FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

奥が深いよ!パックマン星雲 NGC281

タカsi

タカsi

なかなか天気が安定せず、まだしばらくの間は秋晴れが期待できそうにありません。
そんな中、9/14は昼夜よく晴れるとの予報が出ていました。
こ、これは、、。次の4連休の天気は怪しいし、。
ということで、Kiriさんと篠山まで近征することにしました。

18時前に現地に到着すると、既に20度前後まで気温が下がっていて、半袖では寒いくらいでした。
もう空気は秋になっていたように思います。肝心の空ですが、低空に雲がかかっていたものの、朝まで概ね快晴で撮影することができました。
今回の撮影には色々トラブルが起こってしまい、慌ただしい夜でした~_~;
撮影対象は紆余曲折あり、パックマン星雲をR/G/B/Ha/O3/S2の6種類、全フィルターで撮り切ることにしました。

2020/9/14 カシオペア座 NGC281 パックマン星雲  RGB合成+SAO合成
SQM: 21.46  兵庫県 気温14℃ 湿度95%
架台:EQ6R APTにて撮影
ガイド:ASI120MM-mini +120mm PHD2ガイド
撮影鏡筒:R200SS コレクターPH FL760mm F3.8
撮影カメラ:ASI 1600MM PRO (ワケアリ冷却-1℃)
フィルター:baader planetarium RGB,Ha,O3,S2
露出:gain300 300s Ha x12 ,O3 x14 ,S2 x12 ,R x4 ,G x4 ,B x7
 (総露光時間 265分)
LED Flat x各30  Dark x15 Bias x100
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PSCCにて強調処理

NGC281 HaRGB_SAO 50

だ、だれですか!パックマン星雲はツマラナイなんて言った人は(笑)
確かにブロードバンドカラーで撮影して処理すると、全体に赤っぽく単調な仕上がりになりがちで、ツマラナイと感じてしまうのも事実です、。
でも、そこはカシオペア座領域、星々の輝きがとても美しいエリアでもあります。
今回は編隊撮影により6種類の画像データーを一気撮りし、RGBカラーとナローバンドをブレンドしました。
ナローバンドで撮影すると、横切る暗黒帯や隆起しているような星雲のウネウネがよくわかります。
まさにナローにうってつけの対象と言えるのですが、せっかくの星の色がスポイルされてはもったいないですよね。
比較的明るく大きな対象なので、6種類の素材を使ってリッチな表現が出来ることがわかりました。

NGC281 SAO RGBstar
通常の?ナローバンドSAO合成に星色をRGB置換したバージョン。
ナローバンドらしく、全体的にハデ派手な印象です。

NGC281 RGB arc DG
こちらは通常のブロードバンド処理、パックマン星雲中央のB成分が青白さを際立たせています。
荒れがちなBchは少し枚数を多めに撮影しておきました。

<9/17 画像追加>

NGC281 HaRGB tDG (1)

上のブロードバンド版のLにHaを50%煉りこんで、暗黒帯を強調しました。
一回り大きなパックマンに成長しました^^

拡大観賞派?の方はお気づきだと思うのですが、星が丸くないんです、、。
主鏡or斜鏡の圧迫か、光軸エラーか。R200SSはまだまだ調整が必要なようです。
また、EQ6Rをプレート無しで砂地の上に設置したためか、極軸が少しずつずれていたのかもしれません。後半撮影のナローバンド画像に縮緬ノイズが出てしまいました~_~;

IMG_8729.jpg
当夜は湿度が高く、気温も14度近くまで下がった為か、久しぶりに夜露まみれで機材がずぶ濡れになってしまいました。
同時に撮影していたミューロン君もASI 1600MMproで同じ事態に、、湿度が高すぎた為かウィンドウ表面が凍結してしまいました。
仕方なく、カメラを外してブロワーで凍結した部分を温め、冷却温度を0℃に上げて仕切り直しました。。
Kiriさんも「まさか⁉︎」の主鏡を曇らせてしまったみたいで、、夜露に悩まされっぱなしの撮影になりました。
遠征でナローバンドを撮影する機会は少ないのですが、もともと光害カブリに強いナロー、暗い撮影地ではやたらと良く写って光害カブリも殆ど感じません。
光害地での撮影と違って、短時間でS/Nがグングン上がってくるのは気持ちいいもんです♪
二年前にナローバンドをやり始めた頃に比べると、パックマンも正常進化したんだと思います^^

今後もしばらくは夜露や凍結に気をつけないといけない時期が続くので、対策をバッチリしておこうと思います、。
関連記事

Comments 16

There are no comments yet.
みお  

14日はこちらもスカッと晴れて久々にしっかり撮影しました。
3ヶ月ぶり?(笑)
ですが見事にレンズが結露して、あぁそういう時期かって思いましたね。
処理すると、綺麗な円状の変なかぶりが...

パックマンはデジカメ撮影したことありますが、見事に真っ赤ですね。
なるほどナローならカラフルなのか。

2020/09/16 (Wed) 19:16 | EDIT | REPLY |   
ベルスター  

タカsiさんこんにちは...
パックマン星雲ってこんなでしたっけ?
最後のブロードバンド処理を見るまで疑ってました・・・(^.^)
デジカメでしか撮影したことの無い私には驚きです。
パックマンの口の部分って暗黒帯だったんですね( ゚Д゚)
それにしても、星雲の細部まではっきり表現できていて素晴らしい一枚ですね。

2020/09/16 (Wed) 19:48 | EDIT | REPLY |   
OOKEN  
綺麗です

ナローとブロードバンドのブレンドのパックマン、とても美しいです。私もパックマン大好きなので、タカsiさんのブロードバンド作品をお手本に再挑戦してみます。
周辺の星色もとても素敵ですね🤣

2020/09/16 (Wed) 22:26 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To みおさん

こんばんは。
毎度コメントありがとうございます。
14日夜は概ねいい天気でしたね^^
レンズの結露もカメラの凍結も勘弁していただきたいですよね。。
天気予報に結露注意報とか欲しいくらいです。
パックマンは明るくて満月ほどの大きさなので、ナローの好対象だと思います。
SAOを3時間で撮影しているので、ナローにしては短時間露光と言えますね(^^;

2020/09/16 (Wed) 23:42 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ベルスターさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
そうなんです。パックマンの口は放射状に広がりを見せる暗黒帯なんです。
暗黒帯の構造がはっきりするのは、やっぱりSAO合成ですね^^
最近流行りのQBPフィルター等の「一発ナローフィルター」で撮影しても面白い対象かもしれませんね!

2020/09/16 (Wed) 23:47 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To OOKENさん

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
OOKENさんもパックマンフリークですか^^
この対象は、真っ赤に怒ったパックマンにしないように処理を進めるほうが良さそうです。
また、周囲の青や黄色の星色が綺麗なエリアだと思いますので、是非ともカラフルなパックマンを撮影してくださいね!

2020/09/16 (Wed) 23:50 | EDIT | REPLY |   
たっくん  

パックマン綺麗だ〜。
以上!!

おっと、フラット撮影のための減光に白い布使ってます?

2020/09/17 (Thu) 00:36 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To たっくんさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
パックマン、実は結構複雑な造形をしておりました^^
もっと人気が出てもいいのになぁ、なんて。。
フラット撮影には白いウエスを常に使うようにしています。
光源ムラ等を少しでも緩和してくれそうな気がしますので(^^;

2020/09/17 (Thu) 11:19 | EDIT | REPLY |   
ハチベエ  

こんにちは(^^)/
これまた素晴らしいパックマンではないですかΣ(゚Д゚)
このように色んな表現が出来るってすごいですね。
実は、60CBでツィーからパックマンを撮影してたんですが、どうにも上手く処理出来ず寝かせていました。
しかし、これを見るとお蔵入り決定になりそうです(笑)

というか、この日はやっぱり天気良かったんですね。
夜遅く帰宅するときにみた星空がタマランチでしたので後悔していたんです( ノД`)シクシク…

今週末四国カルストにおいでになるということでしたが、連休中は天気が微妙そうなので出撃しても近場の高原になるやもしれません(´;ω;`)
もし、好転したら四国カルスト付近に遠征するかもしれませんが、その時はご連絡しますね(^^)/
って、僕メルアド教えていただいてましたよね(^^;)

2020/09/17 (Thu) 12:11 | EDIT | REPLY |   
Orca  

こんにちは。
14日は、行かれたのですね。あの日は、自宅でも夜は、快晴で、透明度が、
良かったですが、そちらは、夜露が、凄かったのですね。
NGC281は、小さくて、明るい散光星雲ですが、望遠鏡で、拡大して撮影
するとブロードバンドでは、イマイチで、ナローバンドで、SAO合成すると
星雲の構造とかが、よく分かるのですよね。
ケフェウスからカシオペアにかけての対象は、こういうのが、多いですよね。

2020/09/17 (Thu) 13:14 | EDIT | REPLY |   
かずくん  

こんにちは。
美しくてカラフルなパックマンですね!
最近ナローバンドのフィルターを購入したので、是非撮影に挑戦したいとおもいます。
ちなみに星色のRGB置換はどの様にされているのでしょうか?

2020/09/17 (Thu) 16:44 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、こんばんは。
こんな美しいパックマン星雲は今までに見た事がありませんでした!(◎_◎;)
色々とご苦労があった様ですがこの素晴らしいパックマンの作品が完成して感無量ではないでしょうか(╹◡╹)

2020/09/17 (Thu) 18:30 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ハチベエさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
ツィー~パックマン星雲の画角、いいじゃないですか~!
お蔵入りは勿体ないですよ^^
確かに広写野になると、微恒星の処理とか難易度が上がるのも事実ですよね。。
14日は今年一番の夜露に見舞われましたが、空の透明度は良かったようです。
四国カルスト、天気が悩ましいんですよねぇ~~。
行けるときにはメッセージを送りますので、よろしくです^^

2020/09/18 (Fri) 00:26 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To Orcaさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
月曜日は昼間から天気が良かったですね!夜は低空の雲がウロウロしていましたが、何とか完走できました。
夜半過ぎからは一層暗くなってきて、天の川もよく見えていたと思います。
パックマン星雲は画像処理がデリケートですが、色の諧調だとか、暗黒帯等、魅力的な要素がいくつかありますね。
ナロー映えする対象ですが、一通り処理してみて、L(Ha)RGB合成が一番しっくりきます^^

2020/09/18 (Fri) 00:31 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To かずくんさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
ナローバンド撮影を始められるのですね!!
私も始めたころはHaの写りの良さに驚きました。
星色の置換方法ですが、私はまだまだ研究途中でして、うまくお伝え出来ないのですが、、
Photoshopのレイヤーマスクで星だけを選択し、入れ替えるという作業になります。
もしくは、ナローバンドとブロードバンドのレイヤーをミックスさせる方法も、場合によりますが、効果的です。
いろいろお試しください。

2020/09/18 (Fri) 00:35 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
パックマン星雲の名誉回復に少し寄与できたと思います(笑)
大きくて明るい星雲といっても、サイズ的には満月くらいで、画像の右上に広がる赤い成分は結構淡いです。
ケフェウス座に続いて、カシオペア座も星が魅力的ですね!
今度、天の川付近から離れた対象を撮影すると、一気にさみしい感じになるんでしょうね(^^;

2020/09/18 (Fri) 00:40 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^