FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

ハート星雲 散開星団 Melotte15

タカsi

タカsi

秋といえば、ハート&ソウル♪ そう、ハート星雲の季節ですね。
今まで散々ハート星雲をナロー撮影で練習してきましたが、今回はブロードバンドで撮りました。
ic1805 2048pix
10/20の遠征で撮影したハート星雲は、途中でカメラを回転させた影響でフラットが合わなくなり、あえなくボツになったので、10/24の遠征で撮り直してきました。

2020/10/24 カシオペア座 IC1805 RGB+SAO合成
兵庫県篠山市 快適ドライ
架台:AXD APTにて撮影
ガイド:QHY 5LM2 +75mm PHD2ガイド
撮影鏡筒:RASA11" FL620mm F2.2
撮影カメラ:ASI 2400MC PRO (冷却-10℃)
フィルター:baader planetarium IRcut
露出:gain158 240s x 24
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PI・PSCCにて強調処理

ic1805 HaRGB

10/24に撮影したカラー画像に10/2自宅で撮影したSAOナローバンド画像を隠し味で煉りこんでいます^^
左上の散開星団、中央のMelotte15という散開星団、そして、右上の金色の星団と、見どころ満載の人気星雲です。
ナローバンド撮影においても好対象で、各chは割と良く写ってくれます。
ナローマンの入り口は、是非ハート星雲で!
ic1805_c24_HaRGB_SAO.jpg
こちらは、星色をブロードバンドカラーで、ナチュラルカラーを意識したSAO合成のハート星雲。
従来のドギツイ感じのナローバンドのイメージが緩和されるような気がするのですが、どうでしょう。

さて、表題の散開星団Melotte15ですが、この螺旋構造の星雲と星団のコンビネーション、とても興味深いです。長焦点鏡をお持ちの方は、この部分の拡大撮影がたまらないと聞きますが、人気の理由が良く分かります。
という事で、懲りずにMelotte15の拡大撮影を月夜のナローマンで行いました♪

2020/11/4~11/5
光害指数 : 兵庫県西宮市 自宅 SQM18.39 標高13m 
架台:EQ8R APTにて撮影
ガイド:QHY5III174M セレストロンオフアキ PHD2ガイド
撮影鏡筒:C11 starizona sct corrector LFii  FL1960mm F7
撮影カメラ:ASI 294MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:astrodon 5nm Ha S2 O3
露光時間: gain390 300s Ha x32, O3 x22, S2 x24(星色用にRGB各 20s x20)
(総露光390分)
LED Flat 各x30  Dark x15 Bias x100
PIにてコンポジット FAPにて対数現像 PSCCにて強調処理

melote15 SAO2_cm2

月が明るかったという事もありますが、流石にF7鏡筒でナローバンドを撮影するとなると、最低10時間は欲しくなります。
11/4だけでは足りなくて、翌日も続きを撮影しようとしましたが、予報通り21時前には全面曇ってしまいました。
今回は新しいカメラのテスト、電動フォーカサーのテスト、C11の光軸チェック、そして初めてPIでバッチ処理を試みるという、いろいろ手探りでやってみました。
これまでモノクロカメラの星の位置合わせに苦労していたステライメージと比べると、PixInsightの位置合わせの正確さに驚きました。
今後はできるだけPIで下処理をやっていこうと思います^^

最後に、今月発売の天文ガイド12月号に「シャーク星雲」の作品を拾っていただけました♪
天文ガイド 2020年12月号2
こちらもRASA8”での作品という事で、RASA兄弟にはホントお世話になっています^^

<11/8追記>
やまぎりさんよりご指摘いただいて、ナローバンドのフルサイズ画像から中心部分を切り出してみました。
ic1805_c24_HaRGB_SAO (3)
ナローならではの色表現ですが、星色はブロードバンドカラーそのまんまです。
派手ですね。
関連記事

Comments 20

There are no comments yet.
ひろたろう  

タカsiさん、こんばんは。
多彩で透明感ある素晴らしい描写のハート星雲ですね!(◎_◎;)
どれも良いカットですが、最後の作品もとても神秘的で素晴らしいですね(╹◡╹)
また10時間版も見てみたいですね(^ν^)

2020/11/07 (Sat) 21:55 | EDIT | REPLY |   
ハチベエ  

おはようございます(^^)/

タカsiさんの画像を見ると、いつも「うわぁ、すげぇΣ(゚Д゚)」が最初のセリフです(笑)
今回も例にもれずの画像でありがとうございます(笑)←意味不明w
ナローまぜまぜも違った味付けでいい感じですね!
でも、紙一重で(慣れてるからでしょうが)ブロードバンドの方が好みです(*´ω`*)
ぼちぼち、新月期が近付いてきているので、お天気の方が気になり出しましたね|・ω・*)。oO(ワクワク♪)

2020/11/08 (Sun) 08:18 | EDIT | REPLY |   
koropo  

天ガ入選おめでとうございます。
サメの姿がくっきりと浮かび上がりましたね。
RASA弟も頑張ってますが、兄貴の方もフルサイズカメラとの
コンビネーションが隅々までばっちり決まってますね。
C11長焦点での拡大画像はモクモク感が半端ないです。
光害地でもナローでここまで撮れるという良いお手本だと思います。

2020/11/08 (Sun) 11:28 | EDIT | REPLY |   
こたろう  

入選おめでとう\(//∇//)\㊗️
安定の快進撃やね!

ハートは私もブロードバンドが好きかな。。。
どうしてもあの微光星が茶色っぽくなるのがいただけない(T_T)
中心の構造はナローがいい感じなんですけどねえ。。。

2020/11/08 (Sun) 13:48 | EDIT | REPLY |   
ゲストさん  

私が思っている以上にハート星雲は深い色合いを見せていて驚きました。
色はブロードバンドの方が好みですね。
星だけしゃなくハートの中心付近に青が現れているのも萌えポイントですね。
入選おめでとうございます🎊
見た瞬間、この妖怪はタカsiさんの作品だ!って思いました。とても面白い対象だと思います。

2020/11/08 (Sun) 14:34 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
いつもコメント有り難うございます。
ハート星雲のオンパレードでしたが、ひろたろうさんはメロット15のアップ推しですか!ありがとうございます^^
あのねじり構造は私も好きなんです。
なんとか鮮明に写したいと思うのですが、長焦点ナローはなかなかハードル高いです^^;
10時間、そうですよね〜。
機会あれば撮り増ししてみようと思います。

2020/11/08 (Sun) 16:07 | EDIT | REPLY |   
おりおん  

こんにちは(^^)
入選おめでとうございますっ!!
RASA8での巨大サメ掲載ですね~♪
ナローマンの入り口はハート星雲!! ですか。
たしかにこの立体感には萌えますね~。
まだいちどもナローで撮ってないのでそろそろ・・・とは思ってます(笑)

2020/11/08 (Sun) 16:16 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To ハチベエさん

こんにちは。
コメント有り難うございます。
ブロードバンド画像に一票、入りました〜♪
ハート星雲は天文ファンが誰しも撮る対象でもあるので、ナチュラル路線が一番なのかもしれませんね!
ぼちぼち新月期、、そうですよ! また夜が忙しくなりそうな予感ですね♪
ハチベエさんの新作も心待ちにしています〜^^

2020/11/08 (Sun) 16:18 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To koropoさん

こんにちは。
コメント有り難うございます。
koropoさんもダブル入選、凄いです^^
RASA兄弟は集光スピードが速い代わりに、光害の集光も速いので取り扱い注意です(笑)
設置調整のことを考えると、プライムフォーカスは常設運用が理想なのですが、、遠征に持ち込むといろいろ苦労も絶えません^^;
C11は久しぶりに引っ張り出してきたのですが、長焦点のナローはやっぱり月夜に強いですね。
HaとS2はあまり月の影響を感じません。
光害地より銀河を狙うのはラッキーイメージングの方が良さそうな気がしますので、私は執拗に散光星雲を狙っていこうと思います♪

2020/11/08 (Sun) 16:26 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To こたろうさん

こんにちは。
いつもコメント有り難うございます。
ハート星雲はこたろうさんの処理も参考にさせていただきました^^
ナロー配色は、、やっぱり人気が無いですね〜。
ここは潔く?カラーシフトなしでハッブルパレットで表現した方が良いのかもしれませんね。
ご指摘のように、この対象、微恒星の星色が大事だと思うんですよ。
微恒星、、「消してしまえッ!」って、やってた自分が懐かしいです(笑)

2020/11/08 (Sun) 16:33 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To ゲストさん

こんにちは、ゲストさん!(おそらく、あの方ですねw)
ハート星雲は赤一辺倒だと思っていたのですが、ナローバンドをやるようになって、微妙な成分の分布を意識するようになってからは、「この辺は青い成分が多いはずだ」などと推測するようになりました^^
萌えポイント有り難うございます。
シャーク星雲は妖怪!?、なるほど、興味深いですね〜^^

2020/11/08 (Sun) 16:38 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To おりおんさん

こんにちは。
コメント有り難うございます。
おりおんさんの近くに掲載していただいて、光栄でありました^^
サメは撮ってから気付いたんですが、意外にも準メジャー対象だったんですね、。
こんな淡いのをよくも、、。天文界は○態の方が多いようです笑
ナローの手始めに、ハート星雲かバラ星雲。これ鉄板です( ̄▽ ̄)
できればゴーストが出にくい対象の方が後処理楽ですよね。
そういう意味でもハート星雲はオススメです♪

2020/11/08 (Sun) 16:41 | EDIT | REPLY |   
マルさん  

おお、シャーク星雲は天ガ12月号ですか。まずはおめでとうございます。
今年は飛翔の年でしたね。この1年で何回入選されたことやら。
来年は最多勝狙いで行きましょう。
今回はハートですね。
ハート星雲はブロードバンドもナローバンドもよし、引いて源氏パイにするもよし、近づいてお魚さんやMelotte15を撮るもよしで楽しい撮影対象ですね。私は今回の画像の中ではハイブリッド推しかな。


2020/11/08 (Sun) 17:01 | EDIT | REPLY |   
やまぎりK5  

こんにちは!

すごい作品が当たり前になってしまっているので、何と書き込みして良いやらいつも悩んだ末に、見てるだけになってしまっているのですが、今回は勇気を出して^^;
Melotte15の拡大撮影のディテールもすごいですが、RASA11の画像を拡大しても十分な解像度なんでびっくりです。
拡大撮影の画像と自分の20cmで撮影した画像を比べてみたら、小さい星の数が当たり前ですが、全然違います。。やっぱり大口径は良いですね。
これからも天文雑誌への入選の快進撃、期待しております!

2020/11/08 (Sun) 17:40 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To マルさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
シャーク星雲、なんとかシャ~っと滑り込めました^^
もう今年一年を振り返る時期に差し掛かっていますね。一年はホントに早い、。
フォトコンもそうですが、撮影機材も迷走を極めた一年でした。来年はもっと、、って、まだ2ヶ月ありますからね^^;
ハイブリッドの源氏パイ、実は処理に多くの時間をかけてしまいました。慣れないPIと慣れないマスク処理で往生しました。
PIをマスターすれば、表現の幅がもっと広がりそうで、楽しみです♪

2020/11/08 (Sun) 22:37 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To やまぎりK5さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
やまぎりさんのコメントをいただいて、ハート星雲の中心部分のクロップ画像を掲載してみました。
ちょっと拡大し過ぎですが、こういうフレーミングもいいですよね^^
やまぎりさんのツイン砲だと、ハート星雲の色んな部分をスピード切り撮り出来そうですね!
星の大きさに関してですが、これは口径よりもシーイングに左右される部分かもしれませんね^^;

2020/11/08 (Sun) 22:42 | EDIT | REPLY |   
UTO  

これまた見事ですね!
RASAの画像はS/Nが高くて透明感があって綺麗ですね!
ナロー絡めも青と赤の対比が綺麗です。
でも、やっぱり、C11の強拡大がガスのモクモク感があって迫力があります。
回折像が出てるのは、スパイダーマスク?でしょうか? 

294MMはどうですか?それこそRASAで40MPの威力を見てみたい気もします。IDAS DropInfilterアダプタに、NB仕込んでデュアルバンドナローの輝度信号撮ってもう一台でカラーとか・・
タカsiさんの機材と腕前だといろいろな選択肢が取れるのがいいなあ。

2020/11/09 (Mon) 23:24 | EDIT | REPLY |   
のんた  

シャーク星雲お見事です。
結構淡いので昨年イプ130D鏡筒だと3時間でも不足気味でした。ハイスピードRASA鏡筒ならではですね。

さて、メインのハート星雲。
ナローだけよりRGBを加えて自然な感じの写真が好みです。
中央部の青い部分の透明感が良いですね。

PIのStarAlignment良いですよね。別の光学系の写真も見事にマッチングしてくれるのは他にはないのでありがたいです。

2020/11/10 (Tue) 19:51 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To UTOさん

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
暫くRASAはお休みしていたのですが、ここ2カ月ほどはメイン機としてしっかり活躍しています^^
C11の強拡大ですか、。やはりUTOさんは目の付け所が〇態・・もとい、玄人好みですね!
筒がRASA11"と外径が共通なので、筒先にスパイダーマスクを仕込んだフードを共用しています。
スパイダー光条があると、ピントエラーが直ぐに分かって便利ですね。
294MMはビニングモードがデフォルトのようで、QHYの様に切り替えが出来ないので、1200万画素という比較的扱いやすいセンサーだと思います。
高感度には違いないので、長焦点の銀河撮影に向いているなぁとも感じています。
どちらかというと、1600MMのほうがナチュラルな画が出るような気もします、。

2020/11/10 (Tue) 22:45 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To のんたさん

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
シャーク星雲は黒く落ち込んでいる部分がとにかく荒れますよね、。
確かにRASAは早いです。あくまで私感ですが、イプ130の3倍くらい早い様な気がします。
あ、のんたさんは観測所なので、急いではいけませんよ。じっくり安定した光学系で露光してくださいね^^
ハート星雲、O3成分をすこし出してみると雰囲気が変わるのでおススメです。
令和のナロー作品は「隠し味」的な配合がトレンド?ですねw
異鏡筒同士での合成にはPIが手放せません。これは強力です!

2020/11/10 (Tue) 22:56 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^