FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

ウルトラの、、 M78

タカsi

タカsi

連日連夜、良く晴れています^^
11月は今までの悪天候が嘘のように、良く晴れましたね。
そろそろ月が大きくなってきて、11月の新月期を振り返ってみたところ、あまり撮影に時間を割くことができていませんでした。
というのも、リモート観測所の運営にあたり、いろいろテストすることが多く、トライ&エラーを繰り返しているとなかなか撮影も腰を据えてできません(^^;
腰を据えて、、というと、EQ8Rを据え付けた場所からは北極星が見えず、ドリフトアライメントで試行錯誤することになるのですが、初めてのドリフトアライメントに翻弄されてしまいました。。
ということで、観測所からの実質ファーストライトは、ウルトラM78星雲をε-130Dと新バージョンに生まれ変わったASI294MM の組み合わせで撮影することにしました。

2020/11/21 オリオン座 M78星雲
SQM 21.24 奈良県宇陀市 U.D.A観測所 びしょ濡れ
架台:EQ8R APTにて撮影
ガイド:GT-40 ASI120MM-mini PHD2ガイド
撮影鏡筒:ε-130D
撮影カメラ:ASI 294MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:astrodon TB gen2E
露光時間: gain120 300s L x24, R x6, G x7, B x6(総露光215分)
Sky Flat 15  Dark x15 Bias x100
ステライメージ8にてコンポジット FAPにて対数現像 PSCCにて強調処理

M78 LRGB

あまりにも有名なM78、なんでも全天一明るい反射星雲だとか。
M78の中心部分の輝度はとても高く、拡大すると数個の若い星が確認できますが、気を付けないと強調処理の段階で飛んでしまいます(^^;
また、暗黒帯の広がりも魅力的なのですが、ここが荒れやすいですね、。
正直露光不足でノイジーな画像ですが、なんとかウルトラっぽい?表現ができたと思います^^

さて、ASI294MM Proについて。
このカメラが発売されてから2ヵ月ちょっと経ちますが、発売当初から4.63μmの1170万画素フォーサーズセンサーとして、高感度を売りにした「よく写る」カメラとしてラインナップされていました。
このカメラのセンサー、理由は良く解らないのですが、2x2ビニングに固定された状態でリリースされており、本来?の1x1ビニングでの仕様も出来るはずだと、某cloudynights掲示板でささやかれていました。
3連休初日の11/20、Kiriさんから鼻息荒く「新ドライバーでてるよ!」と連絡を頂き、早速ASCOMドライバーを更新してみました。
すると、、あら不思議!
2.3μmの4680万画素機に生まれ変わったじゃあ~りませんかΣ(・□・;)
これにより、感度やダイナミックレンジは犠牲になっていると思われますが、何よりも高精細な画像を得られるようになったということは、とても嬉しいアップデートです♪
ただし、ファイルサイズは1枚あたり23MBから90MBになるので、ストレージをとても圧迫するようになるのは注意が必要です。
従来の1170万画素仕様も2x2ビニングで選べるわけですし、新しいカメラを購入したのと同じようで、なんだか得した気分です(笑)
そして、294MMや294MCの特徴であった、激しいアンプグローも、ずいぶん目立たなくなりました。
dark 294MM1 gain120 300s c30
アップデート前の4.63μm仕様のgain120 300s dark
dark 294MM1 1x1 gain120 300s c15
アップデート後の2.3μm仕様のgain120 300s dark
カウント値が異なるので厳密な比較ではありませんが、アンプグローの出方が緩くなったように感じます。
IMG_8901.jpg
ご機嫌になった新生294MMは、一番右端のε-130Dにて暫く使い込んでみようと思います^^
関連記事

Comments 24

There are no comments yet.
ひろたろう  

タカちゃんさん、こんばんは。
兎に角見事なウルトラの星ですね🌟
本当に美しいでございます!(◎_◎;)
奇妙に入り組んだ暗黒帯萌えますね!
バーナードループも鮮やかで素晴らしいです。
ご機嫌な新294MM Pro凄いアップデートでやりましたね!ラッキーですね🎉㊗️

2020/11/24 (Tue) 18:19 | EDIT | REPLY |   
いーぐる  

ファーストライトから、素晴らしい作品ですね。M78そのもの色合いの処理が綺麗!
リモートは軌道にのるまで、なにかと改良したいところがでてくるものですが、一緒に準備されている方もいるようだし、タカSiさん自身リモートに精通されているので直ぐに順調に立ち上がるのでしょうね。
ところで294MMの新しいドライバーのことは全くしりませんでした。これは嬉しい情報です。アンプグローも緩和されるかもというのも期待してしまいます。私はこのアンプグロー消すのが下手というか、最後はどうしてもPSでごまかせずるを得ません。どんな処理で消していますか?
ところでASCOMドライバーのバージョンはV6.5.1ですか?
私も試してみます。

2020/11/24 (Tue) 19:25 | EDIT | REPLY |   
みお  

スライディングルーフが小さいのか望遠鏡が全て馬鹿デカいのか…感覚おかしくなりそうな写真で(;'∀')
正直294MMは、1100万画素のフォーザース程度が約20万だぁ!?って思いましたが、4000万画素オーバーの極小ピッチでも遊べるならアリだなぁって思いました。えぇさすがに3年前のがモノクロになってこの値段はね…

M78は青と黒のコントラストが綺麗で狙いたいんですけどね。なんで光害地では狙えない反射星雲なんだろうか。神様は意地が悪いです。
暗黒帯ってバーナードループを横切ってたんだって初めて知りました。綺麗に撮影されたものを見ると新たな発見に気が付かされます。
ツインならもちろんμ君で撮影した超デカいババーンとアップのやつも撮影されてるんでしょ。早く見たいなーチラチラ

2020/11/24 (Tue) 19:26 | EDIT | REPLY |   
ベルスター  

M78 めちゃめちゃ綺麗ですね。
暗黒帯に透明感を感じて立体感が素晴らしい。
観測所でのこれからの作品期待してます( ^ω^ )

2020/11/24 (Tue) 20:16 | EDIT | REPLY |   
夕焼け熊五郎  

「タカsiさん」こんばんは。
オリオン座 M78星雲、何時もタカsiさんの画像だと迫力あって違う対象写ってっる様に感じます、暗黒帯が雪の中に墨汁こぼした様にはっきりと凄いです。

2020/11/24 (Tue) 20:23 | EDIT | REPLY |   
おりおん  

こんばんは(^^)
U.D.A観測所で撮影したU.M.A未確認動物のような形態のM78星雲。
先に出しておいてよかった~♪
思いのほか難易度の高い対象ですけど、ポイントをきっちり抑えて表現されてるのがさすがです。
でもほんと、難しいですよねM78。

294、MMもMCも欲しい。。。(笑)
銀河の季節も間近だし、BKP200もそろそろ出さないとね。
ちなみにBKP、天文台で来館者さんに惑星を見てもらってます。めちゃよく見えますよ♪

2020/11/24 (Tue) 21:00 | EDIT | REPLY |   
ともぞう  

お久しぶりです。
リモート観測所って、ぴんたんさんと同じじゃないですか!?
タカsiさんのところに久しぶりに来たら、天体写真は、ほぼ同じ時期にスタートだったはず。
なのに、今では、何億光年も先にタカsiさんはいるんですね。
社長のタカsiさん、どうやって撮影に行く時間を捻出しているのか?不思議です・・・。
リモートだと、今までよりも簡単撮影になるのでしょうか?

2020/11/24 (Tue) 23:11 | EDIT | REPLY |   
Orca  

こんにちは。
先日は、お疲れ様でした。
ドリフト法で極軸も合っているようで、何よりです。
M78の画像は、道路側のLED街灯の影響が、少なくてよかったですね。
しかし、あの街灯対策は、何とかしないといけませんね。
ASI 294MMのセンサーのスペックダウンは、何だったのでしょうね?
しかし、ソフトの更新で、本来の性能が、出るようになったのは
よかったですね。
ところで、ウルトラマンの故郷の設定は、本当は、M87でしたが、
台本の誤植で、M78になったのは、有名な話です。

2020/11/25 (Wed) 02:03 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
M78は何度か撮影していましたが、いつもダークな感じに仕上がる傾向があったので、今回は少し明るめをイメージしてみました^^
暗黒帯あり、明るくて青い反射星雲あり、赤い星雲あり、、まさに画像処理泣かせですね(^^;
294MMですが、あまりにも性格が変わったので、ちょっと戸惑うほどです(笑)
もう少し検証を進めてみます。

2020/11/25 (Wed) 10:08 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To いーぐるさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
M78星雲は微妙な色の変化の表現が難しかったです、。今朝見ると緑が浮いていたので、こっそり修正しておきました(^^;
リモート環境ですが、仕事柄、遠隔操作は慣れているので障壁はそんなに高くないかもしれません。
でも、、小トラブルは頻発します。致命傷じゃないトラブルシューティングも、また楽しみの一つですので^^
294のアンプグローは水平の一本が強烈ですよね、。
私の場合はSI8での処理ですが、ダークとフラットダークを適時当ててやると、ほぼ完ぺきに消えてくれます。
294MMのアップグレードは、ASCOMドライバー(Ver.6.5.1)のアップデートの前に、ASCOMプラットフォームを6.5に上げておく必要があるみたいですよ。
https://astronomy-imaging-camera.com/software-drivers

2020/11/25 (Wed) 11:09 | EDIT | REPLY |   
マルさん  

こんにちは。UDA天文台本稼働おめでとうございます。
前回のバラは天文台横でしたね(^^;
M78はダイナミックで圧倒されます。
そして本当に圧倒されたのはスライドルーフの中身!!
先日、ドリフトが大変だというようなことを書かれていましたが1台ならいざ知らず、これだけあると確かに大変ですね。
全てが稼働したらどんなことになるやら。楽しみです。

2020/11/25 (Wed) 14:23 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To みおさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
スライディングルーフは間違いなく馬鹿でかいですよ(笑)全幅5mなので、開いた状態だと全幅10mになります(^^;
294MMはまだまだ検証ができていませんが、このアップデートはかなり大きいです。
RASAとも相性が良くなったような気がします。APSCもいいのですが、フォーサーズだといろいろスリムですし^^
M78は光害地だと暗黒帯のディティールまでは厳しいかもしれませんね。。
ツインは同時撮影をする予定はないので、鏡筒同士のアライメントはとっていません。
でかいのババーンっと⁉、なかなかハードル高いんですよね~。。

2020/11/25 (Wed) 15:23 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To ベルスターさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
M78はいろんな色が四方八方から入り混じっているようで、うっかり被り処理してしまいそうで難しいですね^_^;
暗黒帯、ベルスターさんもお好きですか笑
来年は暗黒帯を中心に撮影しようかなぁ、なんちゃって^^
観測所は奈良東部ですので、何個か山を越えると同じ空になりますね!

2020/11/25 (Wed) 15:30 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To 夕焼け熊五郎さん

こんにちは。
毎度コメント有り難うございます。
雪の中に墨汁倒したよう、、、上手い表現ですね。
今度真似させていただきます(笑)
オリオン座はやたらと撮影対象が多いエリアですが、私の場合はメジャーなものから順番に食していきますよぉ〜^^

2020/11/25 (Wed) 15:34 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To おりおんさん

こんにちは。
毎度コメント有り難うございます。
ウダで見たウマという事で宜しいですね⁈M78星雲(笑)
実はM78は10月に撮影していたのですが、ちょっと訳ありで再処理リストに入ってまして、、。
で、2回目撮っちゃいました^^
青い反射星雲は相当輝度が高いので楽勝モードで撮影するのですが、あとから処理で辛くなるというのがこの星雲の落とし穴ですよね、。
荒れ放題の地雷原のような暗黒帯付近、いやぁ、、5時間くらい欲しいですよ(^^;
BKP君、惑星観望で活躍中ですか!
そう言えば、小センサーと組み合わせても良く写るんですよね〜^^

2020/11/25 (Wed) 15:50 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To ともぞうさん

こんにちは。
ご無沙汰しております。
リモート観測所は東の有名な方々の勢いに乗ったわけじゃないですが、いろいろ勉強させていもらってます^^
ぼちぼち天体写真もメジャー対象は一巡してきたように思います。。
自宅撮影やリモート撮影は、空いた時間で気軽に撮影できるというのが最大の利点だと思います。
時間がない時、撮影回数を増やすことができそうですね。
でも、一番の醍醐味は、撮影地に機材を持って遠征して、星のシャワーを浴びる、現地でいろんな方と交流する、、これが最高だと思っています^^

2020/11/25 (Wed) 16:01 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To Orcaさん

こんにちは。
コメント有り難うございます。
ガイドが安定しないと思ったら、極軸の問題ではどうやらなさそうでした。
教えていただいた通り、天頂付近と東の空でV字の様子を観察してみても、ほぼ一直線なので、大丈夫ですよね。
あとは同架プレートの剛性不足、コードテンション、鏡筒の重量バランス等が考えられるので、一つ一つ潰していこうと思います。
今回のM78は遮光環付きのフードが迷光を防いでくれたのかもしれません。
どちらにしても、街灯に遮光板を設置していただく等の対策が要りますね、。
294MMは2x2のハードウェアビニングが解除されて、1x1も使えるようになったという、良くわからない事情があるみたいです。
https://www.cloudynights.com/topic/726990-zwo-asi-294-mm-pro-first-impressions-and-test-images/page-23
こちらで沢山議論されていますが、。

2020/11/25 (Wed) 16:09 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To マルさん

こんにちは。
いつもコメント有り難うございます。
観測所はまだまだ制御を完全に行うのには時間がかかりそうですが、とりあえずリモート撮影はなんとか開始できました^^
78はもっと時間をかけるべきでしたね、、。ちょっと反省です。
スライディングルーフは4人の共同所有となっていまして、一番右端が私のスペースになっています。
条件の良い晴れた夜には、全員が一斉稼働することになるでしょうから、インターネットの上り帯域も大変圧迫するような気がしてなりません(^^;
あっち向いてホイした時に、お隣さんと衝突!なんて事故が起こらないように、慣れないうちは監視カメラで姿勢をチェクしながら恐る恐るリモート制御しています♪

2020/11/25 (Wed) 16:15 | EDIT | REPLY |   
ミッチー  

こんばんは!
M78は「全天一気持ち悪い天体」だと思っていて、そこが魅力♪
この一枚は気持ち悪さもありながら、ちらりと美しさも見せてきてますね。
「ノイジー」とご不満なところがあっても、この路線で大量撮影できたら新しいM78がうまれそうです!

そして、ASI294MM Proのアップデート。早速「生まれ変わって」撮影されるのもすごいですねー。1ファイル90MBですか…。なんか、パソコンが爆発しそうです。撮り終えて、画像データの最後までダウンロードしてくれるんだろうか…って心配になります。

2020/11/25 (Wed) 20:44 | EDIT | REPLY |   
Niwa  

はじめまして。M78ってこんなに鮮やかだったのですね!いつもブログを拝見して、記事を楽しみにしています。

先日、私も294MMのデビューをして、帰宅後にダークとフラットを撮影したところ、解像度が突然4倍になって頭を捻ってました。こんなアップデートがあったとは。確かに撮影後に私もダウンロードしてました。解決しました。ありがとうございます!!

2020/11/25 (Wed) 23:48 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To ミッチーさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
全天一気持ち悪い、、なるほど^^;
暗黒帯に繋がるグラデーションは気持ち悪いと言われれば、そうかもしれませんねw
撮影当日はシーイングが良くなかったので、安定した空で撮影すると、もっとシャキッと写るようになると思います^^
イプと組み合わせるなら、2.3μmモードで使った方が好結果になると感じました。
ファイルサイズが大きくなるので、撮像環境によっては転送エラーも起こるようです^^;
ストレージがいくつあっても足りなくなりますね~。。

2020/11/26 (Thu) 10:23 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To Niwaさん

こんにちは。初めまして。
コメントありがとうございます^^
294MMのアップデートは、メーカーサイトで特別なアナウンスが無いままリリースされていたので、戸惑うかもしれませんよね、。
Dark・Bios全て撮らないといけないので、面倒ですが、新しいカメラを増やしたような感覚になるという、嬉しいアップデートですね!
294MMの作例はこれから沢山出てきそうな予感です^^
今後ともよろしくお願いいたします。

2020/11/26 (Thu) 10:27 | EDIT | REPLY |   
YAMASHITA  

こんにちは、いつもいつも綺麗で物凄い写真に圧倒されております。
またドライバ情報ありがとうございます。

このASI 294MM-Proですが、冷却ONにしたときの振動はどの程度でしょうか?
手元のはファンが回るとわずかに振動しているのですが、望遠鏡と共振しているのか焦点距離2400mmでは星が線になってしまいます。
接眼部の止めネジを増やした程度では改善せず・・・
冷却仕様のCMOSは初めてなのでどんなものかよくわからないのですが、何か情報をいただければ幸いです。

2020/11/29 (Sun) 15:12 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To YAMASHITAさん

こんばんは。
コメント有難うございます。
ASIの冷却カメラの振動について、撮像に影響が出るといった経験がなく何ともお答えが出来ませんが、2800㎜のC11でも冷却カメラの振動で星像が伸びてしまったという事は無いと思います、。
接眼部の剛性が影響しているのでしょうか。
お役に立てなくてすみません、。

2020/11/29 (Sun) 21:19 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^