FC2ブログ

天体写真初級編へようこそ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
↑天体写真のランキングに参加しています。他の素晴らしい天体写真ブログをご覧ください!

ステライメージ8によるコンポジット

タカsi

タカsi

昨夜は真ん丸な月が綺麗でしたね。
という事で、新月期に撮影した画像処理を連日のようにやっています^^;
ステライメージに憑りつかれてますね。。
なかなか新しい技術が習得できずに悶々しています。

今回は、ステライメージ8のコンポジットパネル(自動処理)について。
コンポジット作業に関しては、随分分かるようになってきたのですが、ガイドズレの判定のしきい値に疑問がありました。
例えば、しきい値を1.3にした場合と1.2にした場合では、コンポジット後の画像を比べても違いが判りません。
また、自動で除外された画像を比較画面に載せると、ガイドエラーになっていない場合も多いことに気づきました。
前回ガイドエラーで弾かれたショットを全て拾ってコンポジットしたのが、下の画像です。

2018/10/7 大塔ヘリポートにて
EM-200 ステラショット ディザリングガイド
BKP200 F4 コマコレクター
EOS Kiss X5 改 
ISO3200 120秒x39枚
ソフトビニング フラット処理
ステライメージ8にてコンポジット PSにて強調処理 トリミング(回転)あり
マスクをマスターしたい、、。



前回はガイドエラーとして除外された結果、24枚でのコンポジットでしたが、今回15枚を救出して39枚での元画になりましたが、画像処理を進めていくと、全く情報量が違いました。
覚えたばかりの、ちょっとした小手先の画像処理が入っていますが、炙り出たモクモクも前回はあまり見られませんでした。

ということは、明らかなガイドエラー以外は出来るだけコンポジットに使用したほうが、良質な元画を生成できるということでいいんでしょうか。
しきい値やコンポジットの組み合わせを何パターンか変えて、検証してみようと思います。


 コメント(2)


個人的には、星は点像以外はハジいてます。
意外と強調していくと悪いデータも顔を出して来るように思います。
でも、処理の仕方とか対象によっては枚数多いほうがいいかもなので、様子見ながらしてます。
2018/10/26(金) 午前 9:32 [ 787b ] 返信する

> 787bさん
限られた撮影時間での貴重なショットなので、SN比を上げるためにできる限り使用したいですよね~
ステラの自動処理はたまに厳しいはじき方をする時があります。星は点像なのに。。
どんな処理をしているのか、よくわかりません。 
2018/10/26(金) 午前 10:55 [ タカsi ] 返信する
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを残してくださいね^^