FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

美しさがたまらない!Five Stars

タカsi

タカsi

火曜日は良く晴れました~。
全国的に天気が良かったので、言っていいですよね(';')
久しぶりの、「朝までド快晴♪」でした^^
先週末の悪天候の中、週間天気予報ではピンポイントに火曜日の夜が全国的に晴れるとの情報、。
秋晴れの快晴の夜は逃せない、居ても立っても居られない~、ということで奈良のお山に行ってきました。
突然の誘いに快諾していただいたサキヤマさんも、現地で合流することができました^^
現地入りしたのは18時前、まだ明るいうちから設置作業に取り掛かります。
朝まで快晴が約束された?予報なので、今回は気合いを入れて4セット陳列することにしました(^^;
最近は電源容量が枯渇することが多いので、ポータブルリチウムイオンバッテリー、ディープサイクルバッテリー、そして車のバッテリーと、3Wayで電源を確保するようにしています。
車のバッテリーは、うっかり使いすぎるとエンジンがかからなくなるので、時々始動して充電しながらの運用にしています(^^;)

さて、秋から冬の対象が目白押しの夜空を堪能できましたが、街中ナローでずっとRGBが欲しくてモヤモヤしていた対象、そうです、ぎょしゃ座のファイブスター♪
スケアリング調整後の星像が良ければ、きっといい煌めき感が出るだろうと期待しながら撮影しました。

ic410

いきなり5つ星とドクロ星雲の共演ですが、お隣の勾玉よりも構図的にまとまり易いと感じました。
ナローバンド仕上げも星雲がカラフルでいいのですが、このエリアは星々の美しさがたまりません^^
RASA11"で1時間ちょっとの露光でしたが、暗い撮影地では十分なS/Nを稼げたと思います。
ワンショットブロードバンドカラーの輝度にHaを少々ブレンドして仕上げました。

2020/10/20 ぎょしゃ座 ic405 / ic410 HaRGB合成
SQM: 21.69  奈良県五條市大塔町 標高1031m 最低気温4℃ やや濡れ
架台:AXD APTにて撮影
ガイド:QHY 5LM2 +75mm PHD2ガイド
撮影鏡筒:RASA11" FL620mm F2.2
撮影カメラ:ASI 2400MC PRO (冷却-10℃)
フィルター:baader planetarium L
露出:gain158 240s x 19

<Ha画像>2020/10/1 自宅 SQM18.39 標高13m 
撮影鏡筒:RASA11" FL620mm F2.2
撮影カメラ:ASI 6200MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:baader planetarium Ha
露出:gain100 300s x 40
(総露光時間 276分)
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PI・PSCCにて強調処理

ic405 ic410

少々窮屈な画角ですが、現地で暗いプレビューで確認しながら構図を決めるのは至難の業です、。
特に勾玉の上辺が切れてしまうと台無しなので、なんとか収まってくれていてホッとしました(^^;

オリオン座流星群やおうし座流星群が飛び交っていた当夜、ほとんどの流星をPC画面に目を落としていて逃してしまったのが心残りですが、いろんなイベントが盛りだくさんの素晴らしい夜空と星仲間の皆さんに感謝です^^
関連記事

Comments 20

There are no comments yet.
こたろう  
おおおおおお\(//∇//)\

こんちは。
先日はお疲れ様でした。
こ、これは美しいなあ。。。。
星がなんとも言えん。。。( ・∇・)
構図も完璧\\\\٩( 'ω' )و ////
いや、素晴らしい。
ただ、たまには星も眺めようね😄

2020/10/22 (Thu) 12:49 | EDIT | REPLY |   
みお  

ふふふふ、左下の星像が崩れてますな(☆。☆) キラーン!!
たぶん…言ってみただけ…
今週末も晴れそうで休みの人は羨ましいですね(白目

私が撮ろうしてもフルサイズじゃないので右半分を縦構図かなぁ…
両星雲とも良い感じに奥行きのありそうな立体感で凄く良い
やっぱり星の色考えるとワンショットカラーの方が難しいこと考えなくていいな

2020/10/22 (Thu) 13:23 | EDIT | REPLY |   
夕焼け熊五郎  

「タカsiさん」こんにちは。先日はご一緒出来なくて残念でなりません。
5つ星とドクロ星雲綺麗な星ですねー、これだけ星が綺麗だと折角のどくろもどくろうさーんって感じですね(笑)
勾玉との構図も素晴らしいですね、暫く見入ってました。

2020/10/22 (Thu) 13:48 | EDIT | REPLY |   
マルさん  

これは美しいですね。
恒星の色と煌めき、星雲の構造と微妙な色の違いや反射星雲の混じりあいなどどれも完璧ですね。
・・・!!

2020/10/22 (Thu) 16:11 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To こたろうさん

こんにちは。
早速のコメント、ありがとうございます^^
「星の表現は星屋の基本」と、こたろうさんが仰っていたかどうかは定かではありませんが、星の明るさの違いによる見かけの大きさの違い等、いつも参考にさせていただいております。
それにしても、先日の夜は年に数回しかない星空に恵まれましたね!
これからは、ブログのタイトルにもあるように、ぼちぼち星空眺めようと思います^_^;

2020/10/22 (Thu) 17:22 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To みおさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
さては、強拡大されましたね笑
RASAのイメージサークル通りの性能を出すには、まだバックフォーカス等の詰めが必要かと思われますが、何と言ってもカメラの取り付けの再現性が乏しいので、そこまで追い込む気になれません、。
みおさんはAPS-Cでしたら、左右のモザイク合成ですね♪
RASAには構造上、ワンショットカラーが使いやすいですね。

2020/10/22 (Thu) 17:38 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To 夕焼け熊五郎さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
当日は久しぶりにお会いできると思っていたのですが、、また次回ですね、。
どくろうさ〜んも今回の主役級なので、おたまじゃくし2頭も可愛がってやってくださいね^^
秋から冬の星座は、澄んだ空にきら〜ん、という感じの表現がよろしいでしょうか。
次回はそろそろお山は寒いので、和歌山ですかねぇ〜。

2020/10/22 (Thu) 17:44 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To マルさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
この構図で撮影するのは、この2年間で5回目くらいですが、やっとまともな処理ができるようになってきたと思います(^^;
微恒星が多くて、星雲の強調で星が肥大して・・・、スターネットを使って背景がボロボロ、、いろいろやってきました(笑)
RASAの色ムラの補正にはDBEが良い助っ人になると思うので、マルさんビデオを見返してアンカーの打ち方を復讐してみます^^

2020/10/22 (Thu) 17:51 | EDIT | REPLY |   
UTO  

これはまた素晴らしいですね!
青い反射星雲が綺麗で、これ、遠征でないと出せないんだよなあ、、。
あと、この構図、結構難しいですよね。上手に納めており、流石!です!

2020/10/22 (Thu) 21:48 | EDIT | REPLY |   
TSUBAKI  

撮影お疲れ様でした。
ホンマええ空でしたね。
現地ではゆっくりとお話しする間も無くでしたが、まさかおんなじ構図で撮影されていたとは…\(//∇//)\

自分もベビーQと294MCproでこれ撮ってました。
タカシさんのを拝見して「これはスゴイ❗️」と思わず口走ってしまいました。( ・∇・)

410と405の星雲の色彩表現もたまらないけど星々がすごく綺麗です。
ランナウェイもね。^_^

タカシさんの画像をお手本にさせて頂きますね。
^_^



2020/10/22 (Thu) 23:38 | EDIT | REPLY |   
おりおん  

おはようございます(^^)
お疲れさまでした。やや予報に不安があったものの、最後までもってくれましたね。
「朝まで快晴」後世に残したい日本語のひとつです。
ぎょしゃ座の星雲群、撮りどころが集まってて構図に悩む場合がありますよね。
以前「詰め込みすぎ」と某雑誌に突っ込まれたことがありましたよ。
星色が素晴らしい五つ星、たしかにドクロのほうがうまくおさまりますね。なるほどです。

2020/10/23 (Fri) 09:04 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、こんにちは。
表題の通りこの作品美しさがたまりませんね!
おりおん提督がおっしゃる通り五つ星とドクロの配置は絶妙ですね(@_@)
やはりタカsiさんはぴんたんさんと同様に何かを持ってますね(╹◡╹)

2020/10/23 (Fri) 09:23 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To UTOさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
青い反射星雲は光害地での撮影では難しいですよね。
今回の輝度にプラスしたHaファイルは、満月の夜に自宅で撮影したものですが、問題なく使えます^^
暫くは自宅でHa予習をして、遠征で本番という作品作りのスタイルが定番化しそうです。
構図は、、参考画像をスマホで取得して位置合わせするつもりだったのですが、「圏外」で焦りました(笑)
なんとか、エイヤーッ、で合わせましたが、まぐれですね(^^;

2020/10/23 (Fri) 13:47 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To TSUBAKIさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
ほんといい空でしたね^^
あの夜半過ぎの大火球、南東の空が白くなってみたいですね。
私はPC画面見てましたが(^^;
いけませんねぇ~、PC画面と睨めっこ。。
405/410は同じ構図でしたか!
って、定番構図なので、被りますよね、。
294MCだと発色もよく、輝星もバッチリ綺麗だと思いますよ^^
完成を楽しみにしています♪

2020/10/23 (Fri) 14:10 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To おりおんさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
9月10月と、悪天候が続いていたので、「朝まで快晴」ワードは禁句だと思っていましたが、全国的に晴れたので大丈夫でしょう(^^;
もしかしたら、「朝まで快晴」は年間NGワードにノミネートされているかもしれませんので、。
勾玉ドクロ、620mmという焦点距離は微妙なんです。。
モザイクするには中途半端だし、うっかりちょん切れるリスクもあるし。
という事で、今回のフレーミングはドクロ&5スターで決まりですね!
おりおんさんのフィルターワークの行方が気になって、最近寝つきが悪いです( ̄▽ ̄)

2020/10/23 (Fri) 14:15 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
やっぱり勾玉排除で構図決定ですかね!
どの焦点距離で撮っても、この5つ星は綺麗だと思います^^
左上のアリクイ星雲?も同居した構図もいいですよね。
ぎょしゃ座はこれからが本番なので、ひろたろうさんの令和2年式を楽しみにしています♪

2020/10/23 (Fri) 14:19 | EDIT | REPLY |   
のんた  

タカsiさん、こんにちは。
勾玉からドクロ星雲美しいですね。実は僕もこの対象撮影中なんです。(3夜目になりますが、曇られたりしていて実質1晩と変わらないです(笑))
こんなに綺麗に写せないだろうなとお蔵入りになるかもしれません。

配線もうまく隠してあってニュートン反射で撮ったかのような光条も綺麗ですね。
RASA11のハイスピードは天候不順の日本の空にはピッタリですね。

2020/10/25 (Sun) 12:22 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To のんたさん

こんばんは。
コメントありがとうございます^^
のんたさんも勾玉ドクロに夢中でしたか!!
確かに、今が旬ですよね~。
本日お話していたナローをブレンドして仕上げてくださいね!
自宅撮影と違って遠征撮影だと、わずかな時間で最大のパフォーマンスを発揮するシステム選びに重点を置いてしまいます。。
そういう意味ではRASAはうってつけなのかもしれませんが、ゆっくりじっくり丁寧に1対象を攻略していくほうが、ホントはいいのでしょうね。
ぼちぼちと相反する撮影スタイルは、そろそろ見直さないと^^;

2020/10/25 (Sun) 21:23 | EDIT | REPLY |   
たっくん  

こんにちは。
こんな遅いタイミングにコメントすみません。
いままでパソコンのディスプレーでタカsiさんの作品を見ていましたが、ついさっき、せっかく買ったEIZOディスプレーで見た方がいいんじゃないかと気が付いて(あほですね)、初めて画像処理以外でEIZOディスプレーを使って見ています。
いやー、綺麗ですね。
左右の星雲の色の違いや5つ星との対比が素晴らしいですし、なんといっても私的には勾玉星雲の下にある明るい星の存在が、5つ星に流れているような動きが加わるようでとても好きです。

さて、これからタカsiさんの作品をさかのぼってEIZOディスプレーで見てみたいと思います。

2020/10/25 (Sun) 22:57 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To たっくんさん

こんにちは。
コメントありがとうございます!
ディスプレイ環境、大事ですよね~。
EIZOモニターでじっくり見てやってくださいね^^
って、カラーマネジメントやヒストグラムを意識し始めたのは最近なんですが、。(オハズカシイ)
カラーマネジメントモニターが無い環境では、iPadに転送して色を確認するようにしています。
それ以外のノートPC等では、ヒストグラムしか見ないようにしています。
見え方が違い過ぎて驚きですよね、。
勾玉の下の反射星雲を伴った輝星、これがあるとないとでは全体構図の見え方が変わってくる、大事なアクセントでもありますね^^

2020/10/26 (Mon) 10:55 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^