FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

赤猫がやってきた! サドル付近

タカsi

タカsi

連日猛暑が続いています。
日中は40℃に迫るような高温で、夜も寝苦しい熱帯夜、。
これでは夜間の撮影も辛いです。
お盆休みの真っ只中、やっと梅雨空から解放されたかのような、すっきり晴れる予報になってきました。
この夜はまだ月出が1時過ぎという事なので、できるだけ近場の撮影地に行くことにしました。
現地では半年以上ぶりのkiriさんがセッティングの最中でした。
翌日からは家族サービスの「灼熱キャンプ」が控えているので、今回は機材少なめでシンプルな設置、素早い撤収を目標とします^^

肝心の空は、ほとんど雲が無くシーイングも良さそうです。濃い天の川がしっかり堪能できました。
「この空は期待できるなぁ」と、高度の高くなってきた白鳥座にぎゅい〜んとGoToします。
5月にもサドル付近は撮影したのですが、もう少しワイドな画角でクレセント星雲や天の川の星々を一緒にフレーミングしてみたかったのです。

2020/8/14 はくちょう座 サドル付近
SQM: 21.48  標高360m 奈良県 吉野郡 気温23℃ 湿度90%
架台:EQ6R APTによる撮影制御
ガイド:QHY 5L2M PHD2ガイド
撮影鏡筒:RedCat51 x Twin  FL250mm F4.9
撮影カメラ1:ASI 2400MM PRO (冷却-10℃)
撮影カメラ2:EOS6D(HKIR)
フィルター:baader planetarium L
露出1: gain158 240s x 55
露出2: iso1600 240s x 54 (総露光436分)
LED Flat x各50  Dark x15 Bias x100
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PSCCにて強調処理 トリミング

saddle redcat51 2400MC _ EOS6D starnet (1)

ピクセルピッチ5.94ミクロンのセンサーと、RedCat51のマッチングが良いのではないかと、試験的に撮影したのですが、結果は周辺まで良好な結像を見せてくれました。
微恒星の小さい写り方は、FSQに負けていないような気もします。

トリミングなしのフルサイズ画像はこちら。

saddle redcat51 2400MC _ EOS6D starnet

画面右側の微恒星ビッシリ領域は、画像処理も少してこずりました^^;
はくちょう座の特にこのエリアは双眼鏡で眺めると最高に綺麗ですよね!
強拡大しても、フルサイズ四隅までほぼほぼしっかり結像している性能に、正直驚きました。

IMG_8646.jpg
届いた赤猫に灰色猫が混じっています^^

IMG_8651.jpg
ツイン同架プレートは、サンニッパトリプルを解体して流用することにします。
軽量な筒には大袈裟すぎるプレートですが、ツインの写野をしっかり揃えることができるので、重宝しています。また250mmだと、鏡筒を再セッティングした際の再現性にはほとんど問題ありませんでした。(バラして運搬できます♪)
F4.9と決して明るいレンズではないですが、しっかり露光をかけてやることで、驚くほどシャープな画像&ワイドな写野を楽しませてくれるような印象を受けました。
RedCat51は発売からいろんな方のレビューを拝見していましたが、総じて良い評価が占めていて、今回撮影してみて改めて人気の理由がわかりました。
今後もいいお供として活躍してくれそうです♪
関連記事

Comments 12

There are no comments yet.
Orca  

こんにちは。
同じ日に私も赤猫のファーストライトに行ってました。
赤猫は、小さいですが、FSQと同じペッツバール型の
光学系なので、像は、国内メーカーの同じクラスの
望遠鏡よりも良いと思います。
赤猫は、コンパクトで、必要な物が、一式揃っていると、
焦点距離が、250㎜なので、望遠鏡というよりは、望遠
レンズ感覚で使えるのが、いいですね。

2020/08/18 (Tue) 00:56 | EDIT | REPLY |   
夕焼け熊五郎  

「タカsiさん」おはようございます。
何時もサドル付近、構図のど真ん中、入れてもクレセントまでですが、こんな風に撮ると微恒星が凄いですね。
また撮って見たいです。

2020/08/18 (Tue) 06:15 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、おはようございます。
Red Cat51二本は圧巻ですね!(◎_◎;)
きりりと引き締まった星々が美しいですね!
H II領域もごく自然な写りが堪りません。
私も白猫を持っているので撮って見ようかと思いました(╹◡╹)

2020/08/18 (Tue) 07:43 | EDIT | REPLY |   
みお  

ま…また買ってる…(;^ω^)まさか灰色のスペースキャッツまで…
私も欲しいなぁって思っているんですが、何せ軽すぎてバランス取るのが面倒で進まないんですよね。
サンニッパ3本から赤猫2本だと寂しいので、RGBHaO2S2Lの7本同時撮影できるようにあと5本揃えましょう!
写真は自然な色でやっぱりカラーはいいなぁ…オレンジ色と青色ではっきり色合い判るのですごい綺麗にみえます。
そろそろ秋とか冬らしいですよ!夏は全然撮ってないぞ!!もっと夏が続k…暑いので秋に早くなってほしいです。

2020/08/18 (Tue) 09:32 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To Orcaさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
赤猫良く写ります!
噂通り、フルサイズ四隅まできっちり結像している画像を見ると、ミニFSQのような感じを受けました。
コンパクトな望遠レンズなので、ラズパイやASIAIR等と組み合わせて、シンプルコンパクトなシステムで完結させても良さそうですね^^

2020/08/18 (Tue) 14:42 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To 夕焼け熊五郎さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
サドル右側の微恒星ビッシリ領域、確かにわざわざ微恒星だらけの領域を入れる構図は少ないかもしれませんね^^;
こうやってみると、はくちょう座が天の川付近だという事が良く分かりました。
夜半前には天頂高く昇っているはくちょう座の星雲たち、まだまだ撮り頃ですね!!

2020/08/18 (Tue) 14:46 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
ひろたろうさんは白猫をお持ちでしたね!
暫くみなさんのレビューを眺めておりましたが、使い勝手の良さとコストパフォーマンスの高さに屈服してしまいました(笑)
このような素晴らしい結像性能を誇るレンズは、是非微恒星だらけの領域で画面の隅々まで星を写したいですね^^

2020/08/18 (Tue) 14:49 | EDIT | REPLY |   
OOKEN  
おおお!

おおお!今度はRedcatツインですか?
タカsiさんの、何でも試したい病発動ですね?
サンニッパと比べてどうですか?

2020/08/18 (Tue) 23:45 | EDIT | REPLY |   
ハチベエ  

タカsiさん、こんにちは(^^)/

赤猫ツインズですとΣ( ̄□ ̄|||)
あれ?写真ではトリプルキャッツに。。。
3匹目は猫じゃらし追尾機能搭載ですね?って、違うか(^^;
しかし、ツインで撮ると露光時間も相まってすごい画像出してきますね(*´ω`*)
赤猫くんの性能を遺憾なく発揮するタカsiさんに脱帽です(>_<)
ただ、右側の微光星軍団は僕ならちょっと敬遠してしまいそうです。。。

2020/08/19 (Wed) 11:07 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To OOKENさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
サンニッパのツインもフルサイズ四隅まできれいに結像するのですが、口径食や星割れ現象、フォーカス微動等において、RedCat51が使い勝手良いと感じました。
何より軽量・コンパクトが大きな魅力です。
眼視にも使えるということですので、EOSマウント→アイピースアダプターを取り付けて、覗いてみようと思います^^

2020/08/19 (Wed) 17:29 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To ハチベエさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
灰色猫はいつもホワイトバランスを合わせるためのグレースケールとして使用しているので、今回もその役目かと勘違いして近寄ってきたわけです(嘘
赤猫噂通り、良く写りますね~。
昨夜も一晩活躍してもらいましたが、ガイド鏡が乗っかる鏡筒バンドや、カメラ荷重を意識しなくていいフォーカス駆動、温度変化に鈍感なピント面など、今のところすこぶる評判がいいです♪
これを機に、機材のスリム化を断行していこうかなぁ、、なんちゃって(^^;

2020/08/19 (Wed) 17:43 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To みおさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
返信が上手く反映出来ていなかったようです、。
赤猫はこれ以上増えませんよ〜笑
コンセプトは軽量コンパクト高性能ですから!!
星の具合もいいですし、ハロの出方も大きな癖は無いと感じます。
そうです、これはナローよりもブロードバンドカラーでジャンジャン使い倒したいですね〜^^

2020/08/19 (Wed) 19:51 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^