FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

月夜のナローバンドテスト RASA11"スケアリング調整

タカsi

タカsi

雨ですね。台風も近づいてきています。
今週末はどうやら悪天候で星は見えそうにありません。
10/6は朝まで良く晴れました。一晩中明るい月とのランデブーになりましたが、RASA11"のスケアリング調整の続きで、調整してはテスト撮影、また調整して・・・の繰り返しです。。
RASA11"が9/28に届いてから、5夜を費やしました。
もちろん、朝まで快晴という日は10/6だけだったのですが、触れ合う時間が長くなると、だんだんこの鏡筒の特性が分かってきました^^
もっとも、RASA8"で散々触ってきているので、基本的なメカニズムはほぼ同じです。
ただ、全ての作業が大きくて重いです、。(フードの脱着ですら重い、、)

調整を終えて、ナロー撮影もしっかり行います。明るくて大きな散光星雲は数えるほどしかないので、同じ対象を何度も撮影することになりがちですが、中にはナロー映えするちょっとマイナーな対象もそこそこ存在しているので、今後はそういう対象を狙っていこうと思います。

今回は沈み行くはくちょう座を追いかけるように、チューリップ星雲を撮ってみました。
この対象は春に赤いR200SSのファーストライトで撮影したのですが、光軸調整がマズくて星像がイマイチだったんです。。
そこで、今回はHa画像を輝度情報に置き換えて、ブレンドしながら再処理してみました。

2020/10/6 はくちょう座 sh2-101
光害指数 : 兵庫県西宮市 自宅 SQM18.39 標高13m 
架台:EQ8R APTにて撮影
ガイド:QHY 5LM2 +75mm PHD2ガイド
撮影鏡筒:RASA11" FL620mm F2.2
撮影カメラ:ASI 6200MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:baader planetarium Ha
露出:gain100 300s x 26
<RGB画像>
2020/5/28 奈良県大塔町
撮影鏡筒:R200SS コマコレPH FL780mm F3.8
撮影カメラ:ASI 1600MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:baader planetarium LRGB,Ha,O3
露出:gain300 300s R x 4  ,G x 4 ,B x 4 ,Ha x 20 ,O3 x 9
 (総露光時間 335分)

_20201006_sh2_101_RASA11_6200MM2 _R200SS RGBAOO denoise

R200SSで撮影した画像は、拡大すると星が歪だったり、露光不足からのディティーの崩れが気になっていましたが、今回輝度情報をHaで増強することで、暗黒帯や星雲のうねりが強調されたと思います。
しかし、撮影したHa画像はというと、、
_20201006_sh2_101_RASA11_6200MM2_gain100_300s_Ha_c26_ABE.jpg
随分なトリミングですね^^;
いつかこの写野のRGBカラーを、遠征地で撮影したいと思います。

RASA11"のスケアリング調整についてですが、
調整前は片ボケが酷く、周辺星像をチェックすると、
Single__2020-10-07_00-27-34_Bin1x1_5s__19C_G100_ZWO_ASI6200MM_Pro__Mono_sh2-101_qc.jpg
あら、まぁ、こんなに流れちゃって、、^^;
カメラを取り外し、目星をつけたところにテープを貼って、カメラを戻して、ピントを出して試写、カメラを外して、てーぷを・・、の、繰り返し作業です。
ダウンロードしていたCCD Inspectorを使ってみると、
120794026_385215722506623_7232704553128626115_n.jpg
なるほど、盛大にズレてますね。。

「スケアリング調整リングが欲しいなぁ。。」と、ぶつぶつ言いながらテープを貼っていきます。
20201006 NGC7822 自宅 RASA11 6200MM2 gain100 300s Ha c39 tDG_qcスクリーンショット 2020-10-08
まだ左側が良くないですが、今回はこれくらいで止めておきました。

と、仕上げ確認を兼ねて、南中越えのNGC7822を薄明まで撮影することにしました。
gain100 300s x 39
20201006 NGC7822 自宅 RASA11 6200MM2 gain100 300s Ha c39 tDG (1)
フラット、問題なく当たってますよね??
早朝、太陽が昇っていましたが、鏡筒を西の空に向けて慌ててスカイフラットを撮影しました。
今のところ、口径が大きくて短焦点、光源ムラに敏感なRASA11”にはスカイフラット一択だと感じています。

20201006 NGC7822 自宅 RASA11 6200MM2 gain100 300s Ha c39 tDG (2)
中央部の拡大ですが、この暗黒帯は萌えますね(笑)
どの様に仕上げるか、楽しみになってきました^^
関連記事

Comments 8

There are no comments yet.
みお  

あぁやっぱりフルサイズは邪魔くさそうですね。1インチで問題なく運用できるようになってからサイズアップします。
焦点距離がだいぶ変わるので、今までの分を使いまわすとかなりトリミングする必要があるようですがさすが高画素ですね。トリミングを十分にできて使いやすそうです。

そういえば、テープってどこに貼られてるんですか?ねじ込み式の延長筒なら意味なさそうに思えますし、あの大型についている黒いリングの隙間でしょうか。
デジイチならフルサイズありますが、調整するときどこ触るのかな?って思っています。

2020/10/08 (Thu) 14:12 | EDIT | REPLY |   
夕焼け熊五郎  

「タカsiさん」こんにちは。矢張り迫力ありますねカメラレンズだと対象の赤い部分が出るだけなので何処を撮ったか直ぐ分かりますがこれだけでかいと私には分かりません、暗黒帯が素晴らしいです。勿論、星も星雲も。

2020/10/08 (Thu) 14:34 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To みおさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
フルサイズ、機材も大きくなって、扱う画像サイズも大きくなって、苦労も増大(笑)
センサーサイズが大きくなると、何もかもがみるみる肥大するようです、。
現実的なところ、一番おいしいのはフォーサーズセンサーだと分かってはいるのですが(^^;
スケアリング調整のテープを貼る場所ですが、カメラのセンサーウィンドウの際に貼るようにしています。
本来なら、スケアリング不良の原因(おそらくフィルタースライダー)を特定して、修正するべきなんでしょうが、とりあえずはテープ療法で様子を見ることにします^^

2020/10/08 (Thu) 18:35 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To 夕焼け熊五郎さん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
チューリップ星雲、確かに準マイナー星雲かもしれませんね、。小さいですし。
はくちょう座といえば、デネブからサドル付近が賑やかで人気エリアですが、サドルをはさんでデネブの反対側もなかなかに見ごたえあると思います^^
大きくて目立つ散光星雲が少ないので、対象としてはイマイチなんですかねぇ~。
もう夏の天の川の季節は終わりと思うと、少し寂しいです(^^;

2020/10/08 (Thu) 18:43 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、こんにちは。
総露出335分は伊達ではありませんね!(◎_◎;)
色彩豊かで素晴らしい描写のチューリップ星雲ですね!
関東は、10月1日以外は晴れていません。
何だか次期新月期も天気が不安ですね?
何故か最近台風一過と言うのが死語に成りつつありますかね(T ^ T)

2020/10/09 (Fri) 14:38 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
いつもコメント有り難うございます^^
はくちょう座はこの時期でも天頂付近から撮影できるので、薄明終了時のコンディションがいいと、初っ端の対象としてなら今月の新月期もまだ狙えそうですね♪
関東は晴れていないという悲鳴がチラホラ聞こえてくるので恐縮ですが、、この台風が過ぎ去った後は気持ちのいい秋晴れが広がってくれることを期待しましょう!!

2020/10/09 (Fri) 16:18 | EDIT | REPLY |   
たっくん  

暗黒帯のうねうねが素晴らしいですね。
星がたくさんありますが、その星の輝きが邪魔になっていないのは、カメラの特性なのでしょうか。
これはまた宇宙探訪が楽しくなりますね。

2020/10/10 (Sat) 08:55 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To たっくんさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
ナローバンドで撮ると、星雲のうねりの表現が一層際立ちます^^
はくちょう座付近は天の川の微恒星の宝庫ですが、マスクしながら徐々に強調することである程度星の肥大化を防いでいます。
ナローバンドの特性で、星の大きさが小さい画像を輝度情報に持ってきているのも一因だと思います。
さて、台風一過、そちらでは秋晴れが広がるのではないでしょうか?!
秋冬の対象が目白押しなので、秋の夜長、スッキリ晴れてほしいですね~。

2020/10/10 (Sat) 12:59 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^