FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

今年の大星雲は、今年のうちに! M42

タカsi

タカsi

今月は月が太くなってきても良く晴れますね。
このところ、ドン曇りで星が全く見えない夜は、先週末の雨以外、ほとんど記憶にございません。。
と言うわけで、月明かりがある時間帯はナロー撮影、月没から明け方まではブロードバンド撮影、という2種類の撮影計画で、徐々にリモート撮影にも慣れていこうと思います。
リモート撮影で一番困るのが、通信や電力といったインフラが途切れてしまうことです。
今は鏡筒の姿勢がどう変化するのかを、赤外線LEDを照射した監視カメラで確認しながら、慎重に動かしていますが、通信が途切れてしまうと頼りにしていた姿勢チェックカメラの映像がなくなってしまい、急に不安になります、。改めて、「見える安心感」というのを再確認しました(^^;

さて、タイトルの通り、今年も残すところ1ヶ月ほどになってきました。
一年の振り返りをやったのが、つい最近のように感じられ、、時が経つのは早いですねぇ〜。。
今年の仕事は今年のうちに。今年の大星雲は今年のうちに!
M42 LRGB
M42ですね^^
毎年撮り続けると、徐々に変化していくのが楽しいよ♪なんて、先輩に言われた記憶があるような、無いような?
毎年記録していくと、その年々の機材構成であったり、画像処理のトレンドであったりで、M42の表現が変わってくるのが興味深いです。逆に以前の処理を再現しろと言われても、、多分できません^^;
皆さんもきっとそうですよね⁈

2020/11/24 オリオン座 M42
SQM 21.24 奈良県宇陀市 U.D.A観測所 びしょ濡れ
架台:EQ8R APTにて撮影
ガイド:GT-40 ASI120MM-mini PHD2ガイド
撮影鏡筒:μ-250CRS RDx0.73
撮影カメラ:ASI 6200MM PRO (冷却-10℃)
フィルター:astrodon TB gen2E
露光時間: gain100 300s L x11, R x4, G x4, B x4, 3s L x8(総露光115分)
Sky Flat 15  Dark x15 Bias x100
SI8にてコンポジット FAPにて対数現像/飽和復元合成 PI・PSCCにて強調処理

M42 LRGB

この日に入力したAPTの撮影スケジュールは、
Lx12→Rx4→Gx4→Bx4→Rx4→Gx4→Bx4→Lx12
という、途中で曇られてもある程度結果が残せるような4時間撮影セットでした。
ところが、、撮影結果を確認すると、画像ファイルのフィルターのヘッダー情報が何かおかしい、。
126308334_10217479258079781_4716910640851011052_o.jpg
後半の画像ファイルは、全てこのフィルターホイールの状態で止まってしまって、ゴミ画像を量産していました。。
原因はEFWの故障ではなく、思い当たるフシがあります。
カメラに接続しているEFWは7枚挿しの50mm丸型フィルターが適合するのですが、ナローバンドフィルターに関しては、他のフィルタードロワー等にも流用したかったので、2インチの枠付きフィルターを購入していました。
chromaのフィルター枠は相当分厚く、この枠が悪さをしていて、EFWと干渉してしまい、回転ができなくなってしまったということでした。バーダーの枠付き2インチフィルターは問題無かったのですが。。
でも、まあ、M42は超絶に明るい星雲なので、輝度が高い部分に対しては十分な露光時間が確保できたようです^^
明るくて写りの良い大星雲は、暗くて良くわからない暗黒帯と違って、ハッピーな気分にさせてくれます(笑)
年越しに、是非M42大星雲、いかがでしょう♪
関連記事

Comments 16

There are no comments yet.
マルさん  

鮮やかなオリオン大星雲ですね。
飽和復元が効いてトラぺジウムもはっきりと見えます。
M42は年内に・・・私、まだ撮っていません(´;ω;`)
今調整中のGS200RCが間に合えば撮ってみようかなと。
リモート撮影ですが、確かに通信が止まるとバンザイですね。
いろいろなケースを考えるてフェイルセーフなシステムを組むのでしょうが、あまりにFail Safeだとしょっちゅう撮影が止まってしまったり、難しいですね。

2020/11/26 (Thu) 23:20 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To マルさん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
マルさんのGS200RCによるM42、楽しみにしております^^
明るくて大きな対象は、いつ撮影しても気持ちいいものですね。
リモート、、遠征の現場でも色んな調整・トラブル対応に忙しいのに、完全に手放しでコントロールできるようになるには、越えなくてはいけない壁が多くあるように思います(^^;
まずはフェイルセーフな運用で、ぼちぼちやっていこうと思います♪

2020/11/27 (Fri) 09:43 | EDIT | REPLY |   
いーぐる  

おはようございます。鮮やかで、かつ階調の割り振りが素晴らしいオリオンですね!素晴らしい。
この超メジャーな対象は、逆に処理が難しいので、何回撮影しても違った面白さを感じますね。
私もそろそろ撮りたいなぁ。
私は自宅の2階から3階の赤道儀をリモートしているのですが、いまだにトラブルで階段を急いで駆け上がって修正なんてことがあります。完全リモートで運用している方々を見ると本当にどうやって運用しているのかじっくり話をいろいろ伺いたくなります。

2020/11/27 (Fri) 10:18 | EDIT | REPLY |   
ひろたろう  

タカsiさん、こんにちは。
ダイナミックで素晴らしいオリオン大星雲ですね!(◎_◎;)
リモート観測所での通信系の断絶はどうしょうも無くとても心配ですね(T ^ T)
私のような小心者には絶対真似は出来ませんね(^ν^)
フィルターホィールでのフィルター枠の厚みによる不具合は残念でしたね!
でもこれ一回で改善出来れば良し!
一度は通らなくては行けないですね。
次回からの安定した撮影が出来るように祈念しております。

2020/11/28 (Sat) 12:53 | EDIT | REPLY |   
OOKEN  
久しぶりのぼちぼち流

久しぶりのぼちぼち流⁉️
独創的?独走的?でとても素敵です。
素晴らしいです。大好きです🤗

2020/11/28 (Sat) 22:36 | EDIT | REPLY |   
たっくん  

階調が素晴らしいですね。
M42は簡単に写ってくれるけど、処理は難しくて毎年変わります。
私も今年のM42を撮影しないと。
リモート天文台は、自宅からどのくらい離れているんですか?何かあったら心配ですけど、それもまた楽しみなんでしょうね。

2020/11/29 (Sun) 15:31 | EDIT | REPLY |   
787b  

こんな画像が可能だとは信じられません。
天体撮影未経験者みたいに「NASAの画像?」って言葉が出ました。

2020/11/30 (Mon) 09:20 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To いーぐるさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
超メジャー級の星雲、流石に明るくて写りがいいですよね^^
家族に見せても反応がいいので、毎年撮ろうと思います(笑)
私は自宅の場合、すぐ手の届く範囲で対応が可能なので、意外とズボラなセッティングをしていたように思います(^^;
ケーブル類のワイヤリング等は特に無頓着でしたが、リモートになると一変して神経質になりました。。
どんな体勢にしても絶対にテンションがかからないように、色々試行錯誤しています^^
完全リモート体制、なかなか道のりは遠いです~。

2020/11/30 (Mon) 10:15 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To ひろたろうさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
離れた場所にあると、トラブった際に状況が目で見えるかどうかで安心感が全然違います(^^;
遠隔映像はネットワークカメラを使用してるのですが、ネット環境がダウンするとお手上げです。。
フィルターホイールも、近くにいれば簡単に引っ掛かりを解除できるような些細なトラブルなのですが、とても歯がゆい思いをしました。
でも、まぁ、こういったトラブルシューティングも楽しみの一つとして、ぼちぼちやっていきます^^

2020/11/30 (Mon) 10:26 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To OOKENさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
今回もぼちぼち流?で仕上げてみました。
M42はガスの流れがとてもはっきりしているので、どんな塩梅でディティールを出すのか、迷ってしまいます。
ナチュラル版~エンボス調の絵画風までいろんなバリエーションを作ってみて、最終的にこんな感じに落ち着きました^^
オリオン大星雲は色んな表現が出来るので、飽きないですね~♪

2020/11/30 (Mon) 10:42 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To たっくんさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
そうです、令和二式のM42を撮ってくださいね!
今年の画像処理のトレンドが反映された作品になると思います。
私の場合は、彩度高めがトレンドでした(^^;
リモート観測所は、自宅から100㎞弱、高速道路を使って90分程度の立地になります。
暗さと利便性のバランスが難しいところですね、。

2020/11/30 (Mon) 10:46 | EDIT | REPLY |   
タカsi  
To 787bさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
明るくて大きな星雲、他に類を見ないですが、写真写りいいですよね(笑)
NASAの画像??NASAも撮っている画像⁈の間違いではないでしょうか(^^;
来月は周参見でお会いしましょう!

2020/11/30 (Mon) 10:50 | EDIT | REPLY |   
UTO  

今年の大星雲は今年のうちに!名言ですねぇ~
フィルタホィール、厚みがあるのはやっぱり引っかかるんですね、、
アメリカンサイズのAstrodonもEWFで引っかかって上手くいかなかった憶えがあります、、(ただ、カメラ取り付けの2インチスリーブもひょっとしたらフィルタホィール内部に少し出ていて、それで引っかかったのかも知れないので、再試してみないといけませんが・・たぶんダメなんだろうなあ、、

2020/11/30 (Mon) 21:56 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To UTOさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
オリオン大星雲は毎年撮影するでしょうから、できるだけコンディションの良い時に撮影したいですよね。
どなたかが仰っておられてたのですが、9月の薄明前に撮るM42が気流の関係でしょうか、良く写るみたいですね^^
EFWでの引っ掛かり、これが2回目なんです、。chromaナローを2インチの枠付きにしたことを後悔しているのですが、カニ目レンチで頑張ってみてもびくともしない、。
chroma本社に送ると、緩める作業は無料でやってくれるとのことですが、いつ帰ってくるかわからないので躊躇しています。
ナローのオフシーズンにアメリカ本社に送付してみようかと思案中です(^^;

2020/12/02 (Wed) 09:26 | EDIT | REPLY |   
のんた  

タカsiさん、おはようございます。
目の覚めるようなオリオン大星雲大写し。宇宙船で近くまで行ったような見栄えで素晴らしいです。
幾ら大きく写っても解像していなければ意味ないですが、これは見事ですね。

クロマの2インチフィルター枠付きは厚いんですね。途中で止まっちゃうなんて。リセールを考えなければヤスリで削りますが....
(自分のOptolongのHαフィルター枠付きが厚くて冷却6DのフィルターBOXに入らずペーパーヤスリで削りました(笑))

2020/12/03 (Thu) 07:06 | EDIT | REPLY |   
タカsi
タカsi  
To のんたさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
よく解像してますか??う~ん、それは恐らくカメラの性能かと(笑)
冗談はさておき、FAPの対数現像と飽和復元合成で出来上がった下地、今回はFAPに頼り切ってます。
ちょっと色彩がキツメですが、これはアストロドンの色ノリの良さもあるかと思います。
クロマフィルター枠、あれはいけません。。
どうにかカニ目レンチで回そうとするのですが、破損させたら暫くナローマン引退になるので、頃合いを見て工場送りにすることにしました(;'∀')

2020/12/03 (Thu) 11:53 | EDIT | REPLY |   

コメントを残してくださいね^^