFAPの流れ補正で多少は丸くなりそうな気がします。
結局今年もオリオンは撮らず仕舞いでした。
M13は屈折(106)でも面白いかもしれませんよ。私も撮りたいです。

2020/03/14 (Sat) 15:31 | EDIT | REPLY |   
夕焼け熊五郎  

「タカsiさん」こんにちは。
矢張りM42今年も何度レンズ向けるであろうか、まぁーこんな迫力のある画像は程遠いけど何となくそれかなと言う所までは出来そうです(笑)。良い物見せて頂きました。

2020/03/14 (Sat) 16:10 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To Marshallさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
FAPにそんな機能があったんですね。説明書確認してみます!
撮影中もガイドグラフが暴れていたんですよね〜。一方向に引っ張られている様な嫌〜な暴れ方です(^^;
早速ホームセンターで粘着タイプのクリップを買ってきました。これでもう大丈夫です!
M13のような明るい球状星団は、バックが暗いと割と短時間で写ってしまう様な気がします。
今回は4時間も撮影したのですが、ガイドが悪くてイマイチです。。
おっしゃる様に屈折の「丸い星」の集団で撮ったほうが綺麗かもしれませんね。

2020/03/14 (Sat) 18:04 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To 夕焼け熊五郎さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
M42は何度撮っても美しいガスの広がりに感動してしまいます。
月夜でも肉眼で存在が確認できる星雲、これは撮らずにはいられません(笑)
来シーズンも沢山撮りますよ〜〜^^

2020/03/14 (Sat) 18:07 | EDIT | REPLY |   
OOKEN  
私も撮影していました

OOKENです。私もお別れのつもりでオリオンを撮影していましたが、おとなしめの普通のオリオンになってしまいました。タカsiさんのオリオンは、怪しげな雰囲気の深い色合いでとても美しいです。トラペジウム付近の透明感が素敵です。私も再挑戦して見たくなりました。

2020/03/17 (Tue) 18:44 | EDIT | REPLY |   
ゲストさん  
To OOKENさん

こんばんは。
毎度コメントありがとうございます。
今季終盤のオリオン座ですね〜。
少しアップで撮ると怪しい感じになるのですね。
この星座は暫くお別れですが、また半年後には早撮りで撮ってたりしますので、あまり寂しくないんですよね(笑)
遠征先からのコメントで失礼しました^ - ^

2020/03/19 (Thu) 01:37 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^