FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

赤猫で撮った! IC348&NGC1333

タカsi

タカsi

涼しくなってきました。
台風12号が東の進路に変わって上陸の可能性がなくなったという事で、少し安心しました。
今月の新月期、待望の4連休でしたが秋雨前線がウロウロしていて天気が読めません。
週間天気予報では4連休後は暫くの間、晴れ間は期待できそうにないので、怪しい予報でしたが9/20と21の連荘で岡山県の八塔寺に遠征してきました。

20日、現地に18時頃に到着したときには既に曇天が広がっていて、23時からハレルヨ!というGPVのお告げを信じてゆっくり・まったり機材を設営していきます^^
当夜は総勢12名の星好きが集まり、曇天をいい事に天文談議に花を咲かせました。
気づくとビールがすすむ君になってしまい、、。
結局1時過ぎから撮影ができるようになったのですが、飲みすぎ注意ですね、、ピント合わせの途中でコックリ・・フレーミングの最中にコックリ・・・露光開始したつもりでコックリ・・・・
反省です(^^;

IC348 Redcat51 2400MC gain158 300s c14_sd scnr-denoise-low-light (1)(サムネイル表示用)
タイトルのIC348~NGC1333はペルセウス座からおうし座にかけて広がる対象で、昨年の秋にも執拗に撮影しましたが、写るようで写らない、淡い分子雲も入り乱れていてカラーバランスも難しい対象です。
今回はREDCAT51とピクセルサイズの相性が抜群のASI 2400MC proの組み合わせで、朝までノータッチ放置撮影~♪
の予定でしたが、子午線反転の際に画像を確認すると「全部星が流れてる~~」。そうなんです、お酒の飲みすぎは良くないですね。ケーブルが引っ掛かっていたのか、バランスが崩れていたのか、原因はよく覚えていないのですが、反転作業後は星像に問題なく撮影できていました。
という事で、飲酒のために7割以上のカットを捨てることになりましたが、なんとか仕上げてみました^^

2020/9/20 ペルセウス座分子雲 IC348~NGC1333
SQM: 21.71  岡山県 八塔寺 標高325m 最低気温14℃ 快適ドライ
架台:EQM-35pro ASIAIR pro による撮影制御
ガイド:ノータッチガイド
撮影鏡筒:RedCat51 FL250mm F4.9
撮影カメラ:ASI 2400MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:ZWO L
露出1: gain158 300s x 14(総露光70分)
LED Flat x50  Dark x15 Bias x100
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PSCCにて強調処理 トリミング

IC348 Redcat51 2400MC gain158 300s c14_sd scnr-denoise-low-light

え⁉たったの70分ですか、。
淡いよ!のまえに、足りないよ‼ですね。
流石に荒れてくる部分には、強めのノイズ処理を施しています。
そもそも250mmのノータッチガイドに5分露光はきついはずなので、シラフ状態だと2分露光で歩留まり上げていたはずなんですが。。

IMG_8739.jpg
最近の機材展開の中に、赤猫君とEQM35pro(ASIAIRpro添え)のノータッチガイドの組み合わせがマイブームです。
来年のぼちぼち遠征には、このお手軽1セットのみになっているかもしれません(^^;

その他の画像は、ぼちぼち処理していきま~す♪
関連記事

Comments 14

There are no comments yet.
夕焼け熊五郎  

「タカsiさん」こんばんは。
IC348&NGC1333 お見事ですね暗黒帯も綺麗です。八塔寺に行かれたのですねこちら大塔も30人近くの大賑わい楽しかったですよ
また御一緒させて下さい。

2020/09/24 (Thu) 18:24 | EDIT | REPLY |   
みお  

ケーブルのひっかかりは良くないですね。
幸い非力な赤道儀は止まってくれるだけですが、私は一度ケーブルを引きちぎられて焦りました。
この領域を見ると、〇リフの企画から何年経ったんだ…老けたぜ…
そして難しいことを考えなくて済むお手軽遠征を既にご予定とは…体が動くうちにもっと重労働してください。

2020/09/24 (Thu) 19:03 | EDIT | REPLY |   
OOKEN  
赤猫かわいい

酔っぱらって、ノータッチでこのグレード、素晴らしいです。お気軽撮影も楽しいですよね。小型のEQ35に乗っても、更にコンパクトで赤猫くんかわいいですね🤣

2020/09/24 (Thu) 20:03 | EDIT | REPLY |   
おりおん  

こんばんは(^^)/
おおぅ!!もうここの季節ですかっ!!
ここはほんと難しい場所ですよねぇ。それを飲みながら、そして70分での仕上げ。
ペルセウス座分子雲星人が見たら怒られますよ。
赤猫君ノータッチ。まさにシンプルイズベストですねぇ。しみじみ。。。

2020/09/24 (Thu) 21:31 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To 夕焼け熊五郎さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
ペルセウス座を撮るようになったら、どっぷり秋の気配ですね。
其方は30人ですか!!
それはすごい賑わいでしたね。どおりで電話の向こうが賑やかなハズです^^
またご一緒なりましたら、宜しくお願いします!

2020/09/24 (Thu) 23:35 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To みおさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
撮影現場でのケーブルの取り回し、いつもいい加減なので時々引っ掛かってます^^;
整線しないといけないんですが、なかなか苦手でして。。
多分、何らかの引っ張りがあったんでしょうね。
確か半年前位にこれに近い画角で特集ありましたね!
最近赤猫を使いだしてから、割と広い写野で撮ることになるので、微恒星がやたらと多くて焦ります(笑)
機材設営・撤収は重労働ですよ、。少し楽な方に舵を切ります♪

2020/09/24 (Thu) 23:43 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To OOKENさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
僅か5cmの口径でしっかり写ってくれる赤猫の描写力は凄いと思います^^
皆さん、サブ機で放置撮影されていると聞きますが、サブ機にしては出来過ぎなほど良く写ります(笑)
赤道儀もコンパクトなので、次回からは分解しないでそのまま助手席に積んで運搬しようと考えています。
秋のお供に赤猫君♪

2020/09/24 (Thu) 23:48 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To おりおんさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
スバルをしっかり撮影されていたおりおんさん!そうですおうし座分子雲の季節ですよ♪
あまりにも使えるコマが少なすぎて、去年の画像を動員しようかと一瞬思ったほどでした。。
冷却モノクロのややこしい撮影?を勧めておいてなんですが、、コンパクト・シンプルなスタンドアローン機は重宝しますね^^

2020/09/24 (Thu) 23:52 | EDIT | REPLY |   
マルさん  

70分でこれならこの倍撮ったらこのエリアが無理しなくても余すことなく表現できそうですね。
ケフェウスやペルセウスはそんな対象が多いですね。
タカsiさんの撮影スタイルとしてはサブシステムで一晩放置で正解だと思うのですが、放置の為にはいろいろケアが要りますね。
自分も、M-Genガイド+シャッター制御の放置でたびたび失敗します。
お粗末なのはJPEGだけだったとか、バーチノフ付けたままとか(^^;)
ところで・・・RedCat51はいいですね。自分はBorg55FL+Red(200mmf/3.6)に入れ込んでいてRedCatはあまり使いこんでいないのですが製品としての完成度はRedCatの方が圧倒的に高いですね。
ただ、自分のRedCatはフォーカサーが異常に渋いので微妙なピン合わせに苦労します。

2020/09/25 (Fri) 09:21 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To マルさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます^^
この対象はクローズアップだとカラーバランスにとても苦労した記憶があるので、まず広めの写野で色分布を確認したかったという目的もありました。
おっしゃる通り、赤猫のピントリングは渋くて合焦操作にはそれこそ「準 神の手」が要求されますが(笑)、気温変化に強く放置でもピント移動が少ないのが何より有難いです^^
マルさんはM-GENガイドを使用されているんですね。
私もEQM35proでガイド撮影したいのですが、実はうまくキャリブレーションができないので諦めているんですよ(^^;
放置撮影は一旦システムが固まると、あとはラクチンでいいですね♪

2020/09/25 (Fri) 09:51 | EDIT | REPLY |   
Orca  

こんにちは。
考えることは、同じですね。私も21日の夜にIC348を撮影してました。
あの日は、23時半ごろから晴れだして、0時ごろには、快晴になりましたが、
午前3時近くに曇りだして、朝まで晴れたり曇ったりで、まともに撮影
出来ませんでした。なので、まだ、画像処理してません。
しかし、20日、21日は、西か南に行くべきでした。

2020/09/25 (Fri) 12:44 | EDIT | REPLY |   
のんた  

タカsiさん、おはようございます。
赤猫51mm望遠鏡良い仕事しますね。素晴らしいです。

それにしても4台、5本もの望遠鏡で同時撮影なんて考えられません。それだけの機材をそろえられるだけでも凄いですが、それを遠征で運用できてしまうタカsiさんの気力と体力に感服します。一度の遠征で、5回分ですものね。僕もせめて2台+ポタ赤で3台運用を目指します(^^ゞ

2020/09/26 (Sat) 08:36 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To Orcaさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。
21日は西からの雲がいつ迫ってくるか、ハラハラしながらの撮影でした(笑)
IC348、やはりというか淡いですね~。
こんな不安定な天気の時に、同じ対象に筒を向けられていたとは、。
色の変化が面白い対象だと思うので、しっかりしたカラー画像が欲しいところですね^^

2020/09/26 (Sat) 10:50 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To のんたさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
赤猫君、良く写りますよ!
ナローバンドとか、極淡いのを短時間で狙うのはきついですが、250mmという使いやすい画角がとても気に入っています。
これだけの結像性能だと、1インチセンサーと組み合わせて、換算600mm砲として撮影もできますね^^
このところずっと3セット展開で遠征してきましたが、赤猫シンプル構成を1台追加しただけなので、実際のところ、あまり負担増にはなっていません^^;
上手くいくときはフル稼働で光子をジャンジャン受け取るのですが(笑)、一旦機材エラーが出ると、予定枚数の半分も撮れません。(だいたい予定通りに撮れません)
将来的にはのんたさんのように観測所で機材を広げて、、遠征とのハイブリッドが理想的じゃないかなぁと思います^^

2020/09/26 (Sat) 11:11 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^