FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

オリオン座中心部 

タカsi

タカsi

今日は久しぶりの本格的な雨が降っています。
週間天気予報では晴れる日の方が多いようなので、チャンスがあればナローマンとして活動したいと思うのですが、ここ最近の夜はぐっと寒くなってきたので、機材を展開するのが億劫になってきたんですよねぇ、。
夏場と違って気温も湿度も厳しくならないので、鏡筒もセットしたまま屋外カバーをかけて次の雨の日まで放置しようかと考えてしまいます(-_-;)
NGC2024 c18
さて、10月の遠征シリーズ、とうとう冬の対象を撮ってしまいました(笑)
これを撮ってしまうと冬の対象が終わってしまいそうですが、夜半過ぎには東の空から昇ってくるオリオン座、薄命開始までしっかり露光できてしまいます。
0時を回って空もぐっと暗くなっている、いい状態で露光を開始できるので、光害カブリも比較的少なくて助かります。

2020/10/24 オリオン座中心部
兵庫県篠山市 快適ドライ
架台:AXD APTにて撮影
ガイド:QHY 5LM2 +75mm PHD2ガイド
撮影鏡筒:RASA11" FL620mm F2.2
撮影カメラ:ASI 2400MC PRO (冷却-10℃)
フィルター:baader planetarium IRcut
露出:gain158 240s x 18 (総露光時間 72分)
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PI・PSCCにて強調処理

オリオン座中心部

これでもか!というくらい、賑やかなエリアですね(^^;
これくらいの写野になってくると、暗黒帯や分子雲まで表現しようと思うとしっかり露光時間を確保したいところですが、露光開始したのが3:15~なので、薄命開始まで72分の露光時間しか確保できませんでした。
20200718210909313_20201102143442927.jpg
前回このエリアを横構図で撮影したは、今年の正月か、。なるほど、今見るとやっぱり露光時間が、。
でも、大丈夫。RASA兄貴は超速いんです(笑)
また、このエリアの「暴れん坊アルニタクのゴースト」が心配でしたが、そこまで目立つような大きなゴーストは現れませんでした。
フィルターはバーダーのIRカットを使用しているのですが、RASA8”+294MCのセットよりも輝星周りのゴーストの出方が緩やかだと感じます。
横構図のε-130Dの画像と拡大して比べると、馬頭のあごの部分や首の後ろ側のディティール、圧倒的にRASA11”のほうが解像しているようにも見えます。これは13cmと28cmの口径差による分解能の違いなんでしょうか。

と、涼しい顔して撮影~画像処理しているフリしていますが、実際はとってもじゃじゃ馬なんです(笑)
撮影時には再現性に乏しいカメラのスケアリングをテープで追い込んだり、画像処理では強烈な周辺減光と意味不明な色ムラと戦ったり、。
上記は速さとのトレードオフだと噛みしめて付き合っています(^^;

IMG_8818.jpg
と、記事を書いていたらC11/RASA11”用のEAFと専用アタッチメントが届きました。
IMG_8819.jpg
早速C11に取り付けてみます。フィッティングはいい感じですね!
IMG_8820.jpg
RASA11"は収納の関係上、取り付け角度を外向きにしてみました。
これでC11/RASA11”のピントも、PCからASCOM制御できるようになりました♪
関連記事

Comments 18

There are no comments yet.
こたろう  

こんにちは。
うーっむ( ̄+ー ̄)
カラーカメラでこの時間でこれかあ。。。。
東側の暗黒帯結構起伏が強調されて、構造が見えるね\(//∇//)\
適正なコントラストで非常に見やすいね!
私が撮るともっとこう、眠くなるだろうな。。。。
輝星があると、ゴースト怖い。。。(T_T)で撮影を躊躇します(笑)

2020/11/02 (Mon) 13:01 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To こたろうさん

こんにちは。
早速のコメントありがとうございます!
アルニタク周辺は今まで横構図でしか撮影したことなかったのですが、今回は他の対象の撮影の流れで 仕方なしに、、縦構図になりましたが、、結果オーライですね(^^;
馬頭~萌える木の下部はどれくらい強調するかの塩梅が難しいですね。。
アルニタクのゴーストは覚悟の上で撮影ですよね、、今のところ4勝6敗くらいです(笑)

2020/11/02 (Mon) 13:11 | EDIT | REPLY |   
みお  

ほうほう...やはり写るな...
私は変な事ばかりやって普通の使い方がまだ出来ていませんね(笑)
新しいタイプのEAFブラケット丈夫そうですね。
私の旧型はフェザータッチに直付けなので赤道儀に直撃するとフォーカサーを破壊する素敵仕様です。
後は、ミラーを固定できない影響か、カメラに0.5mmのスペーサーを入れないと駄目なほど傾いていますね。頑張ります

2020/11/02 (Mon) 19:38 | EDIT | REPLY |   
けんちゃ  
美しいですねえ~

タカsiさん、美しいですね!! いつもあなたのwebサイトを拝見しながらため息をついています。
スケアリングに苦労されていらっしゃる甲斐があって素晴らしい星像ですね。

2020/11/02 (Mon) 19:42 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、こんばんは。
早くも馬頭星雲ですね!(◎_◎;)
色彩豊かでとても美しい作品ですね!
馬頭星雲以外の様々な分子雲の色の対比がとても興味深く拝見させて頂きました(╹◡╹)
いつも感動をありがとう(^ν^)

2020/11/02 (Mon) 20:37 | EDIT | REPLY |   
たっくん  

:(;゙゚'ω゚'):
は、反則だっ!

2020/11/02 (Mon) 21:06 | EDIT | REPLY |   
マルさん  

カラフルでコントラストが効いた力強いオリオンですね。
荒々しい燃える木星雲が印象的です。
それにしても72分でこの写りは脅威です。
このペースで撮り続けたらあっという間に撮るものがなくなってしまいそうです。

2020/11/02 (Mon) 22:00 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To みおさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。
RASA+カラーCMOSでブロードバンドカラーを光害地で撮影=色ムラ死亡です(笑)
光害地でRASA活用は、やはりナローバンド撮影が基本になるのでしょうね。
最近流行っている?ワンショットナローバンドフィルターも面白いかもしれませんね!
一発AOO高速撮影なんて、美味しすぎます。
EAFはまだ実写で試していませんが、恐らく問題なく使用できそうな雰囲気です。
セレストロン純正のモーターフォカサーでも良かったのですが、もうEAFに慣れてしまったので、。
原点をどの様にリセットするか、今夜あたり試してみます^^

2020/11/03 (Tue) 08:18 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To けんちゃさん

おはようございます。
コメント&ため息?ありがとうございます^^
RASAのスケアリングの追い込み方法は至ってシンプルですので、癖を掴んだらそこまで大変では無さそうです。
明るい鏡筒は「癖が強い」場合が多くて、これまた楽しませてくれますね(笑)
星像は自己満足の世界ですが、300%で星が丸いとお酒がすすみます^^;

2020/11/03 (Tue) 08:24 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
そうなんです。もうオリオン座に手を出してしまいました^^;
東の空からギラギラのオリオン座が昇ってくると、筒を向けずにはいられないと言いますか(笑)
馬頭周辺は天体写真趣味全員の感動ポイントですよね。
私も初めて馬頭周辺が撮れた時の感動、よく覚えています^^

2020/11/03 (Tue) 08:28 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To たっくんさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
は、反則ですか^^;
確かにRASA系は反則級に速いですw
セッティングをもたついてしまっても、一旦露光を開始するとフォトン獲得を猛スピードでやっていく感じですね、。

2020/11/03 (Tue) 08:31 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To マルさん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
派手なアルニタク周辺という事で、キリっとビビットに仕上げてみました^^
「撮るものが無い」そうなんです、。
秋~冬の対象で、600mmの画角で撮り切ってしまうのも時間の問題^^;
末路としては、ナローバンドで淡い物探しの旅に行きつくんでしょうね、。

2020/11/03 (Tue) 08:35 | EDIT | REPLY |   
Orca  

こんにちは。
24日は、RASA11で、ここを撮影されていたのですね。
RASA11は、大口径で、明るいので、短時間露出で、良く写りますよね。
比較的明るい撮影対象では、RASA11のようなプライムフォーカスの
光学系+冷却カラーカメラの組み合わせでは、こういう使い方が、
正解なのだと思いますね。
プライムフォーカスの光学系の画像処理は、一般的な光学系とは、
構造が、違うので、これはこれで、難しいと思いますが、上手に
されていますね。
ところで、RASA11用のフォーカサーアタッチメントは、後ろが、
さらに重くなりません?

2020/11/03 (Tue) 11:30 | EDIT | REPLY |   
おりおん  

おはようございます(^^)/
早くもオリオン座ですか。いまからこれ撮ってたら冬撮る物なくなりますよ(笑)
いっかくじゅうを撮った誰かが言うなって話ですが。。。
これまた驚愕の燃える木馬頭付近。超拡大で拝見するとガスの構造が凄いですね~。
特に馬頭から下部の分子雲、こんなの見たことないですよ。
72分露光でこの表現。超明るい筒と2400MC、恐ろしいな(笑)
先日の大塔で、燃える木馬頭を撮ろうとしたんですけど、構図合わせの時点でアルニタクのゴーストがものすごくて・・・
撮るのをやめました(-_-)(笑)

2020/11/03 (Tue) 11:35 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To Orcaさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
先日の3対象目がオリオン座でした。薄雲が通過したカットもありましたが、何とか18枚は確保できて良かったです。
11”を使ってみて、確かに重くて大きいのですが、8”のツインを現地で組むよりも構成がシンプルな分、楽でした^^
RASAとワンショットカラーカメラの組み合わせはベストマッチだと思います。
癖の多いシステムですが、慣れるとそう苦労することもなく素早く撮影が出来そうです。
フォーカサーを取り付けてから、未だバランスを取っていませんが、元々フロントヘビーなので丁度いいかもしれません。
全長が長くなった分、収容できるケースが無いのが問題ですが、。

2020/11/03 (Tue) 20:32 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To おりおんさん

こんばんは。
毎度コメントありがとうございます。
この時期のオリオン座、、撮るもの無くなる、。ちょっと心配です(笑)
強拡大で見て頂き、恥ずかしい限りです(/ω\)
馬頭下部はしっかりお絵かきできたと思います^^
モノクロカメラをおススメしておきながら、ワンショットカラー最高!とは言いにくいですが、やっぱり使い勝手はいいですね^^;
特に時間が限られている時などは、。
アルニタクはフィルターメーカーも最大の鬼門と言ったか言わなかったというくらい、コーティング技術に相当秘密がありそうです。
ゴーストが完全になくなることは無いようですが、程度の差がメーカーによって異なるのが興味深いです(*‘ω‘ *)

2020/11/03 (Tue) 21:29 | EDIT | REPLY |   
ハチベエ  

おはようございます(^^)/

なんじゃこの馬頭はっ!!(@ ̄□ ̄@;)!!
ここって、こんな構造なんだ...っていうのが散見されますし。ホホゥ(*゚д゚))
こんな馬頭星雲みたことないです(●´ω`●)タマランチ
あまりに凄すぎて、言葉が思いつかなくなりそうです(@_@;)

2020/11/08 (Sun) 08:03 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To ハチベエさん

こんにちは。
なんじゃ、コレ!、ありがとうございます^^
アルニタク付近、炙ればあぶるほど楽しい分子雲やウネウネ構造が出てきて楽しいエリアだと思います^^
個人的には左上の絶妙な色合いの分子雲が興味深いと感じています。
このエリアはこれからがシーズンですよね。
ハチベエさんの次回作はこのエリアでしょうか^^

2020/11/08 (Sun) 17:03 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^