FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

光害地から球状星団を狙ってみた! M13

タカsi

タカsi

今週水曜日の夜、満月が綺麗で快晴の予報でした。
しかし、満月期は良く晴れる、。
北風が少し強かったのですが、次第に風も穏やかになってきて、何撮ろうかな~。
満月のすぐ近くには球状星団M3があったので、画角のチェックで筒を向けてみました。
2時間ほどM3を撮影してみました。
ん~、、ガイドのテストくらいしかできないなぁ。。明るすぎて銀河も無理っぽいし。。
と、諦めかけたのですが、以前から撮ってみたかった球状星団のなかで、北天随一の明るさを誇るM13が昇ってきていますよ。
という事で、1時から薄明まで、満月からの離隔がそれほど取れなくて条件はキツイですが、M13を1分露光x多枚数で撮ってみました。

2020/4/8  ヘルクレス座 M13
光害指数 : 兵庫県西宮市 自宅 SQM18.39 標高13m 
架台:EQ6R APTにて撮影
ガイド:ASI 120MM-mini + 120mm F4 PHD2にてガイド撮影
撮影鏡筒:BKP200 エクステンダーPH FL1120mm F5.6
撮影カメラ:ASI 1600MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:baader planetarium LRGBフィルター
露出:L gain0 60s x 52  ,R x 30  ,G x 30 ,B x 28
 (総露光時間 140分)
SKY Flat x50  Dark x30 Bias x100
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PSCCにて強調処理

M13 BKP200 1600MM1 LRGB tDG

<4/13 背景レベルを少し調整して差し替えました>
うっかりGain0で撮ってしまったのですが、ダイナミックレンジを考慮すると、結果的に好都合だったのかもしれません。
BKP200のスパイダーマスクを調整したのですが、光条にヨレが出てない?みたいなので、とりあえずはOKみたいですね。
撮影時の空は超絶明るいですが、明るい球状星団は背景に埋もれずになんとか写ってくれました。
星の粒粒を見ると、ある程度解像しているので、シーイングはまずまずだったんだと思います。

今回、APTで重要な機能を発見して試してみました。
いつもは、撮影開始→放置→目覚ましで起きて赤道儀をストップ、というアナログ撮影だったのですが、APTの撮影シーケンスの最後に「Park」を入れることが出来るのを知り、M13の撮影シーケンスの最後に赤道儀をParkポジションに旋回し動作を止めるという、リモート天文台では当たり前の動きかもしれませんが、目から鱗でした^^
これで安心して放置睡眠できます。

ところで、今回もASIAIR PROを使って撮影しようとしていたのですが、前回のM51を撮った時と違ってガイドのキャリブレーションが上手くいきません。
パラメーターを弄って、なんとかキャリブレーションを完了させたのですが、RAが暴れて撮影できませんでした。
IMG_0055.png
原因の切り分けとして、PCを持ち出してPHD2でキャリブレーションすると、問題なく動作しました。という事は、赤道儀は問題無し。
ガイドが不調のままだとASIAIRの遠征デビューは出来そうにありません。
原因究明には時間がかかりそうです^^;

翌朝も、春の気持ちいい天気でした。
IMG_0059.jpg
犬の散歩とプチ花見がこの季節ならではのささやかな楽しみです。
本来なら飲んだくれの宴会続きなんでしょうが、今年は自粛です。。
関連記事

Comments 9

There are no comments yet.
ゴットハンド  

おお、いいですね。
そろそろ球状星団が撮り頃になってきますね。
球状星団のツブツブ感たまりませんな~。
っと、銀河に続いて、球状星団のツブツブ感で萌えるのはゴットハンドと、タカsiさんくらいです。(笑)
GAIN0はUTOさんのブログでも拝見しましたが、やはり効果がありそうですね。
60秒の短めの露出時間もツブツブで萌えるのには効果絶大です。(笑)
GAIN0も劇的に違うならやってみたいですが、ダークから取り直すのも億劫でやれてません。(^^;)
ところで、APTにそんな機能があったんですか!
知らなかった~、早速確認してみます。

2020/04/11 (Sat) 09:18 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、おはようございます。
自宅での撮影とは言えダイナミックで見応えあるM13球状星団ですね(╹◡╹)
APTの機能便利そうですね!自動で全て終わらせてゆっくり休めそうですね(^ν^)

2020/04/11 (Sat) 09:20 | EDIT | REPLY |   
YAMASHITA  

こんにちは、きれいですね!

普通の方なら、素晴らしいですね、なのですが、ものすごい写真を量産されているタカsiさんなら条件さえ良ければもっとすごいのが撮れるだろうと思います。
C11なんかを使って露出は10秒程度に抑えて悪い像を捨て、針で突いたような星像の球状星団を是非お願いします!
(というのが光害地で狙うべき作品だと思っています。。)

2020/04/11 (Sat) 22:01 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ゴットハンドさん

こんばんは。
粒々感に萌える天文屋は多いのではないでしょうか^^
アンタレス付近のM4も、粒々が潰れていると許せないみたいな異常なこだわりをもっていたら、萌えているということで宜しいでしょうか(笑)
Gain0は星雲撮影時には心許ないですが、星団のように輝度が高い対象では問題無く運用できるように感じました。
はい、Gain0のダークは再取得しました、。
APTのPARK機能、イイですよ!
これがあると、赤道儀への接触を回避できて安心して眠れます^^
是非おすすめですので、試してみてくださいね!

2020/04/11 (Sat) 22:09 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
M13は南中高度が高いこともあり、日本での撮影には条件が良いですね^^
しばらくの間、M13は撮影のチャンスが多くあると思うので、暗い空でもチャレンジしてみようと思います^^
Park機能ですが、ASIAIRでも備わっていて、遠征地でも寝坊対策に有効活用できると考えています(笑)
どんどん便利になりますね^^

2020/04/11 (Sat) 22:52 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To YAMASHITAさん

こんばんは。
コメントいただき、ありがとうございます。
球状星団のような解像を求められる対象は、できるだけ口径の大きな筒で狙いたいところですね!
ご指摘の通り、C11の中心解像度は高いと思うので、シーイングの良い夜に試してみようと思います。
針で突いたような星像、う〜ん、萌えますね〜(笑)
10秒前後の露光ということは、ラッキーイメージングそのものですね!

2020/04/11 (Sat) 22:55 | EDIT | REPLY |   
OOKEN  
ワンちゃん元気そう

最近、ゴールデンのワンちゃんが登場しなかったので、心配していました。我が家にも、モモというゴールデンがいました。散歩してもらい、嬉しそうですね。良かった。

2020/04/12 (Sun) 09:19 | EDIT | REPLY |   
OOKEN  
asiair

asiairのproではありませんが、私は、asiairが不良品で返却してしまったのですが、星友のtakaさんは、選択するドライバ?をsynscanβに変更したら、凄く安定するようになりました。試して見て下さい。

2020/04/12 (Sun) 09:27 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To OOKENさん

こんにちは。
毎度コメントありがとうございます^^
ゴールデン飼われてたんですね!うち子は超やんちゃで、散歩が大変な日課になっていますσ^_^;
今年の夏は、星見キャンプに同伴させようと思います。
ASIAIRですが、今回はガイドの設定が決まらずに諦めてしまいました。
synscanβですか、次回試してみます。
ありがとうございました^^

2020/04/12 (Sun) 17:37 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^