FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

RASA11”がやってきた!

タカsi

タカsi

ic1396 c29_c19_c20_sd tDG_RGB久しぶりに機材ネタです。
淡い対象を限られた時間で写しきるのに絶大な威力を発揮するRASA8”、通称?サラッパチ君ですが、いつも組み合わせるフォーサーズセンサーだと、フルサイズ換算で約800mmの画角になります。
軽くて取り回しのしやすいラサッパチ君は、シングルで撮るのもよし、ツインシステムで撮るのもよしということで、大変有用な鏡筒だと思います。
昨年はRASA8"のツインシステムで、L/C同時撮影やAOO同時撮影などで時短をはかってきましたが、筒先にカメラを取り付けるプライムフォーカス故のセッティングの難しさがあり、見た目の破壊力は強烈ですが(笑)、ツインシステムとして常用するには大変困難を極めるものでした。
遠征地でツイン鏡筒をセッティングし、2鏡筒の光軸合わせ、カメラの回転方向の同期、光条に影響が出ないように配線を取り回す等、久しぶりの出番だったりすると随分時間がかかってしまいます。
そこで、目をつけたのが兄貴分のRASA11”でした^^
8”から11”にアップし、受光センサーサイズをフォーサーズから2倍のフルサイズにすることによって、11”鏡筒1本でRASA8"ツインと同等以上の光子を受け取ることが出来るのでは無いかと思いました。

ということで、馬鹿でかい梱包の鏡筒が昨日届きました。
IMG_8765.jpg
RASA11"を明るいところでじっくり見たことなかったのですが、改めてその巨大さにビビりました。。
口径が11”ということで、C11と同じくらいのサイズ・重量感をイメージしていたのですが、長く・そして重かったです(^^;

フロントのカメラ接続部は8”と比べると、随分大きいです。
IMG_8766.jpg
3mm厚の塩ビシートで、ぱぱっとスパイダーを作成しました。
もう3例目になるので、要領は得ています^^

IMG_8769.jpg
届いたその日にファーストライト!なんですが、ちょっと雲の通過が多めですね、。
フードはC11の物を流用しましたが、さらに全長が長くなり、巨大なはずのEQ8が小さく見えるくらいの錯覚を覚えます。

スクリーンショット 2020-09-29_2
LED板で早速フラットを撮影したところ、予想通りの激しい周辺減光になっていました。
ε-180EDの比ではありません。
この減光状態からすると、センサーはAPS-Cまでに留めておいた方が良かったのかもしれません、。

まず、はくちょう座付近に筒を向けて星像チェックをしてみます。
Single__2020-09-28_18-56-47_Bin1x1_30s__-10C_G158_ZWO_ASI2400MC_Pro__Color_North america_qc
右側が片ボケしていますね。。

カメラを取り外して、片側に養生テープを貼ってスケアリングを追い込んでいきます。
テープを2枚重ねにしたところ、ようやくまともな星像が得られるようになってきました。
L_2020-09-28_20-17-10_Bin1x1_120s__-10C_G158_ZWO_ASI2400MC_Pro__Color_North america_qc
フルサイズ最周辺でこの星像なら、実用上問題なさそうです。

昨夜は月明かりが強烈で、光害カットフィルター無しでは10秒で飽和してしまう勢いです。
流石に11”は早いです。

セミナローバンドのCLSーCCDを入れて、120秒露光で曇るまで撮影してみました。

2020/9/28 ケフェウス座 IC1396付近
光害指数 : 兵庫県西宮市 自宅 SQM18.39 標高13m 
架台:EQ8R APTにて撮影
ガイド:QHY 5LM2 +75mm PHD2ガイド
撮影鏡筒:RASA11" FL620mm F2.2
撮影カメラ:ASI 2400MC PRO (冷却-10℃)
フィルター:OPTOLONG CLS-CCD
露出:gain158 120s x 68  (総露光時間 136分)
LED Flat x30  Dark x15 Bias x100
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PSCCにて強調処理
ic1396 c29_c19_c20_sd tDG
ワケありモノクロです(^^;
星像は周辺まで実用レベルになったと思います。
問題はフラットフレームです。
LED板でフラットを撮影しましたが、、
スクリーンショット 2020-09-29_1
光害ムラも激しく入り混じって、補正できません。
久しぶりにこんな激しいフラットエラーに遭遇しました笑
そうだった!RASAは光害地で(カラーで)使ってはイケナイ鏡筒だったんです。。

モノクロがファーストライトでは味気ないので、八塔寺にてFSQで撮影した画像をRGBとして、LRGB合成しました。
ic1396 c29_c19_c20_sd tDG_RGB
周辺減光がこんなに凄いと、毎回フラットに気を使いそうだなぁ。

IMG_8777.jpg
C11と並べてみても、乱暴なくらい重くて長いです(笑)
次回、この馬鹿でかい鏡筒を、気合を入れて遠征に持ち込んでみようと思います^^
関連記事

Comments 14

There are no comments yet.
こたろう  

こんばんわ。

うーん。。コレはじゃじゃ馬の予感。。。(笑)
結局大きい、明るいってそうなんですよね\(//∇//)\
なので、そういう機材ほど暗い遠征地。。。って事になって、光害地域だと、少々暗い筒が扱いやすいって事になるんですよね。。。
最後の写真は見事\(//∇//)\
でも、フラットの問題かな?周辺の色の崩れが気になる。。。(T_T)

2020/09/29 (Tue) 17:28 | EDIT | REPLY |   
snct-astro  
なかま

こんばんは。
Rasa11の仲間が増えて嬉しいです。カメラとのアダプタはZWOの以前教えていただいたヤツですよね?それでスケアリングエラーが出るとはちょっと意外です。最近はようやくRasa11のスケアリングと仲良くなれてきました。
以前、sigmaFpを使って撮影した時がありましたが周辺減光は激しいながらフラット補正は意外とすんなり決まりました。荒井さん以前、rasa11とd810aの組み合わせで見事にアンドロメダを撮影されてましたね。でも光害地では厳しいのか...。ナローバンドだとフラット補正はどうなのでしょうね?

2020/09/29 (Tue) 19:14 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To こたろうさん

こんばんは。
早速のコメントありがとうございます^^
私もそんな気がしてきました。じゃじゃ馬君ですよ、恐らく(笑)
RASA11"がデビューしてから3年近く経つと思うのですが、メインで使い倒している方は殆ど知りません^^;
光害地ではナローを粛々と撮像することに徹します。
最後のLRGB合成は、悔し紛れのご愛敬ということで。。
次の新月期には華々しくでびゅ~??の予定です^^

2020/09/29 (Tue) 19:51 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To snct-astroさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
RASA11師匠からアドバイス頂けると心強いです^^
確かに周辺減光が激しくて、カメラアダプターのケラレを疑っていますが、暗い撮影地では適切なフラットを撮影することである程度解決できるだろうと思っています。
光害地では狭帯域・挟写野角が基本だと再認識しました^^;
次回試してみようと思うのですが、ナローバンドだと光害地でも普通にフラットが当たるのではないかと考えています。

2020/09/29 (Tue) 19:56 | EDIT | REPLY |   
みお  

あ...
私も実は今日ごにょごにょ...(@×@)

一緒に頑張りましょう
てか使い方教えてください

2020/09/29 (Tue) 20:36 | EDIT | REPLY |   
のんた  

タカsiさん、こんばんは。
あー先を越された〜。やっぱり買ったんだ。買うんじゃないかと思っていましたよ(笑)
でも凄い周辺減光と被りですね。F2.2だったかな?は伊達ではないということ。
....この被りを補正する根気があるかな....。欲しかったけど、この被りを見てちょっと買う気が失せました。
やっぱり買うなら大口径長焦点が欲しいな。

2020/09/29 (Tue) 22:37 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To みおさん

こんばんは。
ちょっとびっくりです。
全国的にRASAが流行るんですかね(笑)
ピント移動は少ない鏡筒だと思うのですが、ジャスピンを追い込むのは結構神経使いそうな鏡筒ですね。
重いので、、お酒飲んだ時は、この鏡筒の乗せ降ろしや運搬はやらない事を心に誓いました。。

2020/09/29 (Tue) 22:53 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To のんたさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
先越されたって、、この焦点距離、けっこう被りません??
フィルターホイールが回せないので、必然的に手差しナローかワンショットカラーになりますが、手差しの場合は放置できませんし、なかなか運用が限られる鏡筒かもしれませんね。
私の場合は、遠征で「この淡いのを撮り切って帰ってくる」という場合に出動させようと考えています^^
メジャー対象にはイプシロンが歩留まりも良いです。
RASAはSQM21以上の空が求められるような気がします^^;
のんたさんはμ-300が面白いのではないでしょうか!!

2020/09/29 (Tue) 23:02 | EDIT | REPLY |   
snct-astro  
To タカsiさん

いやいや, タカsiさんから師匠なんて御冗談を!
ナロー活用の方針なんですね。負けないように頑張らないと

2020/09/30 (Wed) 19:12 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、こんにちは。
いゃあ〜凄い物を物色されましたね!(◎_◎;)
タカsiさんならきっと物にしてしまいますよ!
自身を持ってチャレンジしてみてください。
しかし周辺減光が目立ちますね!
暗い空では物凄い威力を発揮するでしょうね!
タカsiさんの作品を見るのが楽しみになってきました(╹◡╹)
 

2020/10/01 (Thu) 11:54 | EDIT | REPLY |   
Orca  

こんにちは。
RASA11は、M井さんが、使われていましたが、調整等が、大変で、
手放されましたよね。
RASAは、RASA8までは、移動でも使えそうですが、RASA11に
なると大きく重たいので、機材を毎回組み立てて、撤収するのは、
各部分の狂いのもとになると思いますね。
こう言う特殊な望遠鏡は、一度組み立てて調整した後は、
動かさないのが、基本だと思いますよ。

2020/10/01 (Thu) 12:33 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To snct-astroさん

こんにちは。
光害地での撮影はナローバンドで淡いHa等を撮りためる作戦が良さそうです。
O3は遠征したときに追加撮影すれば効率よく撮像できそうです。
フラットも、ナローバンドだと上手くいく気がするんですよね。
今夜あたり試してみます^^

2020/10/01 (Thu) 13:28 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
いやぁ。。他にも重くて大きい望遠鏡はいくらでも販売されているのでしょうが、RASA11"は想定以上のサイズ感で閉口しました(^^;
でもまあ、焦点距離が620mmと短いので、フラットさえ気を付ければ撮影のほうは問題なくこなせそうです。
恐らく、暗い撮影地に持ち込んだらほとんどの問題は解決するのかなぁ~、なんて楽観視しています^^
セッティングはRASA8”ツインよりシンプルで使い勝手が良かったりするかもしれません(笑)

2020/10/01 (Thu) 13:37 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To Orcaさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
11インチはC11と同等かと軽く考えていましたが、実際はとんでもなく長くて重いのにびっくりしました(^^;
今回のRASA11"はV2という事で、フォーカス関連(ミラーシフト等)が改善されて、RASA8"と同じフォーカス機構になっているというのが選んだポイントでもあります。
一度セッティングが決まれば、フォーカス移動も少ないので使いやすい鏡筒になる??のを願っています。
できたら、カメラも毎回外したくないんですけどね、。

2020/10/01 (Thu) 13:46 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^