FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

光害地から執拗に銀河を狙う、、M51 ASIAIR Pro編

タカsi

タカsi

コロナの影響で子供たちがずっと家に居る、奥さんのストレスがMAX、、遠征のえの字もタブーな我が家です、。
昨日は午後からよく晴れました。強風も徐々に収まってきて、夜にはほとんど微風になっていました。
月齢9の半月が2時まで沈まないので、自宅で機材のテスト撮影を行うことにしました。
タイトルの通り、ようやくASIAIR PROを入手できました。
以前から使用しているASIAIRを高価下取りし差額で購入できるわけで、なんだかOヤパネットで買ったみたいな気分になりましたが、通常よりも安価で手に入ったので有難いことです。
旧ASIAIRから改善された・追加された機能のうち特に有難いと感じたのは、

①12Vの電源HUBとして、4給電が利用できる様になった。これはありがたい!
②本体がプラ筐体からアルミ筐体になり、放熱性も良くなった。熱暴走フリーズが緩和されることに期待。
③Wifiのステーションモードが追加になって、基幹ネットワーク内で操作できる様になった。これは地味にありがたい。
④PlateSolvingのスピードが早くなった。従来よりも体感的に半分以下で解決するみたい。
⑤子午線反転動作が自動で正確にできる様になった。APTではまだ成功したことはないが、ASIAIRではあっさり成功した。
⑥ガイドのキャリブレーションが早く、正確になった。PCでのPHD2より良いかも。
⑦ストレージ先として、USB3.0メモリーが使えるようになった。OSとストレージを兼ねたmicroSDよりも便利で安全。
⑧導入から微動調整までSkySafariと連携しなくても、本体だけで十分導入できるようになった。
導入後の微動操作もやりやすい。
⑨全体的にモッサリ感が少なく、快適に動作する。これ重要。
ざっと思いついた内容を列挙しましたが、特に⑨は一番大事です^^
ということで、月明かりでもテスト撮影は十分できるので、M51をASIAIRProで撮影してみました。

2020/4/2  りょうけん座 子持ち銀河 M51
光害指数 : 兵庫県西宮市 自宅 SQM18.39 標高13m 
架台:EQ6R APTにて撮影
ガイド:ASI 120MM-mini + 120mm F4 ASIAIR Proにてガイド撮影
撮影鏡筒:BKP200 エクステンダーPH FL1120mm F5.6
撮影カメラ:ASI 1600MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:baader planetarium LRGBフィルター
露出:L gain139 120s x 116  ,R x 20  ,G x 20 ,B x 20 ,Ha 300s x 8
 (総露光時間 392分)
LED Flat x50  Dark x15 Bias x100
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PSCCにて強調処理

M51 BKP200 home

月明かりとか、いろいろ言い訳ありますが、正真正銘のASIAIR Proで放置撮影したM51です。
子午線反転の画角ズレで、左端の輝星が切れてしまいましたが、反転動作→導入補正→撮影再開の流れを自動でやってくれるのは、ちょっと感動しました。
撮影途中のピント再調整も、バーティノフマスクを使わず、画面左輝星でのHFW値でピントを追い込む事ができました。

撮像クオリティに関しては、、毎度のように遠征で撮影した銀河と比べちゃあいけません、。
M51
1/3に撮影したM51をDenoise AIを軽めにかけてノイズ処理をしました。
淡い部分は暗い空じゃないと厳しいです。

IMG_0049.png
旧モデルと撮像画面はあまり変化はありません。
レスポンスはかなり向上しています。

IMG_0052.png
ガイドはPC版のPHD2よりも賢くなっている気がします。
終始安定動作を見せてくれました。
IMG_0051.png
ASIAIRの優れている点、オートシーケンスが簡単に設定できます。
撮影開始後、子午線反転も自動、撮影終了時にホームポジションに復帰し、本体の電源を切る流れまで自動で行うので、安心して放置睡眠できます^^
IMG_0054.png
各フィルター毎のフラット撮影も、同じようにシーケンスで撮影していきます。APTより転送が速いので、早くフラット撮影が終わります。
IMG_8306.jpg
朝方、あれ??曇ってますね、。
ちゃんと整線すればもっとスッキリするはずですが、これでも随分配線が簡略化されました。
旧モデルと比べると、地味な部分も含めて一気に洗練された感のあるASIAIR Proですが、PCレスの遠征仕様として実践投入できると判断しました。
これはオススメかもしれません♪♪
関連記事

Comments 20

There are no comments yet.
TSUBAK I  

ずっーーーーと、気になっていたair pro‼️
\(//∇//)\

レポートありがとうございます。
最近はずっとASI 294MCproをシャープキャップを使って撮影しており結構不便さを感じてました。

うーん、これだけ扱いやすいなら買ってしまいそう。
しかも協栄さんまで徒歩10分圏内に棲家があるとなると…\(//∇//)\

M51ですが、ご自宅から撮られてても細部まで綺麗に表現されてて良いですね。
渦巻に赤ポチそして周りの淡いガスまでクッキリ。♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

2020/04/04 (Sat) 00:07 | EDIT | REPLY |   
みお  

ASIAIR PRO良さそうですね。
APTの自動導入が換算3000mm程度になってくると、ターゲットがそもそも画角内にないとPoint Craftが出来ずに自動導入が出来ないというお笑いが起こってるので困っていました。屈折望遠鏡を同架して無理やりPoint Craftを実行してました。
何mmまで明後日の方向から自動導入できるかわかれば購入するんですけどね(チラチラ

HUB機能は私はASI GTなのでほぼ無関係ですが、自動導入とオートガイドだけでステラショット2にするか迷っているのでproのレビューを期待しています。

2020/04/04 (Sat) 00:39 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To TSUBAK Iさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
ASIAIR、先代モデルはいろいろ気になる点があって遠征には使っていませんでしたが、今回の新型はラズパイ4に変更になったことで「別物」になったと感じます。
上の撮影計画画面の「子午線反転」をONにするだけで、鏡筒反転・導入補正が自動でできてしまうのは便利です♪
それと、BKP200との相性も検証済みですので、ご安心ください(笑)
実は瑠璃渓あたりにプチ遠征行きたかったのですが、冒頭の事情で外出できません(^-^;
M51は輝度・コントラストも高く、撮影高度も高いので光害地でもなんとか写りますね^^

2020/04/04 (Sat) 10:34 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To みおさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
今回の新型ではまだ試していませんが、先代モデルはC11での自動導入は出来ませんでした。
換算2000㎜前後が限界なのかもしれません。。
APTのPointCraftもPlateSolve2の膨大なカタログデータをダウンロードしないといけないので、重いカタログデータだけはダウンロードしていません。。
確か、ステラショットでも長焦点の導入補正は苦手だったと思います。
きっちり調整されたファインダーが、長焦点鏡には必須なんだと最近痛感しています^^
ステラショット2との比較、、悩ましいですね。
ステラショット2はあくまでPCベースだと認識しているので、サブシステムとしての運用ならASIAIRが良いかもしれませんね。

2020/04/04 (Sat) 10:45 | EDIT | REPLY |   
山口のじぃ  

いやいやいやぁ!月光下とは思えない素晴らしいM51で、ガス!
えっ!?「自宅で機材のテスト撮影」?まいった参った大宮神社!
にしても「放置睡眠」!?今の私には甘露が如き言葉に聞こえる!
ついでに撤収までやってくれませんかねぇ!?ははっはははは!!
設営設定は好きなんですけどぉ!テヘッ!

2020/04/04 (Sat) 17:36 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To 山口のじぃさん

こんばんは。
コメントありがとうございます!
じぃさまに贈る「The 放置撮影シリーズ』はいかがでしたでしょうか(笑)
庭に機材をセットして、カバーをめくれば即放置撮影スタート!
撮影後はまたカバーを忘れずにかけておいてくださいね♪
庭で始まる第二章シリーズに、放置撮影は私めが、光害画像処理に関してはおりおんさんがしっかりサポートして参る所存でございます(
ナンチャッテ

2020/04/04 (Sat) 18:55 | EDIT | REPLY |   
あーちゃー  

タカsiさん、こんばんはヽ(・∀・)ゞ
一瞬、ん?いつもよりノイズが!?っと思ったら、、、
自宅撮影でしたか!!!∑(`∀´ノ)ノ
と言いますか、、都会のど真ん中撮影でこれだけ炙っただなんて。。。∑(゚Д゚; )
なんか周囲の淡々分子雲っぽいのも出てませんか(笑)
露光時間も凄まじいですけど、ASIAIR PROしっかり執拗に狙い続けてくれて良いですね(^^♪

2020/04/04 (Sat) 20:45 | EDIT | REPLY |   
たっくん  

こんにちは。
小さくても性能は良いようですね。
タカsiさんのように撮影のために数セット設置する人には荷物が減って助かりますね。
これで、もう1セット追加できそうな・・・

2020/04/05 (Sun) 08:26 | EDIT | REPLY |   
ハチベエ  

おはようございます!

( *゚Д゚))フムフム
なるほど...。自分が使う予定もないのに読み込んでしまうハチベエです(笑)
しかし、便利なアイテムですねぇ。時代はデジカメではなくCMOSカメラですね。
それにしても、オールオート撮影なんて夢のまた夢の話と思ってましたがそうではなかったんですね(^^;)

しかし、都会で撮影したとは思えないほどに、このM51もすごい(;゚Д゚)
色々驚くことが多すぎて、顎が外れそうです(笑)

2020/04/05 (Sun) 10:24 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To あーちゃーさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
テスト撮影のつもりが、結局グルグルフィルターを回して朝まで撮っていました(笑)
結果ノイジーなのですが、あと6時間くらい撮りましすればそこそこ滑らかになるかもしれませんね^^;
周りの分子雲ぽいのは、背景レベルがかなり高いですから、おそらく背景ムラだと思います、。
新型ASIAIR、もしかしたら流行るかもしれませんね^^

2020/04/05 (Sun) 12:07 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To たっくんさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
今回のASIAIRはいつも撮影PCでやっていることを大体網羅しています。
撮影にはWindowsPCを使っていますが、いったん不調になるとダメダメなんですよね〜。
スタンドアロンシステムがあったほうが安全なんです^^
もうセットは増やしませんよ(^^;

2020/04/05 (Sun) 12:16 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ハチベエさん

こんにちは。
コメントありがとうございます^^
フルオート撮影というと語弊がありますが、撮影プログラムをセットしてしまえば、ピント再調整(←これ大事ですよね、、)以外は放置でOKです♪
まだまだ検証しないといけないことが多いですが、撮影現場でASIAIRを見かけることも増えるかもしれませんね^^
ニワトリM51、光害地でもそこそこ写ルンですよ~(笑)

2020/04/05 (Sun) 12:36 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、こんにちは。
流石タカsiさんですね!(◎_◎;)
もうASIAIR使い熟しているのですね!
流行りの兆しが見えていますので時代のなみに乗り遅れない様にしなくてはp(^_^)q
光害地でも申し分ない子持ち星雲が撮れていますね(╹◡╹)

2020/04/06 (Mon) 12:50 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
ASIAIRは旧型からの使い方が同じなので、あまり目新しいことはしていませんが、自動子午線反転機能は便利だと感じました。
恐らく、300㎜以下の焦点距離だととても便利に使えるのではないかと思っています。
これから実践に向けて数回の検証をしてみようと思います^^
M51、ちょっと無理がありますが、カメラの性能のおかげで、そこそこ写ってくれました♪

2020/04/06 (Mon) 21:27 | EDIT | REPLY |   
のんた  

タカsiさん、おはようございます。
気になっているASIAirProのレポートありがとうございます。
配線も簡素化されて、無線制御によって今のスパゲッティ状態から脱却出来るのは魅力的ですね。
動作も良いみたいで購入したくなりました。
 問題は冷却CCD動作しないんですよね....

2020/04/07 (Tue) 07:06 | EDIT | REPLY |   
マルさん  

おはようございます。
ASIAIRすら使ったことがないのですが、ワイヤレスのスタンドアローン(といっていいのかな?)でここまでできてしまうのは正直驚きです。
設営や撤収も楽そうですね。
心配性な私はいまのところせいぜいリモートデスクトップ止まりですが、いずれは使ってみたい気もします。そもそもワイヤーがトラブルの原因となることも多く、ワイヤレス化が進めばそれだけトラブルの原因も取り除かれることになりますね。
それはそうと、コロナは一向に収束する様子もなく・・・今日、緊急事態宣言が発令されそう。
遠征は当事者以外にとっては不要不急の典型でしょうから、次の新月期は遠征自粛になりそうですね。

2020/04/07 (Tue) 07:21 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To のんたさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。
ASIAIR Proですが、プログラム撮影後のホームポジション自動復帰と、自動子午線反転機能が自宅観測所では重宝するのではないかと感じました。(私の場合は観測所はありませんが、。)
問題はZWO製品での縛りということですよね、。
今後も冷却CCD対応は望み薄な気がします。
赤缶シリーズを使用して、PCレスのスタンドアローンシステムを構築するには大変便利な製品になっていると思います^^

2020/04/07 (Tue) 09:27 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To マルさん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
旧機種はハード的に無理な処理が祟ってフリーズしたりと、安定運用にはイマイチ至っていませんでした。
新機種になって、これらの問題が大体解決されているように思います。
ワイヤリングに関してですが、鏡筒に応じてケーブルを整線してしまえば、設営撤収も早いですし、ケーブルが絡まるトラブルも防げると思います。
私の場合はBKP200専用にしようかと考えています。
リモートデスクトップは便利ですね。私もメインで使用しています!
ただ、Windowsがいったん不調になれば現場で解決が出来ない場合もあったので、スタンドアローンのシステムもあったほうが心強いです^^
次の新月期、遠征は微妙ですねぇ。。
不要不急の外出には間違いなくあてはまりますので^^;

2020/04/07 (Tue) 09:40 | EDIT | REPLY |   
まちょ  
はじめまして

タカsiさん、はじめまして。まちょといいます。
タカsiさんと同い年だと思います!
最近の雑誌掲載のペース、アクティブなアイデアの実現、すばらしいです。
稚拙ながら天体活動を超スローペースでやっております。

記事の一行目を拝読し、勇気を出しておもわずコメントしてしまいました。
ウチもまったく同じ!!3人の子供らがずっと家にいて、ケンカの仲裁と、遊びのお相手でもう、、、時間はあるのに私は本も読めない!
妻のメンタルも限界!うぉぉ。

うちは、おうち居酒屋(妻と私でおつまみをつくる。子供はメニューを書く)をやったりして、イベントをつくっています。
がんばりましょう!

2020/04/08 (Wed) 10:52 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To まちょさん

こんにちは。
はじめまして。コメントいただきありがとうございます。
Marshallさんのところで、時折お見かけしておりましたが、同い年の方でしたか!親近感が湧きます^^
自粛・自宅軟禁は家庭内ストレスが半端ないですね。。
上手くガス抜きされている方は、その秘訣を大いに公開していただきたいです(笑)
お家居酒屋ですか!なんとも素敵な光景が目に浮かびます。
私はタダの呑んだくれなので、真似できません(^^;
今後ともよろしくお願いしますm(__)m

2020/04/08 (Wed) 16:25 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^