FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

月夜のナローバンドのススメ chromaフィルターテスト

タカsi

タカsi

昨夜は梅雨明け後の久しぶりの晴れ間が期待できそうなので、23時頃まで薄雲交じりの空を眺めていました。
南の空には満月・木星・土星が分かりやすく並んでいます。
あまりにも明るい空と、薄雲交じりのスッキリしない空、各予報もバラバラで、雨雲が迫ってきても嫌だなぁ。
ビールを呑みながら、暫く葛藤していました。「機材を出そうか、どうしよう、、。」
そうだった、悩んだらGo!です^^
実はchromaのフィルターを購入してから、しっかり検証するチャンスが無かったので、せっかくの晴れ間に月夜なので、テスト撮影には丁度良かったかもしれません。

2020/8/3 ic1396付近
光害指数 : 兵庫県西宮市 自宅 SQM18.39 標高13m 
架台:EQ8R APTにて撮影
ガイド:ASI120MM-mini オフアキ PHD2ガイド
撮影鏡筒:ε-130D
撮影カメラ:ASI 6200MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:chroma Ha,O3 5nm
露出:gain100 300s Ha x 12 , O3 x 9
skyflat x各10 bios x100
SI8にてコンポジット PSCC2018にて強調処理 トリミング有り

20200803 ic1396 自宅 E-130D 6200MM1 gain100 300s AOO

流石にO3の写りが悪すぎて四隅をカットしました^^;
この状態で無理にノイズ処理をすると、微恒星の具合がおかしくなるので、あえてザラザラで晒しておきます。

今回のテストは、
IMG_8493 (2)IMG_8494 (2)
こちらのフィルターですね。
クロマはこの梅雨の時期に、変態天文屋さんの間に急速に広まった感じがしますが、実写レビューはまだ見たことが無いんですよね。
という事で、5nmの枠付き2”フィルターですが、簡単に検証してみました。
なぜケラレ覚悟の2”フィルターにしたかというと、ナローバンドフィルターはRASAのドロップインフィルターにも使いたかった為です。
RASA8で使っていたバーダーの2”のO3(ハイスピードタイプ)では、輝星の周りに盛大にハロが出てしまい、処理するのが大変でした。
AstrodonでO3のゴースト問題は解決するだろうと目論んでいたのですが、世界的に品薄状態が続いているので、代替品としてクロマに矢が当たったというわけです。

スクリーンショット 2020-08-04_2
フラットを撮ると、フィルター枠でしっかりケラレている様子が良く分かります。

そこで、Ha画像をフラット処理すると、
20200803 ic1396 自宅 E-130D 6200MM1 gain100 300s Ha c12 DG
あまり目立たなくなりますね。
これくらいのケラレだと、実用上は問題ないと判断しました。

肝心の輝星(ガーネットスター)のゴーストですが、
スクリーンショット 2020-08-04_1
左がHa、右がO3になりますが、ハロはそんなに目立ちませんね!
ガーネットスター周辺に銀河の腕のような波紋が出ているのは何でしょう??
もしかしたら、斜鏡の圧迫の影響が出ているのでしょうか。。光軸調整やり直しですね。

また、フィルター毎のピント移動についてですが、今回のテストではフィルターチェンジの際にピントの調整をしていません。
S2も数枚撮影したのですが、同じようにピントの大きな移動は見られませんでした。
もしかすると、気温変化は別として、フィルター毎のピント調整が省けるとしたら、撮影にはとても有り難いことです。

というわけで、鳴り物入りで揃えたクロマフィルターでしたが、今のところ問題なさそうで一安心です♪
(あくまで個人の感想です)
関連記事

Comments 12

There are no comments yet.
マルさん  

月夜のIC1396、なかなか良いですね。
Astrodonのフィルターですが、知っている人の何人かが入荷待ちだと言ってました。
なかなか市場に出てこないらしいですね。
コロナの影響もあるのでしょうか。
クロマのフィルター、良さそうですね。
輝星の周りのモアレ模様みたいなものはコンポジットしても残るのでしょうか。
作品ではそれらしきは見られませんでしたが。
入荷待ちといえば、某社さんに赤道儀のオーバーホールをお願いしているのですが、待ち行列に入ってすでに半年。まさかと思うけど忘れられた??
確認メールを入れてみたほうがよさそうですね。

2020/08/04 (Tue) 11:59 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、こんにちは。
月夜でもIC1396中々よく写ってますね!
クロマフィルター問題無さそうで良かったですね(^ν^)
梅雨明けしましたので次期新月期が本当に楽しみになって来ましたね(╹◡╹)

2020/08/04 (Tue) 12:59 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To マルさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
昨夜は飛び切り満月が明るかったので、できるだけ離隔が確保できる対象、IC1396を選びました^^
象の鼻付近はコントラストも高くてHaの写りが良いですよね。
流石にO3はカブリまくりでどうしようもない画像を量産してしまいました、。
Astrodonはどうなんでしょう?私の場合はOPTに発注して半年後に、いきなり送付されて驚きましたが、コロナの影響もあるのでしょうか、ラインナップのステータスが概ね完売になっているのが気になります。
chromaは同じナローバンドを比較しても、Astrodonよりは数段お得です。これで性能差が無ければ、chromaも選択肢の一つとして大きく躍進すると思います。
上のモアレ模様ですが、コンポジットした画像にも出ているので気になりますが、強調した画ではわからなくなる程度なので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。
某社さんのメンテナンス待ち、こればっかりはどうしようもないですね。。
本当に手が足りないという話も聞きますが、納期1年以上というのもよく聞くのでメイン機材の場合はたまったものじゃないですね。
納期は確認されたほうがいいかもしれませんね。

2020/08/04 (Tue) 15:56 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
毎度コメントありがとうございます。
ic1396は明るい空でもHaはバッチリ写りますよ~^^
と言っても、月夜のナローバンド(Haに限る)のススメに変更したほうがいいかもしれないほど、O3は月明かりと光害の影響が大です。。
次の新月期にスカッと晴れてくれることを祈ります!

2020/08/04 (Tue) 16:01 | EDIT | REPLY |   
みお  

フィルターの品薄はかなり問題ですね。
Baaderはセルがないと言っているようです。昨年の10月から(笑)
普通の企業なら信頼0で顧客いなくなるでしょうが、狭い世界なのでこれで成り立つんでしょうね。
にしてもそろそろ夏から冬とナローバンドが仕事する時期なのに揃えられないのは辛いです。
光害カットフィルターとRGBカラーを2枚重ねて撮影できたら問題は月明かりだけになるんですけどね。上手くいかないですよねー

もうちょとお天気もスッキリして欲しい今日この頃です。

2020/08/04 (Tue) 17:43 | EDIT | REPLY |   
OOKEN  
量産開始?

タカsiさん、量産開始ですね、黒魔フィルターデビューおめでとうございます。
最近はカワセミ撮影にはまっているのですが、そろそろ、天体撮影のリハビリを開始します。

2020/08/04 (Tue) 20:49 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To みおさん

こんばんは。
毎度コメントありがとうございます。
バーダーも品薄なんですね、。
去年の夏ごろは、まだバーダーも直販をやっていて、オーダーから1週間も経たずにナローバンドフィルターが届いていたように記憶しています。
流石に納期半年以上とか、普通の工業製品では特殊な部類に違いないですね(^^;
納期待ちはO3でした?要のフィルターが届かないと困りますね、。
その点、今回のクロマは超特急だったと思います。
もしかしたら、販売店によっては在庫を潤沢に確保しているかもしれませんね。
来週くらいから本格的に撮影再開したいものです^^

2020/08/04 (Tue) 22:09 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To OOKENさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
鳥撮りもされるんですね!
私も一時期、カワセミやヤマセミのホバリングに魅了されて、追っかけていた時がありました^^
捕食の瞬間とか上手く捉えると、ガッツポーズですね!
梅雨も明けて、そろそろ晴れ間の夜空にカメラを向けることができますよ!
天体も再開ですね~♪

2020/08/04 (Tue) 22:13 | EDIT | REPLY |   
UTO  

波紋はちょっと謎ですが、Chormaのフィルタは仕事で使ったことがありますが、品質は高いのでオススメです。
(あとはオメガですが・・たぶん、たぶん、さらに高かったかと・・ https://www.optoscience.com/maker/omega/
アストロ丼ですが、自分のお借りしているφ31.7mmのEシリーズのBとGフィルタはゴーストが出ます。Hα、OⅢは出ませんが・・
でも色は綺麗で赤外感度高いセンサとのマッチングはベストですね。IDASでもST10XMEと組み合わせると色は悩み増す・・。
使ってる用途と見ている部分が違うので一概には言えませんが、品質が高いかと言われると・・(?_?)

RGBフィルタは一時期のIDASの製品がゴーストレスを唱っていたと思います(多分、ディスコン)
自分の旧Type2&3LRGBでもゴーストは出た覚えがないです(特性もありますが、フィルタコーティングの差かもしれません)
NB2&NB3-PMでも、まだあまり撮ってませんがフィルタ併用する割に(別途IRCが必要)ゴーストが出なかったので、個人的にはかなり気に入って使ってます。
アストロ丼に比べて評価が低いのは、なんでだろう・・?と残念な気がします。
直接的なSAOフィルタは無いと思いますし、現在は、LRGBフィルタもないかもしれませんが・・。
個人的には一番使い勝手が良いので愛用しております。

2020/08/04 (Tue) 23:39 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To UTOさん

こんにちは。
コメントありがとうございます^^
クロマ良さそうですね。ひとまずゴーストの出方がかなり緩やかなので、一安心です。
あとは、各フィルター毎の色分離がASTRODONとどう違うか、またの機会に検証してみようと思います。
使う鏡筒とのマッチングによっても、ゴーストの影響は変わってくるのかもしれませんね。
RASAのような明るい鏡筒だと、本来の性能が出せないという注意書きを見た覚えがあります、。
バーダーのLフィルターや旧ZWOナローフィルターではゴーストに悩まされてきたので、スッキリ解決したいところです(^^;
メーカーによって厚みや特性がまちまちなので、フィルター選びって、奥が深いですね、まったく。。

2020/08/05 (Wed) 13:05 | EDIT | REPLY |   
Orca  

ASTRODONは、中国系資本が、入ってからおかしくなって
技術者が、辞めたとか独立したで、生産が、滞っていると
聞いたことがあります。なので、今のところASTRODONは、
期待しない方が、よいかもしれません。
ゴーストについては、センサーの前にフィルターがある以上
物理的にガラスとガラス表面に透過層があるためどのような
フィルターを使ってもゴーストが、出ることは避けられません。
ことにナローバンドは、特定の波長を小さな半値幅で、透過
されるので、さらにゴーストの出る割合は、高くなります。
また、使う光学系のレンズ構成やフィルターとレンズとの
距離でも変わりますし、星の放つ光の波長などでも変わります。
F値の小さな光学系で、半値幅の小さなナローバンドフィルターを
使うとフィルター面に入射する光の角度が、鋭角になるので、
ゴーストが出やすくなるので、S/N比は、落ちますが、半値幅が、
10nm以上のナローバンドフィルターを使うとゴーストを低減
できます。しかし、RASAのような光学系には、同じかもしれません。
あと、ナローバンドでは、透過させる半値幅が小さくなるので
光が、レーザーと同じ性質を持つようになるので、反射すると
反射した鏡の表面の凹凸が、出る可能性が、あります。
写真の楕円の同心円は、もしかすると斜鏡表面のガラス面の
凹凸かもしれませんね。
長々と書いてすみません。

2020/08/06 (Thu) 13:16 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To Orcaさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
astrodonの不安定な供給には、ちょっと驚きですね。
今回注文していた36mmのナローフィルターですが、納期半年だったら早い方だったのかもしれませんね、。
仰るように、ゴーストに関しては組み合わせる光学系とフィルター位置によっても結果が変わってくると思いますが、やっぱり安定のAstrodonなんでしょうね。
天丼でゴーストが目立つなら諦めろ、と言わんばかりのプライスタグです(笑)
クロマが2割ほど安く設定されているので、これで性能差が無ければchromaに人気が移るかもしれませんね。
波状の模様ですが、かなり鮮明に写っているので、斜鏡が模様として現れているのでしょうか。
そうだとすると、斜めなのでどちらにしても宜しくないですよね^^;
もう少し光軸調整やってみます。

2020/08/06 (Thu) 17:28 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^