FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

これが6000万画素の威力か〜⁈ 遠征は計画的に。

タカsi

タカsi

この三連休、新型コロナの対策の一環として大阪⇄兵庫の往来を自粛する旨の要請が発表されました。
せっかくの行楽シーズン、人が集まる場所には外出できそうにもありません。
ここは大人しく?山奥に遠征行くべきだと自分と家族に言い聞かせ、行ってきました、18日と20日。
18日は事前の天気予報が良かったのでかなり突発的でしたが、TSUBAKIさんにお供させていただき、終始楽しく撮影が出来ました。
現地に向かう道中、ずっと曇り空で22時頃から晴れるという予報を信じて車を走らせます。
結局、この日は春霞のどんよりした空で、星は出ているものの透明度がかなり悪い夜でした。
長焦点鏡は銀河狙いですが、この日は兎に角ガイド不良に悩まされる日でした。
ガイドをオフアキにすると、ガイド星をロストした際のリカバリーが大変です。。

薄明前にさそり座が良い高度まで昇ってきていたのですが、薄雲の襲来でほとんどのカットが使えませんでした。
タイトルの6000万画素というのはASI6200MMのことで、いまだにフィルターホイールが未入荷で本格稼働が出来ない状態が続いているのですが、単純にL画像のみを撮像するカメラとして、今回はFSQ106EDとの組み合わせで撮影しました。
海外の有名なフォーラム、「Cloudy Nights」でいろいろ議論されていますが、なんでもFSQ106EDとの組み合わせがバッチリとのことでした。

2020/3/18 さそり座 アンタレス付近 
SQM: 21.48  標高360m 奈良県 吉野郡 気温7℃ 湿度71%
架台:SXD2 APTによるディザリングガイド
ガイド:ASI120MM-mini +120mm PHD2ガイド
撮影鏡筒:FSQ106ED  FL530mm F5
撮影カメラ:ASI 6200MM Pro(-10℃冷却)
フィルター:バーダーL
露出:gain100 300s x 6
LED Flat x15枚  Dark x15枚 BIAS x100枚
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PSCCにて強調処理

C-town FSQ106ED ASI6200MM gain100 300s c6 tDG

球状星団、明るいアンタレス、無数に広がる微恒星、写りのチェックにはうってつけの対象です^^
ブログ掲載の制約上、1600万画素程度に圧縮されてしまっていますが、それでも周辺まで星の解像感は半端ないです。拡大して四隅を穴が開くほどチェックしても、実用上全く問題ない星像を保っています。
また、今回は飽和復元合成などのHDR処理は一切していないのですが、5分露光でも球状星団の諧調が保持できているので、294MC同様のワイドダイナミックレンジなセンサーだと思います。
これだけの画素をA3プリント程度では優位性が発揮できないと思うのですが、トリミング耐性はとても高いと思います。ざっくりフォーサイズサイズにクロップしても、十分に鑑賞画質を保っています。
ただ、1枚あたりのファイルサイズは120MBと、半端なく撮像PCをイジメてくれます(笑)
フラット取得の際も、転送速度が遅いので枚数が稼げない等、考慮すべき点がいくつかあります。

モノクロ画像では味気ないので、同時撮影していたEOS6Dのカラー画像を合成してみました。
C-town FSQ106 Twin LRGB
<カラー撮像情報>
撮影鏡筒:FSQ106ED  FL530mm F5
撮影カメラ:EOS6D(HKIR ミラーレス仕様)
フィルター:無し
露出:iso1600  120s x 9
LED Flat x30枚  Dark x15枚 Flat Dark x50枚
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PSCCにて強調処理

18分のカラー情報ではこれ以上強調できず、薄味仕上げです(^^;

IMG_8277.jpg
朝まで夜露知らずで、気温も高く、透明度の悪い空でしたが快適でした♪
IMG_8276.jpg
いつもの3セットですが、撤収前に引いて店開き状態を確認すると、撤収作業にゲンナリします。。
このあと、撤収して仮眠後、仕事が辛かったです^^;

昨夜20日も突発的な出撃を、。
遠征は計画的に。。
関連記事

Comments 11

There are no comments yet.
ひろたろう  

タカsiさん、おはようございます。
奈良県遠征大変お疲れ様でした。
FSQ-106EDのツイン鏡は壮観ですね!
ガイド不良は困った物ですね(T ^ T)
早く問題無い様な構築が出来ると良いですね。
それにしても6,000万画素とは凄いですね!
豊富なデータもありきめ細やかな素晴らしい
さそり座のカラフルタウン画像ですね!

2020/03/22 (Sun) 08:53 | EDIT | REPLY |   
ゴットハンド  

すごい画像ですね!(+_+)
FSQ106とのマッチングの優位性、そして、撮影後の処理など、色々お察しできる画像です。
撮影時のピント調整、ガイド精度、おまけにモノクロだと、RGBも撮って、フラットも撮って、そして最後は画像処理まで。
これは大変なカメラですね。
でも、その分、完成した画像がこんなに精度が高いと報われるんじゃないですか?
う~ん、圧縮していない画像がみてみたい。
いいんですか~?
こんなにシャープな高精度画像を見せられちゃうと、次回も期待しちゃいますよ~。(笑)


2020/03/22 (Sun) 10:15 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
実は18日の遠征の翌日から風邪を引いてしまい、体調が悪いです^^;
20日も天気がいいので、出撃してしまいましたが、、。
ひろたろうさんも連荘、お疲れ様です。よく晴れていたと思いますので、収穫も多かったのではないでしょうか。
FSQのツインは屈折鏡筒ということもあり再現性に優れたシステムで、上手くいくと強力な武器になりそうです^^
いろいろ調整ばかりの遠征を続けていますが、たぶん、そんな失敗&調整が好きなMなんでしょうね(笑)

2020/03/22 (Sun) 12:35 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ゴットハンドさん

こんにちは。
コメントありがとうございます!
しばらく銀河おじさんしていると、長焦点の星の大きさに慣れてしまいますが、そこにこんな微恒星だらけの対象を撮ってしまうと、一層星が小さく感じますよね。
モノクロLとRGBの合成、毎回やっているとルーチン化するので、あまり大変さは感じなくなりますが、あのパペットワープの位置合わせだけは目が辛くなります(笑)
圧縮してない画像、たぶんブログでは無理だと思います^^;
フリッカーとかだと高画質でアップできるのでしょうか。
でも、まぁ、そんなに重箱の隅を楊枝でほじくるように見ないでくださいねw

2020/03/22 (Sun) 12:42 | EDIT | REPLY |   
おりおん  

こんにちは(^^)
6000万画素っ!! 超拡大して拝見しましたが、すばらしい解像ですね~。
M4のつぶつぶ感もたまらないです。
薄味の付近も自然でいいですね(^^♪
6000万、それだけの画素数だとPCがうなりそうです。
2000万程度でもうなり声を上げるPCだと、煙が出るかもしれません(笑)


2020/03/22 (Sun) 15:09 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To おりおんさん

おはようございます。
コメントありがとうございます^^
6000万画素、とても使いこなせるかどうか甚だ疑問ですが、ベテランの方のレポートを拝見するとポテンシャルは相当高い様です^^;
おっしゃる様に、M4の粒々感にブツブツ感の鳥肌を誘発しました^^
イプのシャキーンとした光条も気持ち良いのですが、たまに中間輝星も丸星な屈折に心が揺れたりします(笑)
色彩鮮やかな弩級のおりおんさんの作品を堪能した後に、GWくらいを目処に、付近の化粧を完成させようと思います♪

2020/03/23 (Mon) 07:43 | EDIT | REPLY |   
ハチベエ  

こんにちは(^^♪

タカsiさん、この画像はヤバすぎます(;゚Д゚)
めちゃ鳥肌たちました!これが、6000万画素ッ!!
あと、106の2連砲て...( ;・`д・´)ゴクリ
色んな意味でタマランチ会長(´▽`)
このアンタレス付近が完成されるのを楽しみにしておりますね(^^)/

2020/03/23 (Mon) 17:48 | EDIT | REPLY |   
TSUBAKI  

先日はお疲れ様でした。
せっかくお誘いしたのに薄雲かすみ攻撃にやられてしまいましたね…

って、自分だけですね。やられたのは…(о´∀`о)


なんなんすか!この600万画素のパワーは❗️
(((o(*゚▽゚*)o)))

PCで画像大きく拡大して隅々まで拝見しましたよ〜
スゴイシビアな星像。こりゃ撮るだけでもニヤニヤしてしまいますね。

当日はあの赤道儀にツイン106載せてて無謀やなぁと思ってましたが、やる時はやる❗️
さすがです。\(//∇//)\

また懲りずにお誘いしますので。
^_^

2020/03/23 (Mon) 18:04 | EDIT | REPLY |   
TSUBAKI  

ごめんなさい。
6000万画素と書いたはずが600万画素になってしまってます…
m(_ _)m m(_ _)m

2020/03/23 (Mon) 18:06 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To ハチベエさん

こんばんは。
コメントありがとうございます^^
拡大していただけましたか(^^;
実は1600万画素程度に圧縮していますので、フル表示だと、、掲載できません。。
デジカメセンサーもどんどん高画素化が進んでいますが、8K画質は節目の画素ですよね。
これ以上は億のステージになっていくと思うので、もうわけがワカラナイ(笑)
高画素は良いこと尽くめではなく、悪い一面も。
強拡大の%が半端ないことですね^_^;
どんだけ拡大するんですか→おりおんさん
みたいに、どんどんシビアになってしまいます〜。
FSQツインはまだ完成形じゃないので、これから運用を煮詰めて行こうと思います^^

2020/03/23 (Mon) 20:55 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To TSUBAKIさん

こんばんは。
コメントありがとうございます^^
春霞は残念でしたが、終始気温が高く、湿度が低かったので快適に過ごせましたね♪
20日の遠征分の長焦点画像を比較すると、やはり18日の分はぼんやり星が肥大しています。
この時期は仕方ないのかもしれませんが、晴れていただけに悔やまれますね。
FSQの方は雲の通過の合間のカットを寄せ集めたのですが、薄明前の方がシーイングが良くなっていたのかもしれませんね。
明日、明後日はいい天気という事なので、是非ともリベンジを果たしてくださいね^^

2020/03/23 (Mon) 21:46 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^