FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

アリクイ星雲 みなみのかんむり座

タカsi

タカsi

とうとう梅雨明けの宣言が各地で出てきましたね!
例年になく長い梅雨空が続いていましたが、昨夜は月が明るいものの天気が良かったので、久しぶりに望遠鏡を出してみました。
夜半前には、夏の対象が次々と南中を超えて行き、後半はもう秋の夜空が上がってきます。
次の新月期、コロナの影響で遠征も微妙な雰囲気になってきました。。

ネオワイズ彗星も段々小さく暗くなっていき、自宅から何度かトライするも、何故かいつも北西方面に居座る雲に邪魔されて、その姿を確認することはできませんでした。
また次の新月期に、400mm前後の望遠鏡で狙ってみようと思います^^

さて、弾丸石垣遠征から1週間が過ぎました。
22時過ぎに彗星が西に沈んでから、さあ、何しよう、何撮ろう??
天頂付近から南の空を見ると、満天の星空が広がっています。
実は、ネオワイズ彗星を撮影している傍らで、やたらと高度の高いさそり座~いて座付近が気になって仕方なく、双眼鏡で散策していました。
持参した双眼鏡はSVBONYのSV39という8x42のダハプリズムで、8000円弱!と大変リーズナブルですが、よく見えるんです^^
石垣のSQM22の空をこの双眼鏡で見ていると、双眼鏡のクラスが2ランク上がったような見え味になります。空の暗さって、偉大なんですねぇ~。
さてさて、持参した撮影機材で何撮ろう??
メッセンジャーで実況中継していたぴんたんさんから、「南国行ったらやっぱり、みなみのかんむり座でしょう~」というアドバイスを頂いたのですが、、南の冠座?と首を傾けながらGoToします^^;

2020/7/24 アリクイ星雲 みなみのかんむり座 石垣島北端
SQM: 22.0  標高36m 気温29℃ 湿度70%
架台:SXD2 APTによる撮影制御
ガイド:ノータッチガイド
撮影鏡筒:Canon EF70-200mm F2.8 L IS Ⅱ(200mm F2.8)
撮影カメラ:ASI 2400MC PRO (冷却-10℃)
フィルター:無し
露出:gain158 120s x 33
SKY Flat x30  Dark x30 Bias x100
ステライメージ8にてコンポジット  PSCCにて強調処理

crown EF200mm 2400MC gain158 120s c13 DGM starnet denoise _ cloudy c20

撮影時には分からなかったのですが、画面左上に分子雲がモクモクしている!
なんとか目を凝らして見ると、「アリクイ星雲」というらしいです。
400mmくらいの望遠鏡で、気合いを入れて撮りたいところですが、今回はズームレンズのテレ端開放という、周辺星像には厳しい条件だったのと、後半は薄雲の影響で星がにじんでしまい、実際に処理に使えたのは13コマでした。(後半の20コマはブレンド比率を下げて合成しています)

全部を普通にコンポジットしてしまうと、、
crown EF200mm 2400MC gain158 120s c13 DGM starnet denoise cloudy比較明
薄雲ソフトフィルター効果で、みなみのかんむり座の配列がよく分かります^^

並列同架で同時に撮影していたのは、眼視でも濃い星の密集がよく分かった天の川でした。
milky way 6DN tamron 20mm F4 iso3200 120s c35 DGM camera raw2

撮影鏡筒:Tamron SP 15-30mm F2.8 (20mm F4)
撮影カメラ:EOS6D (HKIR)
フィルター:無し
露出:iso3200 120s x 35
LED Flat x30  Dark x30 Bias x100
ステライメージ8にてコンポジット  PSCCにて強調処理

こんな広角で、天の川をしっかり撮影したのは初めてかもしれません(^-^;
木星と土星が一際輝きを放っていますね。
左下の低空に「みなみのかんむり座」がしっかり写っています^^
広角のカメラレンズで天の川周辺を景色と一緒に写し込む星景写真、なんだか楽しそうです♪
関連記事

Comments 16

There are no comments yet.
たっくん  

アリクイ星雲、初めて見ました。
確かにアリクイ。南ならではの対象ですね。青い馬星雲を初めて見た時より直ぐにアリクイってわかりましたよ。
天の川の写真に写っている天の川以外の星の多さに驚きです。天の川以外に星ってこんなにありましたか?空気が綺麗だからでしょうか。
いや〜、こんな空に出会ってみたいです。

2020/08/02 (Sun) 13:58 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To たっくんさん

こんにちは。
早速のコメント有り難うございます^^
私も初めてのご対面で、アリクイって何じゃそりゃ?って、思いましたが、分子雲をしっかり引き出されている作品を見ると、なかなか魅力的な変態領域ではないでしょうか!
名前の通り南天低い対象なので、普段はなかなか撮ろうと思いませんよね^^;
他にも聴き慣れない星座が多くて、南国の星見も楽しそうです。
広角での撮影は、ほとんど経験ないのですが、光害地だと被りの処理が超大変なんだろうなぁ、と思いながら、サクサク仕上げていきました笑
こういう写りは暗い空ならではですよね!

2020/08/02 (Sun) 14:26 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、こんにちは。
夜空に浮かぶアリクイ星雲見応えありますね!
私も知らない星雲だったので凄く新鮮で美しいですね(╹◡╹)
天高くそびえ立つ天の川も素晴らしい写りですね!(◎_◎;)
ネオワイズ彗星と南天の星々とても良い思い出となった事でしょう(^ν^)

2020/08/02 (Sun) 15:07 | EDIT | REPLY |   
マルさん  

みなみのかんむり座は石垣島でもそんなに高度は上がらないと思うのですが、カブリもなくきれいですね。
自分もNIKONの70-200 F/2.8で撮ることがありますが、周辺像はかなり乱れます。
ここまできれいな周辺像が撮れるのは素晴らしいですね。
雲の通過はともかくとして、空も良さそうですね。

8138

2020/08/02 (Sun) 16:20 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
アリクイ、、確かに聞き慣れませんね~(^-^;
夏だ!天の川だ!みなみのかんむり座だ!!とは、ならないですよね(笑)
撮ってみると、背景は微恒星だらけで、それこそ最初の段階では???でした。
天の川は濃淡が凄くて、どう処理したらいいのかよく分かりませんでした。
広角レンズは難しいですね~。。

2020/08/02 (Sun) 17:01 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To マルさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
薄雲交じりで、当初はムラムラのカブリだらけでした(^^;
少しの雲で、なんでこんなに色ムラが出るのかわかりませんが、相当ブラシを使ったと思います(笑)
遠征パック、持っていくレンズは相当悩みました。
ズームレンズは便利ですが、手動でピントリングを回して合わすのが超絶難しいのと、冷却CMOSだと絞りのコントロールが出来ないので躊躇しましたが、今回は利便性で選びました^^
雲は仕方ないのですが、バックの漆黒の星空は素晴らしかったです^^

2020/08/02 (Sun) 17:08 | EDIT | REPLY |   
夕焼け熊五郎  

「タカsiさん」こんにちは。
矢張り石垣島、天の川が凄い綺麗ですね星の数も半端ない、いやぁーチャンスあれば行って見たい、、、無理だな!!

2020/08/02 (Sun) 18:41 | EDIT | REPLY |   
みお  

こういう時間ないときのカラーカメラと明るいレンズの組み合わせは便利ですね
モノクロだと3色を1週する間に雲の襲来やらでウギャーするので
沖縄県民はこんな空を使えるなんてズルいぞ

私はニコン党なので中途半端に新しいレンズだと最大絞りのF22をくらうので困った困ったです。

2020/08/02 (Sun) 20:22 | EDIT | REPLY |   
ゴットハンド  

石垣島にいってたんですね。
一度は撮ってみたいNGC6726お見事!
南国でしか撮れないこの天体、失敗は許されませんからね。見事にゲットおめでとうございます。
この天体、英語でCorona Australis Nebulaっていうらしいです。グーグル翻訳だとコロナオーストラリス星雲だそうですが、地上のコロナとちがい、お空のコロナは美しいですね。
ようやく梅雨明け、撮影のイロハをすっかり忘れてしまいましたが、お互い変態アクセル全開でガッツリ撮りましょう!\(^o^)/

2020/08/02 (Sun) 20:52 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To 夕焼け熊五郎さん

こんばんは。
コメント有り難うございます。
いつもは熊五郎さんの天の川に癒されていましたが、今回は自分でも撮ってみました〜。
地上の景色をどれくらい入れるかとか、良くわからないまま撮影してしまいましたが、暗い空のおかげで結果オーライでしょうか^^
確かに双眼鏡を覗いて、視野に広がる星の数は半端なかったです。すさみの1.5倍くらい見えたかもしれません( ̄▽ ̄)

2020/08/02 (Sun) 23:30 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To みおさん

こんばんは。
コメント有り難うございます。
当夜はいつ積乱雲がこっちにやってくるかドキドキしながらの撮影でしたので、カラーカメラで正解でした笑
沖縄方面は島の外れに行くと抜群に暗い空が待っているようですが、標高が稼げないので低空は水蒸気の影響でなかなかスッキリしないと聞いたことがあります。
そう考えると、実は奈良の山がベストバランスなのかもしれませんね!
冷却CMOSにカメラレンズを付ける場合、フォーサーズまでのカメラにはアストロメカニクスのASCOMレンズコントローラーを使っています。
https://astromechanics.org/
ニコン用があるのかは分かりませんが、こういうアダプターだとピント微動と絞りのコントロールをASCOMで制御できるので便利です。

2020/08/02 (Sun) 23:37 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ゴットハンドさん

こんばんは。
お久しぶりでございます^^
ええ。房総半島か石垣島か迷って、島にしました!
アリクイ星雲はNGC6726というんですね(°_°)
ググってみると、出るわ出るわ、変態級の海外勢の作品が、。
本州では高度が低いので、よほどチャンスがないと難しいですね〜。。
今回は教えていただいて、棚ぼた的に撮影できましたが、これを狙うなら素直に南半球に行った方が良さそうです^^
長らく梅雨のシーズンが続きましたが、おかげで変態級の撮影対象がいくつかリストアップできました笑
秋の対象、ガッツリいきたいですね!!

2020/08/02 (Sun) 23:44 | EDIT | REPLY |   
Orca  

こんにちは。
石垣島まで行くと、この辺りでは、低空で、撮影の難しい
天体が、かなり高くなるので、面白い対象が、沢山
ありますよね。
また、周りに明るい物が、ないので、空が、暗いのも
いいですよね。空が、暗いと広角での撮影が、楽しい
ですよね。

2020/08/03 (Mon) 01:25 | EDIT | REPLY |   
おりおん  

おはようございます(^^)/
みなみのかんむり座、アリクイ星雲ですかっ!!
アリクイ星雲って、ぎょしゃ座だけかと思ってましたけど、たしかにこの姿はアリクイです。
う~ん・・・これは知りませんでしたよ。
いろいろ調べてみると、反射星雲NGC6726、6727、6729、IC4812って、青い反射星雲に薄いピンクもあってかなり綺麗じゃないですか。
中望遠で、星座と分子雲。望遠鏡で反射星雲と球状星団が狙えますね。
これは食指が動きます。けどやっぱ低いですね。
大塔ではかなり厳しいですかね~。

2020/08/03 (Mon) 10:07 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To Orcaさん

こんにちは。
コメント有り難うございます。
石垣島の南部や空港近くは明かりが強いので、北端まで逃げてくると一気に暗くなるみたいです。
標高はないですが、海辺の暗い不気味な雰囲気はちょっと怖くなるくらいでした。
さそり座が見上げる高度になっていたのが印象的でしたが、やはり極低空は湿度が高く雲が邪魔して良く見えませんでした。
ほぼ光害がない場所で、全周魚眼で天の川を撮ってみたいですね^^

2020/08/03 (Mon) 12:29 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To おりおんさん

こんにちは。
コメント有り難うございます。
たしかに、ぎょしゃ座にも居ましたね、アリクイ。
この変態対象、周参見にて限られたタイミングで激写!というのが、来年の目標です^^
800mmだと、それこそアリクイの目の部分がクローズアップされて、すごい画になりそうな〜♪
来年は仲良く筒を並べてアリクイ祭りで倍返しですね!

2020/08/03 (Mon) 12:33 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^